ペニスを太く増大する方法5選~長さは人並みでも細い人必見!

男性のペニスへの悩みというのは、尽きることがありません。

男性にとってペニスとは自分自身の「シンボル」であります。

そのシンボルであるペニスが他人より大きければ大きいことに越したことはないのです。

ペニスが大きいというのは、長くて太いことを言います。

やはり象徴となるものですので、長だけあっても太くなければ魅力的ではありませんよね?

小さいペニスより大きなペニスの方が、誰だって目がいきますし逞しさを感じます。

 

逆に長さは人並みなのに、なんというか不作の畑でとれたしなびた人参のような貧相な太さでは、長さが短いペニスよりもしかしたら恥ずかしいかもしれません。

 

女性だってそのようなペニスを見せられたら、感想に困ってしまうでしょうし、性的な興奮を得るのは難しいでしょう。

 

長くても細いペニスイメージ

 

しかも、ペニスは長さも重要ですが、さらに重要なのがその太さなのです。ただ長ければ良いって問題ではありません。

 

なぜかというと、多くの女性が長さよりも太さを重視しているからです。

 

実はペニスが太い方が、挿入時に得られる快感が大きいので、普通にピストン運動をしているつもりであっても、カリが女性のGスポットを容赦なく掻いてしまいますから、女性は太いペニスにメロメロになってしまうのです。ペニスの太い男性

 

 

そこで今回は、ペニスの太さをアップさせることに主眼を置いて、ペニスを太く大きくする方法を解説していきます。

 

ペニスを太く増大する方法 個別解説

【ペニス増大器具】

ペニス増大器具とは、その名前の通りペニスを大きくするための専用器具です。

主に牽引式ポンプ式の2種類に分けることが出来ます。

どちらの器具もペニスを増大させるための器具なのですが、具体的には牽引式の方はペニスの長さを出すことに長けている器具、そしてポンプ式の方はペニスの太さを大きくさせることに長けている器具です。

 

牽引式ペニス増大器具は、ペニスの根元の部分に器具をしっかりと固定し、包皮を根元の方まで移動し、亀頭にチューブをひっかけペニスの本体をバネの力で牽引するという器具です。

 

牽引式ペニス増大器具は主にペニスを伸ばすための器具なので、長さはアップするかもしれませんが、太さをアップさせるための器具ではないので、牽引式タイプのものを使ってもペニスの太さをアップさせることは難しいです。。

 

ですので今回は、ポンプ式のペニス増大器具について、より詳しく紹介していきます。

ポンプ式ペニス増大器具

ポンプ式ペニス増大器具は、勃起させたペニスに専用のシリンダーを装着し、空気や水の力でペニスの周りの空気圧を強制的に変化させ、それによってペニスに血液が流れ込んでペニスを膨張させるという器具です。

 

器具によって無理に膨張させていきますので、細いペニスであっても、このポンプ式を使っていくことで太くなる可能性があります。

しかも、勃起をさせて1日30分程度の装着を続けることで徐々に効果が出てくるのですから、無理なく続けられると思います。

牽引式タイプのものは、ただ装着しているだけとはいえ、1日数時間と長時間装着しなければならず場合によっては痛みを伴います。

ですが、ポンプ式タイプは、30分程度の装着で、ジェルや潤滑剤を使用して膨張させますので、例えばお風呂に入りながらポンプ式で吸引すればあっという間に終わります。

お風呂に入りながらだと、体が温まって血行も良くなりますし、終わった後はすぐに洗い流せるので、時間を有効活用しながら装着できます。

 

そんなポンプ式ですが、いくつかのデメリットはあります。

1日の使用時間をきちんと守っていれば安全ですが、1回に吸引する時間が極端に長かったり、1日何度も吸引したり過度に使用を続けると、ペニスが黒っぽくなり色素沈着をしてしまう場合があります。

ダメージを受けたペニスイメージ

 

また、ペニス増大器具は安価な商品から高額商品まで様々な商品が多く出回っていますが、中には粗悪品も多数あります。

具体的にはシリンダーがすぐに割れてしまったりとか、すぐに本体が壊れてしまったりなど様々なトラブルがあるようです。

 

ペニスは体の中で非常にデリケートな部分です。粗悪品を使ってしまったがために、ペニスに怪我を負ってしまったりしたら大変です。

 

ポンプ式タイプの器具は手軽に使用できますが、こういったリスクも考えなければなりません。

 

【ペニス増大手術】

ペニス増大手術には、ペニスの長さをアップさせる長茎手術や、お腹周りの脂肪を吸引してペニスを大きくさせる方法など様々な種類がありますが、その中でもペニスの太さを手軽にアップさせる手術法があります。

手術と言ったら、大抵の人はメスを使って切る手術を想像するのではないでしょうか?

