テストステロンを効果的に増やして精力増強する方法は?サプリ?筋トレ?

スクワット

男性ホルモンの中でもっとも重要なものは、テストステロンです。

あなたがもし「最近、なんだが精力が低下しているかも……」と感じるのなら、もしかしたらテストステロンの分泌量が低下しているのかもしれません。

 

でも「テストステロンの分泌量が低下していても別に問題ないのでしょ?」

と考えるかもしれません。

しかし、男性に限った話で言えば、テストステロンの分泌量が低下することで、精力の低下のみならず様々な悪影響を与えます。

 

いつまでも若々しくいて、セックスライフを楽しみたいのなら、テストステロンの分泌量をアップさせなければなりません!

 

【テストステロンとは?】

テストステロンとは、男性ホルモンの1つです。

男性は精巣で大半のテストステロンが作られて分泌されます。

 

そして、性欲の増進や生殖器の発育に影響を与えるほかに、ヒゲや体毛の成長を促し、筋肉や骨格の形成に影響を与えるのです。

 

fitness-863081_960_720

 

二次性徴期で少年から大人の男性のような顔つきになるのも、このテストステロンが関係しています。

しかし、テストステロンの分泌量は20代をピークとしてあとは減少の一途をたどっていきます。

老化に伴いテストステロンの分泌量は低下します。

 

たとえば、男性の老化現象に1つに精力の減退があります。

 

「女性の裸を見ても興奮をしない、セックスをしたいとも思わない」それらの原因のすべてがテストステロンの減少にあります。

26638460 - concept of sexual problem - unhappy young couple in bed, close-up

 

また、テストステロンは男性が男性らしくあるためのホルモンですから、テストステロンの分泌量が低下してしまいますと、男性(オス)としての魅力の低下につながります。つまり、女性にモテなくなります。

さらに筋肉や骨の形成に影響のあるホルモンと前述しましたが、男らしい筋肉しつの肉体を維持することが難しくなります。

その結果、生活習慣病を起こしやすいメタボな体形となるわけです。

 

 

内臓脂肪がつきお腹だけがポッコリでた肥満体形になる原因は、テストステロンの分泌量の低下が原因であるといえます。

 

テストステロンの分泌量が増えることで、これが改善します。

 

[精神面とテストステロンの関係]

アメリカの大学教授の調査によると、スポーツの大会で勝ったチームの方がテストステロンの分泌量が多く、負けたチームの方が少なかったという調査結果があります。

 

 

テストステロンの分泌量の低下は、男性としての魅力の低下に繋がることは前述しました。

 

また、テストステロンの効果には、ドーパミンの分泌を促す効果があります。

 

ドーパミンというのは脳のやる気や意欲に密接に関係のある脳内物質です。

 

 

つまり、テストステロンの分泌量が増えることで、仕事のモチベーションが上がるというメリットもあります。

=========================================

『筋トレですべて解決する社長』というtestosterone氏の名言が多く載ったブログを見れば、筋トレをすることでポジティブシンキングになれるでしょう。

このサイトのページにはテストステロンを増やすことのメリットがたくさん書かれています。2017年現在も更新されていますので、筋トレのメリットや情報が知りたいという場合は見てみるといいでしょう。

=========================================

筋トレとテストステロン

 

[加齢を防ぎ、いつまでも若々しくいることができる]

テストステロンは、加齢に伴う老化に密接に関係のあるミトコンドリアの健康を保つためには非常に重要な働きをします。

ミトコンドリアの老化を防ぐことで、体の老化を防ぐことができます。結果、テストステロンの分泌量の多さにより男性の健康が左右されるといっていいでしょう。

 

いつまでも若々しい男性の肉体でいるためには、テストステロンの分泌量は非常に重要になります。

 

もちろん精力増強にも、老化をしていなければ高くなります。

[テストステロンとモテる関係]

テストステロンの分泌量が増えることで、女性からモテることがわかっています。

 

海外のある調査でモテないラットにテストステロンを注射したところ、メスのラットが群がり出すという実験結果があります。

 

