早漏を治したい!改善・克服~射精コントロールの方法を知ろう

早漏というのは、男性としては非常に恥ずかしいものです。

なんといいますか、強い敗北感のようなものを覚えます。

自分のペニスで女性をオーガズムへ達せさせる予定が、挿入後、一分もたたずに射精してしまうと「情けない……」となってしまいます。

 

その上で、「早い……」なんて場の空気を読まない女性に言われてしまったら、、セックスなんて嫌いになってしまいます!

jwejhwjh

 

酷い早漏では、やはりセックスを楽しむことができませんので、セックスとは距離を置いてしまい、たまにムラムラしてセックスをしても、強烈な敗北感によって再びセックスから距離をとる、なんて生活サイクルに陥ってしまうかもしれません。

 

今回、この記事をご覧いただいているということは、早漏を治したいと考えていらっしゃいますね?

 

ご安心ください、早漏は努力によって治るものです!

早漏の対策をしっかりおこなえば、早漏はしっかりと治ります。

 

早漏を治した男性

 

【早漏の2つの原因】

早漏の定義は様々ですが、パートナーをオーガズムへ達せさせる前に射精してしまう状態であるとされています。

また、膣へ挿入後に自分の意志で射精を遅らせることができないというのも早漏です。

sexy-1188532_960_720

 

businessman-607780_960_720ただ、パートナーを満足させることができれば問題はないようです。あるアンケートでは、女性は挿入されてから16分程度は膣内で頑張って欲しいとのことです。

 

さて、早漏は精神的な原因のものと肉体的な原因の2種類があります。

精神的な原因としては、セックスにおける過去の失敗体験、極度の緊張などがあります。

この場合は直接的な改善方法はカウンセリングや経験を重ねていくしかありません。

セックスの回数を積むことで精神的な余裕がでてきますので、早漏が改善するということがあります。

 

そのためこの記事では、前半で肉体的な原因からくる早漏の改善方法、後半部で心因的な原因で起きる早漏の改善方法について解説していきますので参考にしてみてください。

ちなみに心因的な原因は、自信さえつけてしまえばあっという間に改善しますので、ぜひとも参考にしてください。

 

心因的な原因での早漏は、包茎である場合もこうした症状が起こりやすくなります。(※この理由については後述します)

 

これらを踏まえて、肉体要因と心因的な要因それぞれの早漏の具体的な治し方の数々を解説して行きます。

 

 

早漏の症状は本人に不満が残ることはもちろんですが、パートナーである女性にも満足を与えることができませんので、パートナーとの仲にも影響が出てしまうことがあります

 

 

いずれにしても焦りすぎは禁物ですので、自分に合った方法で実践しやすい方法から気軽に行ってみましょう!

 

早漏改善方法【肉体的な原因編】

 

【PC筋を鍛える筋トレ(チントレ)】

PC筋(Pubo Coccygeus muscle)というのは、恥骨尾骨筋というペニスとお尻周辺の筋肉のことで、排泄に関係のある筋肉です。

23977557_s

 

また、PC筋を鍛えることで射精をコントロールするBC筋という筋肉を鍛えることもできます。

このPC筋とBC筋を鍛えることで、早漏を改善させることができるほかに、勃起力をアップさせることもできます。勃起の持続時間がアップ、勃起時の硬さがアップするなど、PC筋は男性にとっては欠かすことができない筋肉です。

 

PC筋を意識するためには、例えば排尿の途中で意識的に排尿を止める場合、肛門を閉めると思いますが、その際に使う筋肉がPC筋です。

おしっこを我慢しているときに無意識に使う筋肉もPC筋になります。

 

デスクワークが多い男性の場合、いつも座っていますので、PC筋の筋肉量は立ち仕事をしている男性よりも低下傾向があります。

そのため、PC筋トレーニングをするなどして対策をとらないと、早漏改善も難しく勃起力低下など、何かとよろしくないことばかりが起きます。

 

早漏の原因の1つに射精感のコントロールが出来ないというのがあります。

 

hrhrwPC筋を鍛えることで、射精感をコントロールすることが出来るようになります。

また、PC筋というのはペニスへ流れる血液量を調節するのにも使用される筋肉なので、鍛えることで勃起力がアップします。

 