メスは「手軽じゃない、ハードルがイメージがあります。

しかしこの手術法はメスを使って切る手術ではなく、メスを使わないで手術をする方法なのです。

ペニス増大手術の医者

 

具体的にどのような手術の方法かというと、注射器を使ってヒアルロン酸や脂肪を注入してペニスを大きく太くさせる方法になります。

この方法は、よく美容外科などで豊胸や鼻筋を通すための手術に使われており、美容外科では一般的な手術法になっています。

現在美容外科で行われている豊胸手術は、ほとんどこの方法であり、短時間に切ることなく手術が終わります。

 

これをペニスに応用したもので、ペニスに脂肪やヒアルロン酸を注射するのです。

 

そうすれば、短時間でペニスはあっという間に太くなります。

 

しかもこの手術法は、仮性包茎の方への効果もあり、これによって包茎が治る副次的な効果もあります。

 

ただし、この手術法にもデメリットはあります。

もともと脂肪やヒアルロン酸というのは人間の体内に存在する物質になります。

従って体内に注入すると(個人差はありますが)ある一定期間は体内にとどまりますが、時間が経つにつれ徐々に吸収されていってしまうのです。
つまり、ペニスのサイズは元の大きさに戻ってしまうということになります。

 

つまり、この手術法によってペニスを半永久的に太くするのは難しいのです。

また、切らずに手軽に出来る手術とはいえ、手術は手術ですから事故が起こる可能性も否定できません。

ヒアルロン酸や脂肪の他の手術方法に、リスパというデキストランとPMMAという物質から出来たものを注射する手術もあるのですが、ヒアルロン酸や脂肪は体内に吸収されますが、リスパに含まれるPMMAというのは、簡単に言うとプラスチックになります。

 

そのため体内に吸収はされないので、効果の持続は期待できますが、人体には無害ですが体内に存在しない物質を入れることになるので、場合によっては拒否反応が起こり注入した部分が炎症し腫れてしまう可能性もあります。


実際、このような手術に関する事故を始め、料金でのトラブルなども国民生活センターに相談が寄せられているそうですので、実際に施術をする前に、こうしたリスクを踏まえて、信頼出来るクリニックなのか?など、しっかりとした事前調査は必須です。

 

 

【チントレ:ミルキング法】

ここからは「チントレ(ペニス増大トレーニング)」の解説です。

ミルキング法というチントレは、器具などは一切使わず、自分の手だけを使っておこなうチントレ方法です。

器具を使ったり手術をする方法に比べると、お金がかからないので最も手軽にペニスを大きくさせる方法だと言えます。

 

ミルキング法のやり方

①ペニスを半勃起状態にする

親指と人差し指で輪を作り、残りの3本指が外側に向くようにしてペニスの根元にあてる

③残り3本の指で牛の乳を搾るイメージでペニスを握り込む

④反対の手で②と③を行う

②~④の工程を1セットとし、最初はペニスの負担にならないよう5分程度で数セット行い、徐々に慣れてきたら10分ぐらいかけて数セット行います。

 

ペニスが勃起する原理というのは、ペニスにある海綿体に血液が流れ込み、膨張することによって起こります。

ペニスには骨も筋肉もないので、ペニスを大きくするためには、海綿体に流れ込む血流の量を調整すればいいわけですが、半勃起した状態で根元を締め付けることによって、血液はペニスの方にとどまりやすくなります。

そして、もう片方の手でペニスを締め付けながら扱くことで、とどまっている血液によってペニスの内の血管を太くし、さらにペニスの細胞も刺激されますので、ペニスが大きくなるのです。

