精力・勃起力が50代以上でも20代並に回復する方法5選!

50代にもなりますとさすがに、「最近勃起力がダウンして精力が衰えたなぁ・・・」と悩んでいませんか?

 

business-163462_960_720

 

体を男性らしくするホルモンであるテストステロンは、20代をピークに減少するのですが、これはきちんと対処をすれば十分に防ぐことが可能です。

 

たとえば、70代になったとしても、テストステロンの分泌量を維持することができれば、セックスが可能です。

 

「大げさだ」「自分には無理だ・・・」などと思いますか??

いえいえ、最近では老人ホームでもセックスする猛者がいるくらいですから!

 

つまり、

「精力・勃起力を回復する正しい情報と実践力」さえあれば、それは当然あなたにも可能な事なのです。

 

逆に言うと、もしあなたが既に、精力回復のための何らかの行動を起こしているにもかかわらず、目立った成果が出ていない場合、それはあなたの体質が原因というよりは「単に方法が間違っているだけ」の可能性が非常に高いです。

 

 

繰り返しますが、正しい情報を実践しない限りは、精力勃起力の回復は見込めません。

そこでこの記事では、50代以上の男性が昔の様な精力を回復するのに最も効果のある最適な方法を、厳選して紹介していきます。

 

方法は複数ありますが、それぞれメリットとデメリットがありますので、正しい知識を入れて、あなたに最適な方法を見つけて下さい☆

 

もし、20代の頃のような精力を取り戻し、当時の性生活が満喫出来たら、とても楽しいと思いませんか?

 

sadrg

 

___________________________________

【精力・勃起力とテストステロン】

___________________________________

勃起力回復方法を詳細解説する前に、予備知識として重要な、「男性の精力とテストステロンの関係」について少し説明します。

 

男性の精力と密接に関係があるホルモンがテストステロンです。20代~30代が分泌量のピークであり、それ以降は減少の一途を辿ります。

 

しかし、テストステロンの減少スピードというのは、個人差があります。

体質的なものというよりは生活習慣がその分泌量に大きな影響を与えます。

そのため、50代で勃起しなくなる人もいれば、70代でも異性に対して興奮をすることができる人もいるわけです。

 

また、テストステロンの減少が過度に進んだ場合、男性更年期障害という病気になります。

これはテストステロンの量が足らないことで起きる病気であり、一度発症をしてしまったら治りにくいものです。

特に仕事一辺倒の方は定年退職した後、何もする気が起きずぼんやりと過ごしてしまうのですが、それは男性更年期障害の可能性があります。

 

____________________________________________

精力・勃起力を回復強化する方法_個別解説

____________________________________________

【薬による精力回復】

精力回復法の1つとして薬があります。

direction-1014061_960_720それは勃起薬、バイアグラのようなED治療薬・強壮剤のようなものです。

 

勃起薬として有名なバイアグラですが、これを使用することで、勃起を阻害する酵素PDE5の働きを抑える効果があるので、勃起時間の継続に繋がります。

 

勃起力や勃起の維持力、硬さなどが20代の頃のようではないと悩んでいて、短期的に効果が欲しいという方には、薬による精力回復というのは効果的です。

 

しかし、バイアグラなどの勃起・ED治療薬や強壮剤は、ペニスの勃起力を維持させる効果はあっても、使用することで性欲や精力が回復するものではありません。

 

これを端的に言ってしまうと、バイアグラなどは勃起状態を維持するだけであり、性欲や精力がすでに尽きている場合、薬を飲んだとしても勃起しないということです。

(※車に例えると、エンジンさえかかれば走ることは可能だが、そもそもエンジンすらかからないのであれば意味がない・・・というイメージです)

 

 

勃起をしても、20代の頃のような性生活を楽しみたいというような、性欲が出てこないのであれば、性に関する精力の復活とはいえません。

やはり、裸の美女を前にしたら、ムラムラするというレベルの性欲というのは何歳になっていても持っているに越したことはないでしょう。

 

つまり勃起薬は「精力があるのにペニスの反応が鈍い」という場合に使用するとメリットはあります。

 

warning-146916_960_720しかし「精力がすでに衰えている状態で使用しても意味がない」というデメリットがあるのです。その上、薬を飲んで無条件で勃起するわけではないので、期待して飲んだら精神的なダメージが大きくなるといえるでしょう。「本当にもう使い物にならないのか・・・」と嘆いてしまいます。