男性としては鍛えておいて損はありません。

 

では、PC筋を鍛える方法ですが、これはとても簡単です。

・肛門をゆっくり10秒間かけて締めていく

・肛門を締めた状態を10秒間維持する

・肛門を5秒間かけて緩めていく

・5秒間インターバルを置いて、また肛門をゆっくりと締めていく

肛門でPC筋トレーニング

 

これを10回1セットとして朝、昼、夕、就寝前に1セット、1日合計40回おこなうというものです。

「何、こんなやり方でPC筋を鍛えることができるの?」と疑問に思うかもしれませんが、病院などでも実践されている方法です。

医者でPC筋トレーニング

 

椅子に座りながら、立ちながら、寝転がりながら、様々な姿勢でPC筋を鍛えることができますので、これはお勧めの方法です。

 

ただし、別の筋肉の筋トレと同じように、オーバーワークをしてしまいますと、筋肉が疲労してしまいます。

 

いつも同じペースで続けるということが重要なのです。

多くやったからといって、効果がアップするわけでもありません。いつも続けるということが重要です。

 

【スクイーズ法】

早漏を防止する方法として、トレーニングで改善していく方法もあります。

トレーニングにも様々な方法がありますが、中でも有名な方法にスクイーズ法があります。海外の研究機関の調査では、これから紹介するスクイーズ法は95%の早漏改善効果があるとされています。

 

これは射精直前まで性器を刺激しておき、射精が起きそうになったら、亀頭部分を押さえつけて射精を防ぐというものです。

 

射精というのは、射精中枢が起こす脊髄反射です。つまり、射精中枢から命令が発令された場合、脊髄反射ですから脳でストップ命令を出しても、その命令を止めることができず、結果、射精を止めることはできません。

しかし、射精中枢というのは、快感を蓄積して限界値まで快感が溜まったら、射精命令を発令するという特性を持っています。

つまり、スクイーズ法で肝心なのは、快感を蓄積させていき射精命令が出るギリギリのところで刺激を止めて、クールダウンし蓄積された命令をリセットする点にあります。

 

こうしたトレーニングを何度も繰り返すことで、どこに自分の限界があるのかを知ることで、快感に負けて射精中枢に射精反射を起こさせないようにして、射精をコントロールができるようになります。

 

基本的にはパートナーがいる場合に有効な早漏改善の方法です。

スクイーズ法

 

スクイーズ法の手順ですが、全部で4つの段階を経て進めていきます。

 

1.手などでペニスを刺激する
2.射精しそうだなと思ったら、ペニスへの刺激を止める
3.しばらく我慢をして射精感のピークが過ぎたら、亀頭を手で圧迫しペニスを萎えさせる
4.これを3回繰り返し、4回目で射精をする

 

慣れてきたら、手での刺激にくわえ騎乗位で女性に挿入をしてペニスを膣圧のみで刺激をするという方法があります。そして、射精しそうになったら早めにペニスを抜き、亀頭を圧迫してペニスを萎えさせておきましょう。

 

 

スクイーズ法でトレーニングをしたら、最後には必ず射精をしてください。

射精を我慢したまま、射精をせずに終わりにした場合、尿道に必要以上に負荷がかかります。結果として尿道の粘膜を傷つけてしまう可能性があります。

 

この作業を繰り返すことで射精をある程度コントロールするというのが狙いです。

 

パートナーの協力が必要不可欠です。1人でもスクイーズ法は実践することは可能ですが、意外と難しいのです。

 

自身でペニスを圧迫した場合、それ自体も快感の一要素になりえますので、圧迫したとたんに射精なんてこともあります。

注意点として、射精をしそうになったときに無理やりペニスを圧迫するのは危険です。前述したとおり、一度射精反射が起こってしまうと、ペニスを無理やり圧迫しても、射精はとまりません。

 

物理的に尿道を圧迫した場合、射精した精液が膀胱へ逆流する恐れがあり、逆行性射精という射精障害になる危険性をはらんでいるということです。

 

また、早漏改善までに時間を要する点もあります。3ヶ月~5ヶ月間の期間が必要で、根気強く続ける必要があります。

 