ペニスの勃起の仕組み

実際にこのミルキング法を30日間実践した人の中で、最大3ミリ、半年間実践したら5ミリ大きくなった実験結果があります。

毎日欠かさずにコツコツ続けていけば、急激なサイズアップとまではいきませんが、徐々にペニスが大きくなる可能性があることが分かります。

 

しかしミルキングにもデメリットはあります。

毎日適度な時間でトレーニングするには何も問題ありませんが、いきなり張り切りすぎて長時間トレーニングを行うのはペニスに負担がかかりすぎて危険です。

過度なトレーニングはペニスにとても大きな負担をかけ、場合によっては裂傷や水膨れになってしまう可能性も否めません。

怪我した場所が場所なだけに、病院に行くのが恥ずかしくて躊躇ってしまいがちですが、放っておくと悪化してしまいます。

もしそのような状況になってしまったら、速やかに医師に診てもらってください。

 

※チントレに関しては別記事で詳細解説していますので、合わせてお読み頂くと効果的です

 

⇒チントレの効果と方法~ペニス増大トレーニングのやり方を知ろう!

 

【チントレ:PC筋を鍛える】

ペニス付近から肛門の奥にかけて横たわっているPC筋を鍛えることによって、ペニスに流れ込む血液量をアップさせることに繋がり、ペニスを大きくさせることが出来ます。

PC筋の位置

 

PC筋は、おしっこをしている時にその出ている尿を止める時に働く筋肉であり、ペニスが勃起した時にそのペニスを支える働きもしています。

 

そのPC筋ですが、鍛え方はとても簡単で、いつでもどこでも行う事が出来ます。

「5秒間肛門を緩め、5秒間肛門を締める」これだけです。この動作を繰り返し行うことによってPC筋を鍛えることが出来ます。

 

そして、このPC筋を鍛えるのにプラスして、ペニスを勃起させて根元を人差し指と親指で輪をつくりギュッと握り、PC筋に力をいれペニスへ血液を流し、勃起を5分間維持するというチントレでもペニスは太く育ちます。

 

もしPC筋をうまく扱うことが出来ない場合、肛門と陰嚢の間にある筋を押して刺激することでも、血流量をアップさせることが出来ます。

 

このPC筋トレーニングを併用したトレーニングは、ミルキング法に近いものがありますが、ペニスを増大させるには、こちらの方が簡単で、効果も十分にあります。

 

もちろん、ペニスを強く握るわけですからやりすぎてしまうのは、怪我のもとになります。

 

また、PC筋を意識することができるようになれば、射精するタイミングもだんだん感覚で分かってくるようになり、徐々にコントロールできるようになってきます。

その結果、早漏を改善することも十分に可能になります。

 

【ペニス増大サプリメントの使用】

 

ペニス増大サプリメントを使用することでも、ペニスを太くすることが出来ます。

ペニスを大きくさせる方法の中では、簡単で始めやすい方法なのではないかと思います。

 

ペニス増大サプリメントというのは、滋養強壮や精力増大の効果がある天然の成分が多く含まれています。

 

 

滋養強壮や精力増大成分の多くには、血液の循環量をアップさせる効果があるものが含まれていますが、中でもシトルリンという血管を拡張し血流量をアップさせる効果がある成分が含まれている製品がオススメです。

 

ペニスを大きくさせるには、ペニスに流れる血液量を増やすことが、かなり重要になります。

 

先ほど紹介した2つのチントレも、結局のところはペニスへ流れる血液の量を如何にして増やすかということに重きを置いています。

ペニスの血流促進

 

さらに、ペニス増大サプリには「アルギニン」を筆頭に、男性ホルモン分泌を活性化させる成分なども多数含まれています。

これらの成分によって男性ホルモンが多く分泌され、細胞が活性化してくると、ペニスの成長が促され、ペニス増大が期待できます。

 

※これに関しては以下の別記事で詳細解説していますので、合わせてご覧下さい。

 

⇒アルギニン/シトルリンの効果まとめ[摂取量、食べ物、サプリ、副作用等]

⇒L-シトルリンとペニスの血流促進の関係とは?

 

粗悪な増大サプリの誇大広告に注意!

