30代後半~40代へ向けた精力回復方法!自分に合った精力増強法を!

個人差はあるものの、一般的に男性は30代後半~40代にかけて、肉体的な衰えをひしひしと感じる時期ではあります。

この記事をご覧になっているということは、もしかしたらあなたも、最近精力の減退を感じていらっしゃいますね?

もちろん、中には例外の男性もいるかもしれませんが、そのような男性と自身の精力を比べて落ち込むということは意味のないことです。

例外の男性の方がおかしいので、比べること自体ナンセンスなのです。

しかし、この記事を読んでいるのであれば、精力を復活させたいと思っているはず!

 

ご安心ください、正しい知識の元、正しい方法を実践すれば、年代に問わず精力の回復は十分可能です。

 

10代の頃とまではいきませんが、精力を復活させることは少しの努力で容易に実現することが出来ます。

 

まずは、精力が衰える原因を見つけ、その対処方法を実践していくことで精力減退をくいとめ、いつまでも楽しいセックスライフを送ることが可能です!

【精力が減退する理由は男性ホルモンの分泌量の低下】

まず、男性が男性らしい肉体を維持するために必要なものが、男性ホルモンの一種であるテストステロンと呼ばれるものです。

 

一般的にこのテストステロンは、20代、あるいは30代をピークに減少を始めます。

 

 

このテストステロンは、男性が男性らしい肉体を維持するために必要なホルモンですが、ペニスの勃起、精力、そして精子の質などにも密接に関わりのあるホルモンなのです。

 

つまり、このテストステロンの分泌量が減少してしまったら、精力は減退してしまいます。

 

個人差はありますが、このテストステロンの分泌量の減少というのが、精力減退には密接に関係があります。

しかし、テストステロンの分泌量の減少に関しては、例えば、筋トレをするなど男性らしい肉体を維持しようと努力をすることで、減少するスピードを抑制することが出来ます。

 

 

そのため、休日はごろごろして偏食が大好きな40代と健康的に過ごしてきた70代の男性のテストステロン分泌量が同等 というケースも存在するのです。

 

テストステロンに関しては、以下の別記事で詳細解説していますので、合わせてご覧下さい。

⇒即効性のある精力剤の副作用や危険性は?被害に遭う前にリスク管理を!

 

【精力が減退する理由はストレス】

30代~40代にもなると社会人として、上司と部下の間に挟まれ、しかも20代の頃と比べられない程重要な仕事を任されるケースが多々あります。

 

また、結婚をしているのであれば、悠悠自適な独身時代とは異なり、家に帰ったとしても本当に心から安らぐというのは難しいかもしれません。

 

結婚した当初は可愛いお嫁さんでもそろそろ顔を見るのもうんざり、なんてこともあるでしょう。

 

さらに、子供もできていれば、将来のことを考えて、お小遣いを切り詰められる、マイホームをローンで購入したらローン返済など、とにかく頭を悩ませることが多くなる時期です。

 

このような30代~40代の男性にストレスを感じるな、というのは土台不可能な話です。

 

ストレスがたまると体に多くの不調をきたすことが多々あります。

 

例えば、慢性的なストレスは、自律神経の乱れにつながります。

自律神経失調症とかが有名ですが、自律神経が乱れるとホルモン分泌量にも影響をきたします。

 

自律神経のバランスを整える脳の器官とホルモン分泌を司る脳の器官は非常に近くにありますので、どちらかが乱れると影響されて乱れるのです。

 

つまり、ストレスは百害あって一利なしなので、きちんと発散をしないと精力うんぬんよりも深刻な病気になるケースもあります。

【食生活の乱れ】

食生活の乱れにより、精力が衰えることがあります。

偏った食生活を送っていれば、当然ですが男性ホルモンは正しく生成されません。

 

また、中年男性に起こりがちな問題が、糖尿病です。

糖尿病というのは血液内のブドウ糖の濃度、血糖値が慢性的に高くなる病気です。

 

ブドウ糖というのは体を動かすためには必要なエネルギー源なのですが、これが慢性的に多いとブドウ糖が細胞に悪さを働き、細胞を劣化させていきます。

 

特に糖尿病は血管の劣化を促しますので、勃起不全などになるリスクが高まります。

 