また、スクイーズ法は、リラックスした状態でセックスに臨むことをひとつの目標としています。

過度な興奮というのは自律神経の交感神経を優位な状態にしてしまいます。勃起を維持するためには、自律神経でリラックスをしているときに優位になる副交感神経が優位になっているときです。

過度に興奮をして交感神経が優位になっていると、それだけ得られる興奮値が高くなりますので、射精をするまでの時間が短くなり、結果として射精を速めてしまうわけです。

 

これを改善するにもスクイーズ法は効果を発揮します。

 

 

 

【セックス時に体位を工夫する】

セックス時に男性が好む体位の1つに正常位と騎乗位があります。

ただ、正常位というのはもっとも射精しやすい体位であり、騎乗位は女性に主導権を握られてしまうので、こちらも射精しやすい体位といえます。

体位を工夫することで、射精感を抑えることができるので射精までの時間を長くすることができます。

 

対面上体立位

もっとも有名な体位は「対面上体立位」というものです。

これは、正常位に似ている体位なのですが、正常位の状態から男性が立ち膝となり、まっすぐ垂直に上体を起こします。

これにより、ペニスの膣への深い挿入が妨げられ、刺激を軽減する事が可能になります。

 

抱え騎乗位

次に、「抱え騎乗位」というのもあります。

こちらは騎乗位なのですが女性に前かがみになってもらい、抱きしめる形になる体位です。

密着度が高く、男性としても寝転がった状態の体位になりますので、リラックスしてセックスが出来ます。

22062010 - close-up of couple having sex isolated on colored background

 

基本的には上記の2つを知っていれば、普通の体位をしている風を装い、セックスを楽しむことが出来ます。

 

対面座位

 

「対面座位」も、射精しにくい体位です。

これは男性が胡坐をかき、女性は男性にしがみつきながら挿入するというものです。

 

対面座位

 

非常に密着度の高い体位ですが、座位に関してはペニスへの刺激が極端に少ない上に動きにくいので座位だけで射精するのは難しくなります。

時間をかけてセックスをするのであれば、この対面座位はお勧めです。

 

側位(背面側位)

 

さらに、「側位(背面側位)」という体位もあります。

これは女性が横に寝そべって、その後ろから男性が添い寝をしながら挿入するというものです。

 

側位(背面側位)

 

この体位に関しては、ペニスを膣の奥へ挿入することができないので男性として刺激がものたりないのですが、女性にしてはGスポットを刺激されやすい体位なので女性にとっては嬉しい体位です。

 

【オナニーでチントレ】

前述しましたが、射精は「ペニスへの物理的刺激」「射精中枢」の2つが密接に関係しています。

そして、早漏の人の場合のオナニーは短距離走的なオナニーをする傾向にあります。

 

つまり、短時間のうちに射精をするためのオナニーをするのです。

いつもそのようなオナニーをしている場合、少しの刺激で過度に性的興奮を覚えてしまいます。結果、セックス時に交感神経が優位になってしまい、早漏になります。

一気に興奮⇒射精するというものです。

 

このようなオナニーを続けていますと「射精中枢」をコントロールすることができなくなりますので、早漏に繋がります。

 

 

そこで、改善法として時間をかけたオナニーを提案します。

オナニーは隙間時間におこなうものが一般的ですが、あえて時間をかけてリラックスをしながらオナニーをおこなうのです。

例えば、アダルト動画を見る際には、導入部分から丁寧に見るというものです。

 

導入部分はインタビューや面白くないドラマ風になっていますが、その部分から見ていくことでゆっくりと興奮状態となる訓練をするのです。

 

また、過激なアダルト動画など視覚的に簡単に興奮するものを避けて、想像や官能小説など脳が興奮をしにくいオカズを利用してのオナニーもお勧めです。

 

さらに、オナニーにかける時間を長くすることも早漏改善には非常に効果があります。

 

つまり、隙間時間に効率よくオナニーをするのではなく、脳の興奮状態のコントロールをする訓練として半日を費やすくらいの質の高いオナニーをするというのも有効です。

 

ちなみに、皮オナニーなどをしていますと、亀頭が刺激に弱くなりますので、早漏の原因になります。

そのようなオナニーは改善していくことが重要です。

【薬でコントロールする】

どうしても改善が難しい場合は薬での治療も検討してみましょう。

早漏防止に役立つ医薬品も以下の様な内服タイプがあり、これなら女性に気づかれずに利用することができます。

⇒早漏専用の内服薬

 