 

 

繰り返しになりますがこれらの薬は、使用を続けたからといって精力や勃起力自体が復活するものではありません。

元々が心臓の薬ですから、心臓に何らかの疾患を抱えている場合に使用したら、寿命を短くすることになるでしょう。

腎臓や肝臓へのダメージというのも考慮する必要があり、個人的な判断での使用を続けるというのは危険です。非常に手軽なものとはいえ、使用法を誤れば死に至る可能性は高いものです。

 

ちなみにこれらの勃起薬は、飲んですぐに効果が出る訳ではなく、「直前に食べたもの、飲んだアルコール」などにより効果に影響が出てきます。つまり、男性は「セックスの前に薬の効果などを計算して行動」しなければならない点にも注意が必要です。

 

一時的なカンフル剤でしかない上に、医薬品指定の製品ならではの副作用の数々もデメリットといえます。

そのため、安易に使用する事はオススメ出来ません。

自己判断での服用の前に、必ず医師に相談しましょう。

 

【テストステロン補充療法】

前述しましたが、テストステロンが減少することで「男性更年期障害」という病気になります。男性ホルモンは減少の一途をたどりますので改善が難しい病気です。

 

そして、この男性更年期障害の治療方法として、テストステロンを注入するものがあります。

 

その効果の中に、朝の勃起の復活、精力向上、勃起力回復、筋力のアップというものがあります。

 

テストステロン療法の方法ですが、筋肉注射という形で、テストステロンを1回125mg注入し、2週毎に症状を見てテストステロンの量を増やしていくのです。

 

つまり、テストステロンを補充しているのであれば、性に関する精力が復活します。

効果は2週間程度持続しますので、その間は若々しく過ごすことが出来ますが、補充を止めてしまったら、精力はもとに戻ります。

 

ただしもちろん副作用もあります。

多血症や前立腺がん、肝臓がんが増大する可能性をはじめ、複数の副作用があることが懸念されているのです。

 

特に男性の場合、前立腺がんの可能性が増大するというのは看過できません。

 

結局のところ、このテストステロン療法は最後の手段、男性更年期障害という病気の治療法であり、精力を戻すための治療ではないのです。

 

男性更年期障害についてはまだまだ認知されていない病気なので、うつ病やその他病気の派生症状かと思い「男性更年期障害の治療方法まで行きつきにくい」というケースも少なくありません。

何よりこの方法は、テストステロン補充を恒久的におこなわないと効果がなくなってしまう上に、先に挙げたような無視できない副作用が複数ありますので、とても自信を持ってオススメ出来る方法ではありません。

 

当記事の題材である「中高年の男性が精力・勃起力を回復・増強させる」という方法は、あくまで副作用の無い、自然な方法を提唱したいためです。

 

そこで、ここからの章は、そうした副作用の無い「自然な精力・勃起力の回復方法」を見て行きましょう。

【食事療法】

精力が衰えるのは、男性ホルモンの分泌量が減るからなのです。

男性ホルモンの分泌量を増やすには、男性ホルモンを体内で生成することが必要です。

食べ物などには男性ホルモンは含まれていませんので、男性ホルモンの原料になる食べものを食べるというのが、合理的な方法です。

 

hwahqJPG

つまり、偏った食生活であるのなら、食生活を直す食事療法が必要です。

 

 

特に、精力・勃起力の回復を目指す男性にはぜひ摂ってもらいたい栄養素の1つに亜鉛があります

亜鉛は、精に関する必須ミネラルです。男性に限らず女性にも必要なミネラルであり、人間の体内では生成することができません。亜鉛が不足することで、男性であれば精子の生成がおこなわれにくくなります。これらのことからアメリカでは亜鉛をセックスミネラルと呼ばれています。

 

ある実験において、被験者の男性に亜鉛が含まれていない食事のみを与えた場合、半分以上の男性が勃起不全になりました。もちろん、亜鉛の摂取を再開したところ勃起不全が改善しています。それほど、亜鉛は精力に関係のあるミネラルなのです。

 

亜鉛を多く含んだ食品は牡蠣などがあります。

 

他には血流促進効果が認められているシトルリン、そしてシトルリンと同時摂取で相乗効果を発揮するアルギニンは精液の80%を占める成分です。

(シトルリンを多く含む食品はメロン、アルギニンは大豆や高野豆腐、ゴマです)

 

