~早漏克服に効果大!?~スクイーズ法のやり方を学ぼう!

早漏というのは、男性にとっては由々しき問題です。

女性が満足していないのに、自分だけ満足してしまいますと、自分勝手な人なんて偏見を持たれてしまい、不仲の原因になってしまうかもしれません。

 

場合によっては、早漏を馬鹿にされるのが怖くて異性やセックスから距離をとってしまったり、精神的な原因のEDになってしまったりすることもあります。

ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s

 

早漏改善方法は様々ですが、その中で海外の研究機関にて、早漏改善に高い効果があったと報告された「スクイーズ法」をご紹介します。

 

【スクイーズ法】

スクイーズ法は、1970年にアメリカの性科学者マスターズ&ジョンソン夫妻によって提唱されたものです。

businessman-607780_960_720勘違いされがちですが、スクイーズ法はペニスを鍛えるトレーニングというよりは、自律神経を鍛える脳内型トレーニングです。

 

 

射精時間は脳が決めているという仮説があります。

 

そして、スクイーズ法は、脳の誤作動を治していき、射精までの時間を延ばしていくのです。

epilepsy-623346_960_720

 

スクイーズ法に似た早漏改善の方法として、セマンズ法(スタート・ストップ法)がありますが、こちらは現在のところ早漏改善効果はないとされています。

 

【スクイーズ法のやり方は?】

本来のスクイーズ法ですが、膣へペニスを挿入した直前と直後に射精感が高まるものという考えから、膣へペニスを挿入後、速やかにペニスを膣から抜きパートナーが亀頭を指により数秒間圧迫します。

 

female-37446_960_720射精感がおさまったら再び挿入して亀頭を圧迫、これを繰り返します。

 

そして、最終的には射精をさせます。

 

warning-146916_960_720射精をさせずにスクイーズ法を終了してしまうと、逆行性射精という病気になる可能性があります。

 

余談ですが、ジョンソン夫妻は射精のコントロールを容易にする体位として側仰位が良いと提唱しています。

 

現在は、ペニスを膣の中へ挿入する以外の方法として、パートナーの手やオーラルセックスにて射精感を高めてもらい、射精寸前になったらパートナーに亀頭を圧迫してもらうという方法が一般的となっています。

 

【パートナーがいない場合】

パートナーがいない場合は、手やオナホールなどでオナニーをします。

man-597178_960_720

 

手よりもオナホールの方がより女性の膣内に感触が近いので、効果の方は高くなります。

そして、射精しそうになったらカリの付け根を指で押さえつけて射精しないようにします。

これを1度のオナニーで10回程度行い射精をします。

 

egqgq

 

ただ、1人でする場合は自分でカリを抑えなければなりません。

その刺激が原因で射精してしまうこともありますので、1人でのスクイーズ法は難易度が高いといえます。

 

【スクイーズ法のデメリット】

スクイーズ法は1人でおこなうこともできますが、快感に流されずに射精を我慢するというのは、非常に難しいものです。

自分でする場合、射精の我慢に失敗してしまう方が多くなります。

bomb-15795_960_720

また、実際の女性を前にしたときに練習どおりに射精感を我慢できない可能性が高くなります。

また、風俗などを利用してこのスクイーズ法を実践しようとすれば、それなりの費用がかかります。

効果があるといっても、スクイーズ法の治療期間は、一般的に3カ月から5カ月程度かかるといわれています。

即効性がありませんので、もしパートナーの女性の協力を得たとしても、長期間のスクイーズ法に付き合ってくれない可能性も捨てきれません。

bored-16811_960_720

hrawhw何より、射精を寸止めするので逆行性射精という射精障害になる可能性があります。

これは精子が尿道に逆流するもので、射精感はあるのに精子が出なくなってしまい、不妊症になることもあるのです。

 

【スクイーズ法では早漏は治らない?】

スクイーズ法ですが、射精をするまでの時間を長くすることはできますが、脳内の射精をつかさどる部分を思うままにコントロールするというのは、難しくなります。

entrepreneur-1324973_960_720

 

人間の三大欲求に関係がある部分ですから、その部分を書き換えることは容易ではありません。

 

drop-158968_960_720射精をする快感を知っている以上、それを我慢するというのはストレスとなります。

 

 

また、自分1人でおこなうより、パートナーと一緒におこなう方を推奨しているのですが、毎日早漏改善のためにパートナーが献身的にスクイーズ法に付き合ってくれるのか、疑問が残るのも事実です。

woman-1209072_960_720

 

【まとめ】

スクイーズ法は毎日行わないと早漏が改善できません。

改善効果が高いといわれていますが、すぐに早漏が改善されるわけではありません。

1人でするよりも、パートナーに手伝ってもらった方が改善効果はあるといわれています。

 

しかし、現在は、サプリメントや薬などで簡単に早漏を改善させることが出来ます。

pills-951505_960_720

 

スクイーズ法に固執することなく、楽しんでセックスが出来る方法を模索した方がいいのかもしれません。

 

ページトップへ