飲み薬の場合はセロトニンの分泌を促進し、精神的なリラックスを得ることで射精の時間をコントロールしやすくするために、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬が処方されます。

 

SSRIは主にうつ病の患者に処方される薬ですが、早漏の改善にも処方されます。

 

SSRIは抗うつ薬の中では、もっとも副作用が少ない薬とされていますが、医薬品ですから副作用があります。

 

代表的な副作用としては下記のものがあります。

・便秘

・体重の増加

・頭痛

・感覚の鈍化

・動悸

・ED

・射精困難

・関節通

 

この中で問題になるのは、やはり射精困難とED(勃起不全)です。

実際、射精困難にならないとその辛さはわからないと思いますが、20分~30分、手こきや挿入してセックスをしていても一切射精をすることができないという症状です。

射精できずに悩む男女

 

 

実際のところは早漏よりも遅漏の方が女性には嫌われる傾向があります。

そのため、SSRIなどを処方され服用して自身に合わなかった場合は、すぐに別の薬へ切り替えましょう。もちろん、医師の指導監督のもとでおこなわないと危険なので注意をしましょう。

 

また、SSRIなどの薬を使用するとEDになる可能性があり、ED治療薬を使用している人が服用した場合、EDの原因が肉体的なものか、それとも薬が原因で起きているのかがわからなくなり、ED解決が困難になります。

 

早漏改善として処方される程度なら、依存症を気にする必要はないと思われますが、SSRIなどの抗うつ薬には依存性があります。慢性的に使用している場合、急に使用を止めた場合、離脱症状が起きる可能性があります。

 

そのため、処方された薬を利用する場合、用法と用量を必ず守りましょう。守らない場合、早漏改善の効果が強くなりすぎて、遅漏となってしまうでしょう。

 

飲むタイミングは性行為の1時間~3時間前に飲んでおくと良いでしょう。

 

飲み薬のほかには⇒亀頭に塗る塗り薬やスプレーなどもあり、これらは局所麻酔的な効果で刺激を抑えて射精までの時間をより伸ばしていきます。

 

【包茎の治療を行う】

包茎の症状がある場合は普段、亀頭に包皮が覆われていることもあり敏感になりやすく、性行為での刺激に耐えられず早く射精してしまうことがあります。

 

仮性包茎

 

性行為の経験を重ねることで自然にコントロールができるようになる場合もありますが、改善が難しいという場合は治療も検討してみましょう。

包茎の改善方法は手術で余計な包皮を取り除くことが一般的です。

 

手術とはいえ、短時間で終わることができ、入院の必要もなく、日帰りで終わることができることが一般的です。

治療後は自宅でのケアが中心となり、しばらくは性行為は控えることとなります。

 

ただし、専門のクリニックのデメリットとしては、費用が当然かかる点と、一般的な皮の切除方法では、近くで見られた場合、包茎治療をしたとすぐに分かってしまうといった点があげられます。

 

包茎の治療はクリニックだけではなく、器具を使ったりサプリで陰茎を徐々に大きくしたりといった複数の方法があり、それぞれメリットとデメリットがありますので、それらの正しい知識を学び、個々の状況に最適の方法を選択するのが良いでしょう。

 

早漏改善方法【心因的な要因編】

早漏の原因として、心因的な要因は非常に厄介です。しかし、それを取り除くと簡単に早漏が治ることがあります。

 

心因的な要因を突き詰めていけば「自分に自信を持てない」というものです。自分に自信がない結果、心に余裕がなくなってしまい早漏になるというのは実は珍しいことではありません。

 

もしあなたがセックスに対して自信を失っている場合、もしくは心無いことを言われてしまった事が原因で早漏に陥っている場合、喪失した自信を回復させることが何よりも重要です。

 

自信がない場合、セックス時に余裕がなくなり、自律神経の交感神経が優位な状態になりやすくなります。

セックスに対する自信がなければセックスはストレスとなり、いつも交感神経が優位な状態になり、いつまでも早漏は治りません。この自律神経の優位の状態を治すために、SSRIなどの薬を服用するわけです。

 

