精力減退の予防方法まとめ

精力減退とは?

若い時には想像できなかった精力減退には、一つの原因だけでなく、様々な状況が重なって症状となることがあります。

 

一言で精力減退と言っても症状には個人差があり、同じ年代でも感じ方や悩みには差があります。

 

そこでこの記事では、精力減退の原因を始め、予防する方法をまとめました。

 

症状があって悩んでいる人もそうでない人も、きっと役に立つ情報となります。

 

是非参考にして頂ければと思います。

 

精力減退の原因って何?

 

精力減退の原因は人それぞれで、「ストレス」「緊張」「生活習慣の乱れ」などが関わります。

 

特に「ストレスや緊張」は、精神的な負担が多い状態が長く続くことによって、自分の意思に反して下半身が思うようにならないなどの症状が現れます。

 

また「生活習慣の乱れ」は、血液循環を悪化させるような偏った食生活を始め、過度な喫煙や飲酒精力を減退させる原因となることがあります。

 

やはり年齢が主な精力減退の原因?

 

精力減退と聞きますと、中高年に限定された症状である印象があります。

 

確かに、多くは「加齢」や「老化」が原因であるとされていますが、上記で紹介したように、仕事などのストレスや緊張が多い若い世代でも、精力減退の症状で悩み苦しんでいる人もいます。

 

その反対に、年齢を重ねても精力が衰えることなく、いつまでも現役で頑張っている男性もいることから、年齢だけでなくその人の生活環境や性格も大きく関係するようです。

 

テストステロンって何?

男性ホルモンの一種である「テストステロン」のことをご存知でしょうか。

 

この「テストステロン」の数値が高い男性は、冒険心が強い人やリーダーに適しているなど、自信に満ち溢れた生活を送ることができます。

滋養強壮精力増強

 

しかし、「テストステロン」の数値が低下してきますと、精力減退や集中力の低下など、意欲的に何かに取り組む姿勢が減少します。

 

「テストステロン」が減少してしまうのは、ストレスが大きく関わっていて、仕事や人間関係での悩みホルモンバランスを崩してしまいます。

 

女性だけでなく男性もあると言われる「更年期障害」にも関係する「テストステロン」の数値は、専門の医療機関で測定できるほか、処方薬やサプリメントで数値を安定させることができます。

 

服用している薬の影響かも?

精力減退の原因として、普段服用している薬の影響があることもあります。

 

「高血圧」や「糖尿病」の治療を行っている方にとっては、症状を抑える働きや改善する役割として、薬の服用は欠かせない場合が多いでしょう。

 

しかし、処方された薬や成分によっては、精力減退につながる場合があります。

 

また、抗うつ薬など「精神科や心療内科で治療」をしている場合にも注意が必要です。

 

しかし、感じ方や症状の程度には個人差がありますので、気になる人は主治医によく相談をして、適切な方法で治療を続けながら精力減退への影響にも配慮しましょう。

 

 

精力減退を予防するポイント

精力減退は、予防することができる症状です。

 

自分自身の気持ち次第で解決に繋げられるようなことも多く、その方法を知っておくことで、今すぐ役に立つ人や将来の参考にできる人まで様々です。

 

一体どのようにして予防してくのが良いのでしょう?

 

食生活と精力減退の関わり

 

精力減退を予防する場合、まず見直した方が良いのは「食生活」です。

 

食べたものがそのままダイレクトに体の中で栄養になる食事は、空腹を満たすだけの適当な食事内容では、「勃起力を高めて精力減退を改善」することは難しくなります。

 

しかし、バランスのとれた栄養満点の食事を摂取しますと、インスタント食品にばかり頼っていた時とは体調が変わります。

 

「亜鉛が豊富な牡蠣」を始め、スタミナやパワーが出るようなメニュー積極的に取り入れましょう。和食

 

 こちらに関しては以下の別記事で詳細解説しています。合わせてご覧下さい。

 

⇒滋養強壮や精力増強に効果大の食べ物とは?

生活習慣の見直しが大切!

普段の生活が当たり前になっている場合でも、習慣を見直すだけで精力減退の予防効果があります。

 

「睡眠」や「運動」への気配りは、ストレス解消や気分転換にも繋がりますので、ペニスの働きにも大きく関わります。

 

特に「睡眠」の質を向上させますと、長時間眠れないような時でも、目覚めがスッキリとした状態で朝を迎えられます。

 

また、「運動」を取り入れる場合は、自宅でできるスクワットを始め、ジョギングやウォーキングなど楽しみながらできる有酸素運動もおすすめです。

 

ストレスと精力減退の関わり

ストレス社会の男性

 

心に大きな負担を掛けるストレスは、精力減退への関わりが大きく、男性ホルモンの一種である「テストステロンの分泌」が減少します。

 

ストレスを全くゼロにすることは難しいですが、気分を変えられる趣味や、嫌なことを忘れて没頭できるものを自分なりに探しておきますと、大きなストレスが掛かった時にも上手く気持ちをコントロールできます。

 

家で何かをするのが好きな人や外にいた方が良い人まで様々ですが、自分の体質や性格に合う居心地が良い楽しみを見つけることで、精力減退を気にすることなく楽しい時間を過ごせます。

 

飲酒喫煙は悪影響

 

気持ちのリフレッシュや気分転換、ストレス解消「飲酒や喫煙」を用いる人がいます。

 

適度な量の「飲酒や喫煙」ですと問題ありませんが、ストレス解消や嫌なことを忘れる手段として「飲酒や喫煙」を取り入れますと、精力減退や勃起力の低下を引き起こします。

 

しかし、今まで飲酒や喫煙を行っていた人が、急にすべてゼロにするのは難しいでしょう。

 

そのような場合は、休刊日を設けて肝臓を休ませるほか、1日に吸うたばこの本数を決めておくなど、自分で対策をするのがおすすめです。

 

ちなみに、ポリフェノールが豊富な赤ワインには、勃起の力を強くする効果があるとされていますので、お酒が全て悪いというわけではありません。

 

上手に付き合って、自分自身の楽しみにしましょう。

 

肥満改善が精力減退予防の近道になる!