この理由として、女性はよりよい子孫を残そうとする本能があります。健康で性欲の強い男性ほどテストステロンを多く分泌しています。それを女性は本能的に知っているのです。

 

そのため、テストステロンの分泌量が多いほど、女性からモテるというわけです。

 

テストステロン分泌男性

 

【テストステロンの分泌と精力増強の関係】

テストステロンは、男性ホルモンの中で、男性には必要不可欠なホルモンです。そして、テストステロンは精力増強に置いては切っても切れない関係にあります。

 

テストステロンが多く分泌される男性というのは、勃起障害や膣内射精障害が起きにくくなります。

 

その証拠として、多くの精力剤に含まれている成分には、テストステロンの分泌を促す効果があります。

逆に考えると、テストステロンの分泌量を自然と増やすことができれば、精力剤に頼ることなくセックスライフを楽しむことができる上、前述したとおり、テストステロンは異性にモテるフェロモンの分泌を促進させますから、よりセックスライフを楽しむことができるわけです。

 

早漏を治した男性

 

 

【テストステロンが減少すると?】

テストステロンが減少することで起きる体の異常は、精力減退だけではありません。

実に多種多様です。

精力減退の他に、肉体的な変化というものが出てきます。

rjjthjw例えば、善玉コレステロールが減少し、内臓脂肪が増加するのでメタボリックシンドロームのリスクが高まります。

また、骨密度が低下するので、骨折のリスクが高まります。

他にも、頭痛やめまい、頻尿、ほてり、発汗などが発生したりします。

 

つまり、テストステロンの減少というのは、精力減少のみならず、男性らしさの減少にも繋がるのです。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 

特に最近、問題視されているのが「男性更年期障害(LOH症候群)」と呼ばれるものです。

女性も閉経前後における女性ホルモンの分泌量の低下により、更年期障害を発症します。

しかし、女性の場合は、一定の期間が過ぎてしまえば女性ホルモンの働きが強くなりますので、また元の通り元気になります。

 

help-153094_960_720では、男性の場合ですが、男性更年期障害に関しては、女性のように自然に回復することはなく、放置をすることで悪化します。

 

〔男性更年期障害はどのような症状があるのか?〕

男性更年期障害は、下記のような症状があります。

ykerike・集中力の低下
・無気力
・不眠
・精力低下
・勃起障害
・頭が重たい

 

これらのような症状が起きます。

 

男性更年期障害には、うつ病と似たような症状がありますので、うつ病になったと思い、様々な抗うつ剤を使用しても効果がなく、実は男性更年期障害だったということが多々あります。

 

嘘のような本当の話です。

 

【テストステロンの減少を止めるには?】

テストステロンに関してですが、老化によって必ず分泌量が低下します。

しかし、きちんとケアをおこなうことで、テストステロンの分泌量の低下を抑制することが出来ます。

そのため、例えば70代であっても、40代のテストステロンの分泌量を維持し続けることは可能なのです。

 

 

いつまでも若くいたく、セックスライフを楽しみたいのであれば、テストステロンの分泌量の低下を抑制すればいいのです。

 

では、抑制方法ですが、それは下記の通りです。

・亜鉛とビタミンDを摂取する。
・適度な有酸素運動と無酸素運動をする。
・体脂肪を減らす。
・睡眠をしっかりととる。
・性的な刺激を受ける。
・オナ禁をする。
・禁酒と禁煙。
・ストレスを溜めない。

 

つまり、健康的な生活をすることで、テストステロンの分泌量の減少を止めることができます。

そして、いつまでも若々しく精力や性欲にあふれた、女性からモテる男らしい肉体を維持することができます。

また、テストステロンの分泌量が減少してしまうと体脂肪がつきやすくなります。特に内臓脂肪が増えてしまうことはテストステロンの分泌量の低下を招く原因となるでしょう。

 

上記の一覧の中で重要なものとして、

・適度な有酸素運動と無酸素運動をする。

・睡眠をしっかりとる

・亜鉛とビタミンDを摂取する。

 

この3つが特に重要です。食って寝て、しっかりと運動するということです。

 

【テストステロンを効果的に増やす運動方法とは?】

運動には2種類の運動方法があります。

大量の酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる有酸素運動と、筋肉に蓄積してある糖質を燃焼させる無酸素運動です。