その他に必要な栄養としては、ビタミンB群などがあります。

 

 

ただ、デメリットとして、これらの食べ物から精力回復に必要な栄養素を安定して摂取しようとしますと、毎日同じものを食べ続けなければならなくなります。

さらに、亜鉛やシトルリン・アルギニンが含まれる食品のみを食べるだけでは効果は全開ではありません。

つまり中高年の精力・勃起力回復には、亜鉛やシトルリン・アルギニンが含まれている食品を食べつつ、いつも通りの健康的な栄養バランスのとれている食生活を継続しなければならないのです。

 

これはつまり、「量に関しても大量に食べなければならない」という事です。

ですので、食生活の改善だけで精力を回復させようというのは、現実的ではありません。

そして何より、改善効果が出てくるまでの時間が、薬などと比べるとかなり時間がかかってしまいます・・・。

 

そこで、これらのデメリットを補完する最善の方法が以下になります。

 

【精力・勃起力回復効果のあるサプリとは?】

pills-161087_960_720サプリメントの中には、精力・勃起力の回復や増強を主目的として製造されているモノがあります。

 

サプリは医薬品ではなく健康補助食品ですので、当然安全に、それでいて楽に継続しやすいため、前述した食事療法の欠点を簡単に補いつつ、効果を発揮しやすい選択肢と言えるでしょう。

 

精力回復・増強サプリには、血流改善に効果のあるL-シトルリンやL-アルギニン、先の章で言及したセックスミネラルである亜鉛(ビール酵母)、男性ホルモンの量を増やすマカ、トンカットアリ等々、勃起力アップには欠かせない必須成分がふんだんに盛り込まれています。

hgehqwr

 

前項の食事療法をより現実的にしたのが、こうした精力・勃起力回復サプリの定期摂取です。

 

例えば、亜鉛に関してですが、1日に必要な量を摂取するには、牡蠣を毎日100グラム食べなければならないのです。

牡蠣100グラムなら、少し現実的かもしれませんが、シトルリンに関しては、必要な量を摂取するために、毎日メロン1玉半を食べる必要があります。

 

これはもう、無理です。

 

 

そこで、精力サプリを毎食摂るだけで、精力回復を目指す上で足りない、必要な栄養素を手軽に摂取してしまうのです。

 

また、本物は高価で、購入しても不味くて摂りにくい、高麗ニンジンのエキスやマカエキスなどが含まれているものもあります。

ちなみに、高麗ニンジンが美味しく飲めるとして購入した白参の高麗ニンジン酒は、泥水のような味がします。はっきりいって健康にいいから飲めと言われても逆に健康を害す味です。

 

その点サプリは飲むだけですから、味が苦手な食品があっても関係なく摂取できるのも利点の1つでしょう。

しかも、1粒に栄養素が凝縮されていますので、日常的な食生活を送る際にまったく影響がありません。

 

特に最近注目なのが、先にも触れた有効成分「L-シトルリン」です。

ペニスの勃起の仕組みを簡単に解説しますと、陰茎の毛細血管の中に血液が流れこむことで、血流促進が活発になり勃起します。

 

そして、このLーシトルリンの主な効果の1つが、この陰茎への血流促進効果なのです。

 

また他にも、疲労回復や滋養強壮、集中力アップ効果などもあり、精力・勃起力回復を謳うサプリメントには必須と言える成分です。

 

先に紹介したED治療薬や、塩酸ヨヒンビンなどを配合している勃起薬は、確かに服用すると勃起力回復には一定の即効性がある反面、必ず身体に何かしらの副作用をもたらします。

 

 

これら副作用が懸念される製品に共通するのは、国で医薬品に指定されているという点が挙げられます。

対して「L-シトルリン」ですが、同じく2007年までは医薬品指定を受けていました。それが2007年の見直しで指定が解除された事で、健康食品であるサプリメントにも配合される様になった成分なのです。

以前は医薬品指定を受けていた理由は、一定の効果・即効性があるからという点に他なりません。

つまり言い換えれば、

「健康食品であるサプリメントに配合可能な成分の中では、「L-シトルリン」が最も、精力勃起力の回復・増強に即効性が見込める成分」という事が言えるでしょう。

 

ただ問題点として、そうした必須の栄養成分が実は含まれていない偽物や粗悪品も、一部で流通していることです。

 