 

脂肪が血管を圧迫する「肥満」は、改善することで血流が促されますので、欠陥の働きの正常化に繋がります。

 

これはつまり、精力減退の予防を考える上で、とても重要という事です。

 

肥満体形の人の場合、「積み重なる暴飲暴食」などを始め、それぞれの理由で体重が増えてしまっている傾向になります。

 

特に問題なく生活できているから…と言う理由で今までダイエットをしていなかった人でも、肥満を解消することで悩みだった精力に対する不安も同時に解消できます。

 

「無理な食事制限」や「過度な運動」では継続できません。

 

短期的に痩せようとするのではなく、「時間を掛けてダイエット」する方がリバウンドの心配もありません。

 

 

精力減退の予防法

この記事は精力減退の予防法を中心視点としていますが、既に精力減退を感じてしまっている場合はどうすればよいのでしょうか?

 

その対処法には様々なものがありますが、自分が取り組みやすいものから徐々に始めることで、体の中からだけでなく気持ちの面でも変化が訪れるでしょう。

 

男性ホルモンの分泌不足はサプリメントで解消

強壮剤、精力増強サプリ

精力減退と密接に関係する「テストステロン」などの男性ホルモンは、加齢やストレスなどの要因が重なることで減少してしまいます。

 

そのまま放置しておきますと、症状が進行してしまうこともありますが、便利な「サプリメント」を活用することで、気になる精力減退への対処ができます。

 

効果の高い精力剤の特徴とは?

 

 

高い効果が期待できる精力剤を見分けるポイントは大きく分けて2つあります。

 

【原材料表記が基本ルールに基づいてしっかりと表記されているかどうか】

精力剤やサプリメントにおける原材料表記の基本ルールとされているのが、「JAS法」と「健康増進法」の2つの制度になります。

 

加工食品品質表示基準というJAS法に基づいて国が定めた基準により、パッケージに記載する原材料は原則、配合量の多いものから順に表記するということになっています。

 

そして、原材料と食品添加物は分けて表記しなくてはならないので、順番としては原材料、食品添加物の順に表記が続きます。

 

また、原材料表記だけでなく、他の表記も細かく順番が決められており「名称」、「原材料名」、「内容量」、「賞味期限」、「保存方法」、「製造業者」という順で表記がなされていなくてはなりません。

 

ですので、例えばL-シトルリンやマカなどの原材料よりも前に、ゼラチンやグリセリン、セルロースなどといった食品添加物の記載がされている精力剤やサプリメントは、中身が薄い粗悪品の可能性が高く、注意が必要になります。

 

※参考までに、「グリセリン」や「セルロース」といった食品添加物に分類される成分は、原材料をパッケージするカプセルによく使われている賦形剤(フケイザイ)と呼ばれるものです。

 

これらの成分量が多い精力剤はあまり効果が期待できない可能性があります。

 

逆に、賦形剤は必要最低限の量で、かつ有効成分が適量配合されている精力剤が、高い効果が期待できると言えます。

 

健康増進法に基づくパッケージ記載ルールとしては、100gあたり、1包装あたり、1食分あたりなど、それぞれにおける「熱量」や「タンパク質」、「脂質」、「炭水化物」、「ナトリウム」の量、さらに「表示したい栄養成分」これを順番通りに記載しなければなりません。

 

総じて、それぞれの基準に法って記載がされていない精力剤には注意が必要です。逆にういった基準をきちんと満たしているものについては、安心安全かつ効果が期待できる精力剤だと言えます。

 

 

【配合されている有効成分の種類や数、そしてそれぞれの配合量が適量かどうか】

 

精力剤に配合されている有効成分の成分数や配合量の違いによっても、効果の表れ方に大きな差が出ます。

 

例えば、よく「100種類の有効成分が配合!」「約200種類の成分が1粒に凝縮」といった精力剤やサプリメントの謳い文句を目にします。

 

商品を買う方としては、成分がたくさん入っている方が、効き目が凄いんじゃないかと思いがちですが、重要なのは成分の数の多さではなく、1成分につき配合されている量がどうなのかという点なのです。

 

実は数多い成分数が配合されている精力剤やサプリメントの表記を見てみると、1粒当たり何がどれだけ配合されているかを、明確に表記をしている物は数少ないです。

 

ですので、例え有効成分が実際に配合されていても、耳かき一杯程度の配合量でしかない可能性が十分に考えられるのです。

 

配合されている成分数の多さで決めるのではなく1成分当たりの配合量がどうなのかという点を重視して選びましょう。

 

※上記内容はとても重要ですが、本記事とはテーマがズレるため、以下の別記事に分けて詳細解説しています。

合わせてご覧下さい。

 

⇒【優良サプリか粗悪サプリか】を見分けるポイント詳細解説

 

まとめ

体だけでなくメンタル面にも影響が出やすい精力減退は、その予防法を事前に知ることが重要です。

 

生活習慣の見直しやストレスとの関わり方など、薬に頼るだけでなく、手軽な方法で予防することができます。

 

「精力減退してきたなあ~」と感じる前に、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