しかし、前述したとおり、SSRIなどの薬には大きな副作用があります。

仮にSSRIなどを利用して早漏が回復したとしても、セックスのたびにSSRIなどを飲み続けなければならず、結果としてEDなどに発展するケースがあります。また、副作用により遅漏や射精困難になる可能性も十分にあります。

 

射精困難ほどつらいものはありません。

 

つまり、根本的な心因的要因の解決にならないうえ、身体に余計な負担をかけてしまうわけです。

 

そんなあなたに推奨したいのが、ペニス増大・精力増強効果のある専用サプリです。

 

[ペニス増大・精力系サプリの利用で自信回復]

ペニス増大・精力増強サプリとは、精力アップ・ペニスサイズアップ効果が期待できるサプリです。

ペニス増大&精力増強サプリ

成分に医薬品は使用されていませんので、身体にかける負担は極めて少ないのが特徴であります。

 

たとえば、短小で包茎が原因で自信がなかった男性の場合、増大サプリを服用することでペニスサイズがアップすれば、手術を必要とせずに亀頭が露出し刺激に強くなります。

 

また、精力増強サプリを服用することで、ペニスに流れこむ血液量が増加します。その結果として勃起力がアップしますが、ペニスは硬くなればなるほど、性感覚が鈍くなるという特徴があります。つまり、精力増強サプリを服用することによりペニスの勃起力がアップすると、ペニスは刺激にも強くなります。

 

そうすることで、ペニスやセックスに対して自信を回復させることができるでしょう。

自信が回復すれば、セックスはストレスのたまるものではなく楽しいものに代わりますので、セックス中に自律神経の副交感神経が優位になり、余裕のあるセックスを楽しむことができるようになります。

 

結果、心因的な要因の早漏の回復がより確実なものとなるでしょう。

ペニスの太い男性

 

医薬品を使用して神経系をマヒさせて早漏を回復させるより、安全で確実に早漏を回復させることができるでしょう。

 

⇒人気のペニス増大サプリ解析調査ランキング

 

早漏を治す方法【まとめ】

notepad-117597_960_720早漏に関しては早漏防止のグッズが多く販売されていますので、それらを使用することで、早漏を改善させることも可能です。

 

ただ、今回紹介したオナニー改善法を実践することで、道具に頼らずに自信を持ってセックスに挑むことが出来ます。

 

自信があれば、セックスに対しての余裕もできますので、精神的な原因からの早漏だとしても、ある程度は改善させることが可能になります☆

 

 

早漏とは、外部刺激に慣れていない肉体的な原因と、精神的な面が原因の場合との2つに大別されます。

 

ですが

「セックスに慣れていなかった時は早漏気味だった男性が、慣れて来ると早漏では無くなった」

 

~という話を良く耳にしますので、こうした早漏で悩む男性の様々な声を聞いた限りでは、早漏の主な原因は「精神的な面」がより強い可能性が高い~という事が言えます。

 

包茎だけでなく、自分のペニスサイズに自信が無い男性も、そのままセックス自体に対しての自信喪失にも繋がってしまうため、早漏になりがちです。

 

仮性包茎程度なら、増大サプリなどの服用で、陰茎を徐々に伸長させて治ってしまうケースも多々あります。

 

また、増大サプリはペニス大量の血液を流し込む効果があり、勃起力がアップします。硬さがアップすることで、ペニスの感度が下がる効果があります。

医薬品指定の早漏改善薬は様々な副作用がありますが、これらのサプリは副作用が一切無いというのが特徴・強みです。

身体に負担を掛けることなく気軽に試せるのも大きなメリットです。

これを買わなくても日常生活にマイナスはありませんが、早漏の主要因を排除しセックスに自信が持てる様になるので、あなたが早漏で悩んでいるなら、試す価値は十分あるでしょう。

早漏を治した男性

 

ペニスのコンプレックスからセックスに自信が持てない方は、まずは気軽に試せるペニス増大サプリで、短小や包茎の改善から試してみるのがいいでしょう。

 

⇒人気のペニス増大サプリ解析調査ランキングはこちら!

 

 

※合わせて読むと効果倍増する記事一覧※
⇒早漏に陥る原因とは?適切な改善のために知っておくべき事!

ページトップへ