勃起しても硬さが・・・硬いペニスにする方法6選!

【ペニスをノーリスクで簡単に硬くするには?】

あなたは、勃起時のペニスに硬さが足りなくて悩んでいますか?

安心してください。

年齢を問わずペニスを硬くする事は可能です。

 

ただしそれを実現するには、正しい知識の元、正しい手法を実行する事が、とても重要になります。

 

ですのでここでは、そのペニスを硬くするのに必須の正しい方法を何パターンかに分けて紹介していきます。

 

正しい知識の元、確実にあなたのペニスを硬くして行きましょう☆

 

【勃起の仕組み】

banana-1238715_960_720まず、簡単に勃起の仕組みを理解しておく事は、硬いペニスを手に入れる上でとても重要です。

ペニスそれ自体には骨などはありません。

ペニスは海綿体と呼ばれるスポンジのような組織でできています。

 

海綿体はどのようなチントレをしても、海綿体それ自体は鍛えることは不可能なのです。

 

では、どのようにして勃起するのでしょう?

まずは、勃起のメカニズムを見ていきます。

 

ペニスは大量の毛細血管が集まっています。

veins-665093_960_720

この毛細血管の中に血液が流れこむことで、勃起します。

 

この血液が流れるのは自身でコントロールする方法はありません。

 

急に勃起して困ったという経験があるとは思いますが、健康であるならばきちんと勃起をします。

また、血液は常に流れていますので、ペニスの毛細血管に風船へ水を入れるように常に血液を留めることはできません。

 

つまり、勃起させるには、常に血液を大量にペニスへ流し込み続ける必要が出てくるのです!

clause-370933_960_720

 

【硬いペニスにするには?】

勃起の仕組みを理解した上で、そろそろ本題に入って行きましょう。

 

結論から書いてしまうと、硬いペニスにする方法の核心は、ペニス(陰茎)に流れる血流の量を増やせばいいのです。

 

businessman-607780_960_720つまり、血管の太さを太くしなやかにして、大量の血液を常にペニスへ送ることが出来る心臓、そして、水のようにスムーズに流れる血液、この三役がそろって硬いペニスが出来上がります。

 

その血流の流れはペニスの増大効果も兼ね備えますので、この流れを作り上げれば、あなたのペニスは「硬さはもちろん、サイズも今よりアップさせる事が可能」です。

 

そしてこの陰茎に流れる血液の量を、簡単かつ物理的に増やし、ペニスを硬く増大する簡単な方法があります。

 

それは、陰茎の血流を促す成分「L-シトルリン」の配合率が高いサプリを服用するだけです。

 

⇒効果絶大!陰茎血流促進サプリでペニスを硬くする!

 

※これは手軽で一番オススメの方法なので、当記事の[後半部分]で更に詳細解説しています。

【PC筋を鍛える】

いわゆるチントレというものです。

mushroom-35596_960_720PC筋は恥骨尾骨筋というもので、陰茎の近くにある筋肉です。

 

このPC筋ですが、鍛えることでペニスに3つの効果を発揮します。

それはつまり、

egqgq1.体内に埋もれているペニスを外へ押し出す。

2.大量の血液をペニスの海綿体へ送ることが出来るようになる。

3.そして最後は、ペニスから戻る血液の量を少なくするという働きです。

 

ちょっと肛門を締めてみてください。

5秒間です。

そのあと5秒間ゆるめてください。

簡単ですよね?

それがPC筋を鍛えるベストな筋トレです。

寝ていても座っていても、立っていてもできるトレーニングです。

i-741507_960_720

 

「締める緩める」を10回1セットとして、朝、昼、晩、寝る前に計4セットおこなうと、早ければ3週間程度で効果が出てきます。

 

もちろん、筋トレですから継続して行わないと効果がありません。

ただ、怪しげなトレーニングよりも、効率的なトレーニング方法です☆

 

【ED薬を使用する】

勃起不全を回復させる効果のある、いわゆるED治療薬を使うことで、ペニスを簡単に硬くすることが出来ます。

 

例えば、バイアグラですが元々は心臓の薬として開発されていたのですが、治験者達が薬の返却をしたがらず、理由を調べたところ、主成分のシルデナフィルにペニスの勃起効果があり、それを治験者達が実際に体感した事が原因と分かりました。

そんな経緯から、ED治療薬として現在の商品化に至ったのです。

 

そんな秘話があり、実際に効果も高いバイアグラですが、その代わり、当然副作用があります。

arrhythmia-156099_960_720心臓にとても負荷がかかります。

心臓が悪い方、お酒との併用は死亡する可能性があります。

 