 

 

もちろん、無酸素運動といっても酸素を一切必要としない運動ではありません。無酸素運動であっても一定量の酸素は必要です。

 

有酸素運動と無酸素運動の2つのうち、無酸素運動がテストステロンを増やすためには効果的な運動になります。

 

では、無酸素運動はなにかといいますと、筋トレです。

詳しい筋トレの方法は後述しますが、筋トレはテストステロンの分泌量を増やすのには理想的なものです。

筋トレでテストステロン増強

 

しかし、無酸素運動の場合、脂肪燃焼という観点からみると効率の良い運動ではありません。

肥満気味で減量も合わせておこないたいという方は脂肪燃焼効果のある有酸素運動を組み合わせて行うことをおすすめします。

 

では、有酸素運動とはなにかといいますと、ウォーキングやランニング・水泳などの運動が有酸素運動にあたります。

※有酸素運動は最低20分間連続して運動をしなければ、脂肪の燃焼効果はありません。

 

この有酸素運動というのも考えもので、テストステロンを増やすという観点からするとあまりおすすめできるものではありません。

 

ある研究結果によりますと、マラソン大会出場後のテストステロンの値は大幅に減ってしまうのです。しかも、2ヶ月~3ヶ月間たたないと元のテストステロンの値にまで戻りません。

 

しかし、無酸素運動の筋トレより先に有酸素運動をすることで、ただ筋トレをするよりも約7倍テストステロンの分泌量がアップするという調査結果があります。

 

つまり、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせておこなうことで、テストステロンの分泌を促進させることができるというわけです。

 

[筋トレの方法について]

筋トレは3つの種類に分類することができます。

 

・自重トレーニング

・マシントレーニング

・フリーウエイトトレーニング

 

この3つの種類があります。

 

 

自重トレーニング

 

腕立て伏せや腹筋、スクワットといった自分の体重でおこなう筋トレが自重トレーニングになります。

器具などを利用したトレーニングよりもインナーマッスルを鍛えるに適した筋トレ方法です。

 

マシントレーニング

ジムなどにあるマシンを利用したトレーニングです。安全性が高いというのが特徴です。

筋肉に与える負荷を細かく調節することができ、筋トレ初心者でも鍛えたい場所の筋肉を鍛えることができます。

 

デメリットとしては、動きの動作が一定であり自由が利きにくい点にあります。また、ウエイトをコントロールする力を養うには不向きです。

 

 

フリーウエイトトレーニング

ダンベルやバーベルといった器具を使用したトレーニングになります。

自由に動ける分、自分にあわせて効率のいいトレーニングをすることが可能です。ただし、正しくないフォームでおこないますと効果が半減するのみならず、ケガの原因になります。

 

 

 

【テストステロンの分泌量を上げる筋トレの前準備】

テストステロンの分泌量を上げるための筋トレ方法の前準備について紹介します。

[大きな筋肉から鍛える]

初めて筋トレをするのであれば、まずは大きな筋肉(大筋群)である、大胸筋・背筋・腹筋から鍛えましょう。

小さな筋肉から鍛えてしまった場合、疲れがたまりやすくなり、大きな筋肉を十分に鍛えることができません。

結果として筋トレのパフォーマンスが低下してしまいます。そのため、鍛えたい大きな筋肉を最初の方に鍛えるようにしましょう。

 

大きな筋肉を鍛えるには、ジムなどのマシントレーニングが有効です。

また、トレーナーがいるとどこが大きな筋肉なのか教えてくれますし、正しい筋トレかチェックしてくれます。また、手本も見せてくれます。

 

 

[フルストレッチをする]

フルストレッチとは、筋肉を最大限まで伸ばすストレッチです。

ストレッチは軽視しがちですが、筋トレの効果を高めるためには必要不可欠です。筋トレをする前に筋肉を一杯に広げましょう。

最大まで広げた後は、しっかりと収縮させることも意識してください。筋肉をきちんとほぐすことで、筋トレの効果がさらに高まります。

 