そのため、精力回復のためにサプリを購入するのであれば、国産のものが良いでしょう。また「配合成分を薄めたりごまかしたりしていないか?」等々、購入前には出来る限りチェックするに越した事はありません。

 

※「L-シトルリン」を主成分とする勃起力回復・増強サプリの分析や解説は、↓下記の記事でも絞って解説していますので、ご参考にして下さい。

 

 

⇒効果の高い勃起力回復サプリ 調査分析~詳細解説はこちら☆

 

サプリメントは医薬品ではありませんので、明らかな効果を体感出来るまでには少し時間がかかりますが、副作用の心配も無く、確実な精力と勃起力の回復効果に加えて、ペニス自体の増大効果も見込めますので、とてもオススメです。

 

【軽い運動】

runner-557130_960_720若い頃の様な精力・勃起力を取り戻す方法の中で、食生活と同じくらい大切で、どうしても避けて通れないのが、軽い運動です。

 

運動をすることで、男性ホルモンの分泌が促進されるようになります。

 

 

軽い有酸素運動、例えば、ジョギングなども精力・勃起力の回復には十分に効果が見込めます。

 

elephant-279901_960_720また、下半身の筋トレも、精力回復&中折れ予防に効果があります。
下半身は第二の心臓ともいわれる部分なので、ここの筋肉を鍛えることで、血行改善になり、血行が改善すれば勃起時に硬さがアップします。

 

筋トレといってもそこまで難しいことをする必要はなく、スクワットを10回1セット、朝昼晩と1日3かいおこなえば、3ヶ月程度で効果が出てきます。

sport-1014064_960_720

また、肛門を5秒締めて、5秒緩めるトレーニングを10回1セットとして、朝昼晩就寝前の4回おこなうことも効果があります。

ただ、軽い運動だけでは健康になるのですが、男性ホルモンを生成する食品などをあわせて摂取しなければ、精力回復には効果が薄いというデメリットがあります。

 

【※まとめ※結局どれがいいのか?】

viagra-70398_960_720・バイアグラなどに代表される薬

確かに性行為が出来るようになりますが、心臓にかかる負担を考えますと、二の足を踏んでしまいます。

そもそもこれらのED治療薬は、根本的に精力が回復するわけでもありません。

 

・テストステロン療法

楽に男性ホルモンを増やしたい方にはメリットがありますが、費用面や副作用面を考えると少し二の足を踏んでしまいます。
また、療法を中断してしまえば、もとに戻ってしまうというデメリットも見逃せません。

 

・精力、勃起力回復専用サプリ

こちらは精力、勃起力アップの効果が出るまでに少し時間がかかりますが、天然成分のみなので身体への負担や副作用がなく、また飲むだけなので継続しやすいというメリットがあります。

 

・食事療法

こちらは、健康的な食生活は理想的です。
しかし、ここから精力回復に必要な栄養素まで摂取しようとしますと、とても現実的ではありません。

 

 

そして、軽い運動ですが、これは基本です。
他の改善法とあわせておこなうことで、効果を発揮しますが、運動だけでは精力回復の効果は見込めません。

 

 

これらのことから、時間が掛かっても一定期間サプリを使用し続けることが、誰にでも確実に効果のある「精力・勃起力の回復法」と言えるでしょう。

 

⇒調査厳選!効果大の勃起力回復サプリランキング!

 

__________

【最後に】

__________

サプリが効果的ということで紹介しましたが、50代以上の男性が、一時しのぎでない、継続した若々しい状態の精力まで回復させるには、多少時間がかかります。

 

しかし、千里の道も一歩からではありませんが、我慢して続けることで、「いざ裸の女性を前にしても、若い時の様な勃起力も持続力も無い・・・」という悲惨な事態を避けられます。

 

man-305084_960_720一昔前と違い、今は50代以上になっても本当に若々しい方が多いです。

 

もちろんあなたも今からでもその仲間に入れます。

50代どころか60代でも遅いなどという事は全くありません。

ただしそれは、自分で健康管理をしっかり行い、適度に身体を動かしつつ、ここで紹介した方法を地道に実践出来る人のみです。

 

身体を動かせば活力が沸いて精力も増進するのは先に触れましたが、それに加えて、

天然成分由来のサプリで内から整えれば、あなたは本当に20代の頃と比べても何ら変わらない精力・勃起力を取り戻す事が出来るでしょ

う☆

 

 

⇒昔と同じ精力・勃起力を取り戻す!

 

ページトップへ