 

勃起不全だけど硬いペニスが欲しいという健康な方以外の使用はお勧めできません。

 

しかし、例えば心因性の勃起不全の場合にはこれらの薬は有効であり、勃起力を高めるものであるといえます。

 

心因性に関しては、セックスでの失敗、過度な緊張、不安、ストレスなどでペニスが正常に勃起しないわけです。このような方は薬を使用してもいいでしょう。

 

心因性の勃起不全は、若年層の方が顕著に現れますので、勃起支援、そして硬さアップのためには有用であるといえます。

 

前述しましたが、薬に関しては、勃起支援薬と考えるといいでしょう。

 

薬を使用することで勃起しやすい状態になるのです。

そのため、バイアグラを飲んだからといって、性的な興奮もなく勝手に勃起するというわけではありません。

性的興奮を感じて勃起をします。また勃起を抑えもとの状態に戻す酵素の分泌を阻害しますので、硬さを維持することができ、中折れしやすい方などの勃起の硬さ維持に不安がある方には有用です。

 

ED治療薬の使用は本来あまりオススメはできませんが、生活習慣、特に食生活と運動習慣を見直すことで、薬を比較的安全に使用することもできます。

 

ただ前述の通り、どんなに健康な人であっても、やはり乱用というのは心臓に負担がかかるものであり、勃起力を高めるためだけの理由でのED薬の使用は、大変危険なので十分注意をしてください。

 

【手術を受ける】

office-889884_960_720手術を受けてペニスを大きく硬くする方法があります。

最近では切らない方法があり、ペニスにバイオアルカミドという注射剤を使用するというものです。

半永久的に亀頭やカリを硬くすることが出来ます。

 

ただ、カリを中心にして亀頭が大きくなるという特徴を知っている人から見てしまえば、すぐにばれてしまいます。

そのような場合、少し恥ずかしいです。

user-37447_960_720

 

また、医療事故が100%ないとも言い切れませんし、自由診療なので高額な医療費が請求される可能性があります。

 

【食生活を和食に変える】

これは、血液、血管、心臓を整えるにはベストな選択です。

 

food-1257320_960_720

 

人間が不健康になる理由の一つが偏った栄養です。

バランスよく食事をしなければ人間の血液は粘度が高くなり、ネバネバの血液になります。

このネバネバの血液を体全体へ循環させるためには高い圧力が必要になり、血圧が高くなります。

また、このネバネバした血液は毛細血管へ入る柔軟性がなくなっていますので、毛細血管を傷つけてしまいます。

 

つまり、ペニスに集中する毛細血管へ血液が流れにくくなってしまいます。

 

ペニスを硬くするために必要な血液の量がすくなければ、ふにゃふにゃしたペニスになるのは、火を見るより明らかです。

 

食事に関してですが、和食を中心にした、健康食というのが理想的です。

 

野獣身あふれるペニスにするには肉では、と思うかもしれませんが、栄養学的に肉には野獣身あふれるペニスになる効果はありません。

 

青魚にはEPAという成分が含まれていて、これには血液をサラサラにする効果があります。

納豆にも血液に有用なナットウキナーゼという成分が含まれています。

arrows-762191_960_720

 

ちなみに、魚を中心とした食生活をしている日本人のペニスと欧米人のペニスの硬さを比較したら、魚を中心とした食事をしている日本人の方が硬いペニスであるとの報告もあります。

 

つまり、昔ながらの和食というのが、野性味あふれるペニスになる食事なのです。

 

【運動をする】

marathon-1236351_960_720どんなに素晴らしい食生活を送っていても運動をしなければ、ペニスは硬くなりません。

 

運動をすることで心肺機能が高まるうえ、体に有害な毒を排出することが出来ます。

 

user-37448_960_720心肺機能が高まるということは、セックス時に息切れをしない、ペニスへの血流を多く流すために心臓が圧力を高めやすくなるという効果があります。

 

また、健康的な食生活を送っていても全く動かなければ栄養はすべて脂肪として体に蓄積されます。

この結果、血液がドロドロになってしまうのです。

ペニスを硬くさせるのであれば、運動は必要不可欠です。

 

L-シトルリン高配合サプリでペニスの血流を促進しよう!】

capsule-1079838_960_720食生活を整えることで、血液がサラサラになると申しましたが、今のご時世、和食中心の食生活は難しいと思います。

 

まず和食の材料を集めるということが難しい、調理が難しい、毎日和食だと飽きる。

 