また、筋トレの後にストレッチをすることで、疲労の蓄積を少なくすることができます。

さらに、ケガをしにくくする効果もストレッチにはありますので、筋トレをするのでしたら、必ずストレッチをしましょう。

 

 

[超回復を意識する]

自重トレーニングとは異なり、フリーウエイトトレーニングとマシントレーニングは負荷が大きくなります。

そのため、トレーニングごとのインターバルは通常の自重トレーニングであれば30秒ほどですが、フリーウエイトトレーニングとマシントレーニングでは少し長めの1~2分を目安におこないましょう。

 

また、毎日筋トレをすればいいというものではありません。週2~3回のペースでフリーウエイトトレーニングとマシントレーニングをしましょう。

 

疲労した筋肉に一定の休息を与えることで、トレーニング前よりも筋力が爆発的にアップします。

これが超回復と呼ばれるものです。超回復期間は2~3日ほどが筋肉とっては理想的です。

 

効率的に筋肉を付けるのであれば、オールアウト、つまり、限界まで追い込んだ筋トレをすることにより筋肉を鍛えることができますが、オールアウトをした後は、2~3日の超回復により筋肉を休めましょう。

毎日、オールアウトをしてしまうとオーバーワークになってしまい、ケガの原因になります。

 

 

【テストステロンの分泌量を上げる筋トレの紹介】

[スクワット]

自重トレーニングの王道といえば「スクワット」です。

スクワットをすることで、大腿四頭筋・大臀筋・脊柱起立筋など、下半身で重要視される筋肉を鍛えることができます。また、精力増強には効果的です。

 

スクワットの正しいやり方としては下記のとおりです。

・足幅を肩幅と同じくらいに開きます。

・足先を少しだけ外側に向けます。

・股関節から体を折ります。

・上半身は45度をキープします。

・尻を下にまっすぐ落とすイメージで下げます。

・太ももと地面が平行になったら止めます。

・そして、ゆっくり元に戻していきます。

 

この一連の動作を20回繰り返します。

連続しておこなうのではなく、インターバルを30秒間おきます。

20回を1セットとして、3セットおこなうのが理想的です。素早くやるのではなく、ゆっくり時間をかけて鍛える筋肉を意識しながらおこないましょう。

 

スクワットの注意点としては、

・膝はつま先よりも前に出さないようにすること。

・膝とつま先は同じ方向を向けること。

・背中を丸めないようにして、腰から頭まで一直線になるように意識する。

・1回のスクワットに長い時間をかける。

・特に大腿四頭筋を意識しておこなう。

です。

 

筋トレ全てにいえることですが、短時間で決められた回数をおこなうのではなく、長時間をかけておこなうことが重要であり、確かな結果がでます。

 

スクワットにも同様のことがいえ、正しいフォームで長い時間をかけておこないます。

スクワットはシンプルなトレーニングですが、フォームを間違っておこなうと効果が少なくなります。

また、20回を1セットするといいましたが、20回することよりも1回の質を上げていくことを重要視しましょう。

 

[クランチトレーニング]

クランチは、腹直筋を集中的に鍛えることができる筋トレです。お腹周りを引き締めてモテ度をアップしたい男性にはおすすめの方法です。これもシンプルな筋トレですから正しいやり方でおこないましょう。

 

クランチの正しいやり方は、

・仰向けに寝転がります。

・膝を90度に曲げて立てます。

・両手を頭の後ろに回してしっかりと固定をします。

・そして、息を吐きながらゆっくりと上半身を上げていきます。

・へそを覗き込むように上げて、軽く停止させます。

・その後、ゆっくり元に戻します。

 

30秒間のインターバルをおいて20回を1セットとして、合計をおこないます。腹直筋を意識しておこないましょう。

クランチトレーニング

 

クランチのコツとしては、

・上半身を上げるときにへそを覗き込むようにおこないます。

・体を上げるときに息を吐き、戻すときに酸素を取り入れるようにします。

・腰を床から離さないようにします。

・足はしっかりと固定しておこないます。

 

クランチトレーニングをおこなう際に注意することは、呼吸のしかたです。

前述しましたが、無酸素運動といっても無呼吸でおこなうより、呼吸を上手に取り入れておこなうことで高い効果を得ることができます。そのため、息を吐きながら腹直筋を刺激しましょう。