糖尿病になりやすい男性というのは肥満体型の男性が多いのですが、内臓脂肪などは男性ホルモンを女性ホルモンに作り替える機能があり、標準体型の男性よりも分泌される男性ホルモンの量というのが少なくなります。

さらに油っこいものが好きなのであれば、血中コレステロール値が高くなります。

そのため、血液がスムーズに流れなくなりますので、動脈硬化などの原因にもなります。

【飲酒&喫煙】

お酒に関しては、たしなむ程度ならいいのですが、アルコールは本来毒なので、肝臓で無毒化しなければなりません。

 

過度に肝臓を酷使していると肝機能が低下していくのですが、肝機能というのは男性ホルモンの減少につながりますので、最終的には精力減退となります。

また、過度に飲酒をしていれば脂肪肝というものになり、この脂肪肝が悪化することで肝硬変などにもなります。

 

脂肪肝に関しては太りすぎでも起きます。

 

つまり、肥満というのは精力減退に非常に関わりのあることです。

 

 

 

喫煙に関してもタバコには、ニコチンという依存性の高い成分が含まれています。

ニコチン依存症になると、性欲よりも手軽な手段で快楽を得ることができますので、わざわざセックスをするために男性ホルモンを分泌しなくてもいいのかもしれないと脳が判断をしてしまい、精力減退につながります。

 

もちろん、血管の収縮の原因になり、毛細血管の多くが詰まることで勃起不全にも発展します。

【精力を回復する方法】

精力を回復するためには、食生活の改善、肥満の予防、禁酒と禁煙が重要になります。

特に食生活というのは重要であり、また肥満の予防というのが重要になってきます。

 

〔食生活に関して〕


食生活に関してですが、まず暴飲暴食のような食べ方というのは絶対にやめましょう。

暴飲暴食がストレス解消の手段になっている場合、精力減退につながる原因になります。

 

確かに、暴飲暴食をすることで脳内のセロトニンという物質が多量に分泌されて一時的にストレスが緩和されます。

 

しかし、わざわざ暴飲暴食をする必要はなく、普段の食事をよく噛んで食べる癖をつけることで、セロトニンは分泌されやすくなりますので、暴飲暴食の癖がある方は、よく噛んで食べる食生活に移行しましょう。

 

また、食事ですが、亜鉛などを積極的に摂るようにして、肉や炭水化物、塩分の多い食事というのは避けた方がいいでしょう。

もちろん、炭水化物一切の摂取を止めろというわけではなく、ラーメンライスやお好み焼きにご飯のような炭水化物+炭水化物を避けましょう。

 

肉などが好きな方は、魚や大豆などを積極的に食べるようにしましょう。

人間というのは、不足している栄養素というものを異常に食べたがります。

栄養素が不足している場合、すぐに空腹になることもあります。

そのためバランスのとれた食生活というのが重要です。

〔肥満の予防〕


肥満状態というのは、前述しましたが男性ホルモンの減少につながります。

また様々な病気の原因になり、動脈硬化から心疾患、脳血管疾患などの即死コースがありますので、脂肪をいかに減らすかが重要です。

男性の場合は、女性と異なり、内臓脂肪の方が付きやすくなります。

この内臓脂肪に関しては全身運動などの有酸素運動を毎日続けることで、早く燃焼させることが出来ます。

ぽっこりお腹の方は、是非とも有酸素運動をしてください。

【精力増強効果のあるサプリを使用する】

生活習慣の見直しで、精力の減退を食い止めることができますが、衰えた精力を回復するには、精力剤などに頼るのが効果的です。

しかし、精力剤に関してはセックスをする前に飲めばそれなりに効果を発揮しますが、即効性がある反面、効果も短期的になってしまいます。
それでは、衰えた精力の根本的な回復や増強にはなりません。

 

そこで、精力増強効果のあるサプリを一定期間採る事で、長期的に安定した精力増強を狙います。

 

 

精力増強サプリに関しては、健康補助食品であり、即効性はなく毎日の摂取が必要なのですが、その分、効果は使用を続けることでアップしていきます。

 

しかし、変なサプリを飲んでも効果も意味もほとんどありません。

 

そこで当メディアで、人気のある精力増強サプリを激選~それぞれの特徴や効果を分析、ランキング形式にまとめました。

 

⇒今話題の精力増強サプリ人気ランキング

ページトップへ