これらの理由からすぐに挫折してしまう可能性が非常に高い! 健康になることは難しいのです!
pills-161087_960_720

そこで登場するのが、サプリメントです。

 

サプリメントで効率良く体に有用な栄養を摂って行けば、飲むだけなのでとても楽ですよね☆

 

当然調理をする必要もありませんし、運動のように時間も気合もいりません(笑)

 

hrhrwそして、サプリメントの中には「陰茎の血流を促進させる効果の高い専用サプリ」というモノが存在します。
これは「L-シトルリン」という成分が主に
ペニスの血流を促進させるのですが、他の有効成分として「すっぽん」や「マカ」など天然由来の成分が配合されている商品は、滋養強壮や精力回復にも同時に効果を発揮します。

 

更に、こうしたサプリの中には、ペニスの勃起力や硬さアップには必須だが、高価で手に入れにくい貴重成分を激選抽出&凝縮して販売している優良商品もあります。

 

つまり、ペニスの硬さをアップさせる最短の方法は、通常の栄養補助サプリで体内環境を整えつつ、

陰茎への血流促進を一気に高める「L-シトルリン」高配合専用サプリを服用する事です。

hand-1106934_960_720

 

ちなみに、L-シトルリンに関してですが、これはウリ科、例えばスイカやメロンなどから抽出することのできる成分です。

以前はあまりにも効果が高かったので医薬品の指定を受けていたのですが、見直しになり医薬品指定が解除されて健康食品であるサプリメントに配合されるようになりました。

 

これは逆に言えば、

 

陰茎の血流促進~ペニスの硬さと勃起力を実現出来る、副作用の無い天然成分の中では、「L-シトルリン」が最も即効性があり優れている

という事も出来ます。

 

※ちなみにL-シトルリンの他に、単に「シトルリン」と呼ぶものもありますが、L-シトルリンは天然由来の成分であり、シトルリンは天然由来ではないシトルリンという違いだけです。

 

※当サイトでは「L-シトルリン」高配合サプリメントについての特集を過去に行ったことがあるので、こちらも参考になると思います☆↓

 

⇒「L-シトルリン」高配合サプリランキングはこちら☆

サイズがあっても硬さが足りないと悲惨な目に・・・

 

一通りペニスを硬くする方法を紹介して来ましたが、

参考までに「ペニスの硬さが足りないと、どういうデメリットがあるのか」考えて見ましょう。

 

セックスをする際は常に反り返るくらいの硬さが欲しいというのは、ここまで読み進めたあなたなら異論は無いと思います。

 

実は、セックス中に中折れしたりふにゃちんになってしまったら、小さなペニスよりも恥ずかしい目にあいます。84e2d9b191281728ac0fbbb68d40e41c_s

 

また、中折れになってしまうと女性としても面白くないのは当然です。
男性の年齢が若ければ女性は「私に魅力がないのかしら」と思われてしまいます! 若くない男性なら、逆に気を使われてしまうかもしれません。

 

最悪の場合、それが原因で「女性からフラれてしまう」というケースも十分に考えられるでしょう。

geaghargh

 

しかも、中折れが原因でセックスに対する自信を失ってしまったら、勃起不全(ED)となる可能性が高くなります。

 

男性側も、ペニスの大きさと同じくらい、硬さも気にしなければマズいのは理解している人は多いですが、こうした見落としがちな理由もしっかり認識しておく事は、実はとても大切な事のです。

 

【まとめ】

notepad-117597_960_720男性のシンボルであるペニス。

日本人であれば反り返った日本刀のような、一撃のもとに女性を落とすペニスは持っていて損はありません。

 

ペニスを硬くするための方法は、

・PC筋を鍛える。

・ED治療薬を使用する。

・手術を受ける。

・和食を中心にする。

・運動をする。

・陰茎の血流促進効果の高い「L-シトルリン」高配合サプリメントを使用する。

 

などがあります。

 

hrahraこの中で推奨されるのは、陰茎の血流促進効果の高い「L-シトルリン」高配合サプリメントの服用をしつつ、PC筋を鍛えることです。

なぜなら、副作用のリスクがなく、安全そして手軽に実行することが出来るからです☆

 

textile-990916_960_720あなたのペニスに硬さが加われば、それだけで女性はあなたから離れられなくなります。

 

必ず実現して、最高のセックスライフを思う存分楽しんで下さい☆

 

⇒効果絶大の陰茎血流促進サプリでペニスを硬くする!
⇒期間限定!1箱を無料でもらう☆

 

ページトップへ