 

筋トレはかなりしんどいですが、習慣化して続けていくことで次第にテストステロンの分泌量が増えて元気になります。年齢よりも若く見られるしょう。

ただし、基本的に筋トレのやりすぎはテストステロンの減少に繋がりますので注意をしましょう。

 

 

【筋トレのみではなく食事も重要】

テストステロンの分泌量をアップさせるためには、食品にこだわった食事が重要になります。

タンパク質を多く摂ることは重要になりますが、炭水化物を摂らないというのはテストステロンの分泌量アップには不向きであると研究で結果が出ています。

バランスよく食事を摂らなければなりません。

 

テストステロンを増やすための成分としては、亜鉛とビタミンDなどがあります。亜鉛やビタミンDをしっかりと食事により摂らなければなりません。

日本人のビタミンDの基本摂取量は約5ugであり、魚の赤身100gが5ugを摂るには最適な量です。

亜鉛また、亜鉛も重要です。

基本的に日本人の男性は亜鉛が不足気味です。

 

亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるほど、生殖機能には欠かすことのできないミネラルです。もちろん、テストステロンの分泌量をアップさせるためにも亜鉛は重要です

 

亜鉛は直接テストステロンの分泌量を増やすわけではなく、体調を整えるのには欠かすことのできない栄養素です。

 

そして、亜鉛の平均摂取量は8mg程度で日本人の男性は常に不足気味です。亜鉛は必須ミネラルと呼ばれ、食事により摂取しなければ補うことのできないミネラルになります

 

食品により摂取することが理想的ですが、それが不可能なのであればサプリメントにより摂取するのがいいでしょう。

DHCなどの市販のサプリメントなどで摂取する方法もありますが、精力増強サプリを利用するという方法もあります。

 

精力増強サプリについては、サプリランキングなどではあまり目にしないため、どのようなものかいまいちい想像がつかないかもしれません。

簡単にいえば、テストステロンの分泌量を増やすのに効果的な食品や栄養素が含まれたサプリメントです。

 

精力勃起力が増強した男性

 

医薬品とは異なり、あくまで食品になりますから使用していて副作用はありません。

 

精力増強サプリには、テストステロンを増やすアミノ酸であるアルギニンシトルリンなどが含まれています。そのほかにもマカや亜鉛、ビタミンB群といった精力アップに欠かすことができない成分が含まれています。筋トレ後の疲労回復のために精力増強サプリを利用しても効果があります。

 

精力増強サプリは、単純にテストステロンが不足して起こるEDの予防・改善をするほか、精力の増進があり、減退した精力を回復させることができます。

こちらに関しては別記事にて掘り下げて解説していますので、合わせてご覧ください。

 

⇒今話題の精力増強サプリ人気ランキング

 

【まとめ】

テストステロンの分泌量を増やすには、筋トレが非常に有効です。

簡単にできる筋トレとしてスクワットクランチがあります。スクワットをすることで、テストステロンの分泌量は増えます。

 

テストステロンの分泌量を増やすことで、男性らしさがアップしますので、女性にモテやすい体質になります。

 

しかし、筋トレをするのみではテストステロンの分泌効果が薄くなります。

テストステロンの分泌量を増やすためには、しっかりと食事を摂ることです。ただ、食事によって摂ることが難しい場合は、サプリメントが有効です。

 

そのなかで、テストステロンの分泌量を増やすに向いているサプリメントは精力増強サプリです。

このサプリメントの中には、テストステロンの分泌量を増やすアルギニンやシトルリン、亜鉛などが豊富に含まれており、摂取することでテストステロンの分泌量が増えます。

 

筋トレと精力増強サプリをしっかりと摂取することで、テストステロンの分泌量が増加します。

精力も増強して、精力剤に頼ることなく若々しい肉体を維持することができます。

いつまでも健康な身体を維持し、女性にモテたいのであれば、筋トレと精力増強サプリがおすすめです。

 

⇒テストステロンを効果的に増やして若返る!

 

ページトップへ