ここで一点注意が必要なことがあります。

 

 

「ペニスが1ヶ月で11cmもアップ!」などというタイプの宣伝文句です。

ペニスが小さくて悩んでいる人からすれば、とても食いつきたくなるような文言ですよね。。

しかも実際に服用したという人のレポートも一緒に載っている広告をよく見かけたりもます。

しかし本当にそんな凄い効果があるなら、みんな購入しているだろうし、売り切れて手に入りませんよね。

 

それにペニスが大きくなるにしても、短期間で10cm以上大きくなるというのは、かなり体に負担がかかるだろうし、普通に考えて無理があり厳しいです。

 

実際問題、ネット通販の多くのペニス増大サプリは、粗悪品が多いのが現実です。

例えば、広告には堂々と「主成分である有効成分がたくさん入っていますよ!」~という感じで記載されているのに、実際には入っていてもごく微量だったり、サプリメントの配合内容がおかしな商品。。

その他には、海外製品を輸入した場合、日本では認可されていない成分が入っていたりなど、様々な粗悪品が出回っています。

 

これらは見過ごせない重要な問題なため、以下の記事で、そうした粗悪品の購入前の見分け方を解説しています。

 

かなりの情報量になりますが、ペニス増大サプリを購入する前に必ず目を通す事をオススメします。

 

⇒効果のあるペニス増大サプリと効かないサプリの比較基準を暴露!

 

基本的に覚えておきたい点として、ペニスを太く大きくなるためには最低でも2~3ヶ月の時間が必要という点です。

サプリプリメントを服用する時に大切なことは、決められた量を守って毎日欠かさずに服用することです。

 

サプリメントは薬ではありません。そのためペニスが太くなるまでにある程度の時間が必要です。

 

そのため「今すぐにペニスを大きく太くしたい!」~という方には、ペニス増大サプリメントの服用は不向きです。

 

しかし「時間がかかってでも確実にペニスを大きくしつつ、さらに精力増強効果も欲しい」というのであれば、ペニス増大サプリメントは非常に有効です。

 

 

ペニスを太くする方法【まとめ】

ペニスを太く大きくする方法を紹介していきました。今一度方法を挙げますと、

 

①ペニス増大器具を使用する

②ペニス増大手術

③ペニス増大トレーニング(チントレ)

④ペニス増大サプリメントの服用

 

これらが具体的な方法になります。

 

ペニス増大器具に関しては、やはりデリケートな部分であるペニスへ使用するのは怖いです。

手術に関しては個人差はありますが、半永久的な効果ではなく短期間しか効果がありません。しかも一度の手術費用も保険適用外になりますのですべて実費負担となり高額です。

すぐにペニスを大きくしたいのであれば、手術をお勧めしますが、万が一医療ミスによる後遺症の危険性も否定できません。また一生同じサイズを維持したいというのであれば、何度も手術が必要になるので、正直簡単にお勧めは出来ません。

 

チントレに関しては、気長に続けられる人なら一定の効果を得られるでしょう。

ただしチントレだけではかなり時間がかかる上に限界もあります。

そのため、チントレと他の方法とを併用すると良いでしょう。

 

やはり今回紹介した中で一番オススメするべき方法は、ペニス増大サプリメントの服用です。

単純に飲むだけで、健康的に副作用などのリスク無しでペニスを大きくすることが出来るためです。

 

また、副次的に精力増大と滋養強壮の効果もあるのもポイントです。

 

特に、「最近精力が減退してきたかも?」と感じる場合は、ペニスの増大を目指しつつ、精力アップや勃起力アップ効果も一緒に期待することが出来るのは、最大のメリットでしょう。

 

これらを総合して当サイトで推奨している「ペニスを太くする方法」は、ペニス増大サプリメントの摂取と同時に、先のペニス増大トレーニングも並行して行っていく方法となります。

この2つを同時進行する事で、相乗効果を期待することが出来ます。

 

ペニスを太く大きくして、彼女やパートナーとのセックスで膣内へ挿入した際に、以前の自分のペニスと太くなった現在の自分のペニスとで、相手の反応の違いを見てみたくありませんか?

 

太くて逞しくなったペニスになって攻められまくったら、きっと彼女やパートナーはあなたとのセックスにまた一段と魅了される事間違い無しでしょう。

 

⇒効果の高いペニス増大サプリ比較ランキングはこちら!

 

※合わせて読むと効果的な記事一覧※
⇒勃起しても硬さが・・・硬いペニスにする方法6選!

ページトップへ