即効性のある精力剤の副作用や危険性は?被害に遭う前にリスク管理を!

【精力剤の副作用や危険性を知ろう】

精力を増強させる商品は、大きく分けると即効性のある精力剤と即効性のない精力サプリです。

即効性のある精力剤に関してですが、興奮剤になりますので、すぐに効果が現れますが、その効果は長時間持続しません。

 

また興奮剤というのは自律神経の交感神経を刺激して無理やり心拍数を上げる効果などがありますので、様々な副作用というものがあります。

 

もちろん、用法と用量をきちんと守って使用すれば、セックス中に中折れをする確率は低くなるのですが、用法と用量を守らずに飲んでしまった場合、副作用によってセックスどころではなくなるケースもあります。

 

 

また、長期的に連続して使用するのであれば、命を縮める可能性もありますので大変危険です。そのあたりをしっかりと肝に銘じて服用することが重要になります。

 

今回は、そんな即効性のある精力剤の危険性や副作用、被害等について紹介をしていきます。

リスク管理をしっかりと行わないと、どうなるのか?

 

 

じっくりと見て行きましょう。

 

【即効性のある精力剤とは?】

即効性のある精力剤というのは、例えば、栄養ドリンクのような一回使用したらそれで終わりというものです。

 

コンビニなどで販売されているのは、栄養ドリンク程度の働きしかありませんので、当然ですが、そこまで高い効果は望めません。

 

疲労回復程度で使用することをおすすめします。

 

では、即効性のある精力剤はどこで販売されているのかと言えば、下記で紹介しているあかひげ薬局のオンラインサイトなどで購入することが出来ます。

 

⇒あかひげ薬局ONLINE-SHOP

(※商品によっては店頭販売のみ。要署名捺印)

 

このような専門店で購入できる即効性のある精力剤に関しては、医薬品として使用されている成分が含有されています。

 

そもそも、医薬品として使用されている成分が含有されていないのであれば、はっきり言って即効性のある精力剤としては成立しません。

 

 

仮に効果があると思ってもそれは、プラシーボ効果(偽薬効果)、つまり思い込みからくる自己暗示にすぎません。

 

即効性のある精力剤に含まれる成分に関しては、例えば代表的なものにヨヒンビンなどがあります。

これは非常に危険な副作用を持ちますが、性欲増進効果や興奮剤としての効果があります。

また、陰茎の血管を拡張する効果がありますので、勃起しづらいという男性が使用した場合、勃起しやすくなります。

 

しかし、これは医薬品の成分になりますので、体質に合わない場合、もしくは過度に使用しすぎた場合、副作用というのが確実にあります。

先に紹介したあかひげ薬局のオンラインショップでも、ヨヒンビン含有商品は店頭販売のみ(+署名捺印)でしか手に入らないというのは、それなりの理由がある訳です。

 

誤解しないで欲しいのですが、医薬品として販売されているものには確実に副作用というものがあります。

 

 

例えば、風邪薬ですが、あれは眠くなる副作用が存在していますよね。

即効性のある精力剤には、必ず医薬品の成分が含まれています。

 

即効性を出すためには、医薬品に指定されている成分を含まない限り、確かな効果というものが得られないのです。

 

【即効性精力剤の副作用や体への具体的な被害】

前述したとおり、即効性のある精力剤には、医薬品として用いられている成分が含まれています。

 

医薬品として用いられているということは、臨床試験などを経て効果が確実にあるとされているのですが、当然ですが副作用も確実にあります。
副作用や身体に何かしらの被害があるので、その危険性から一般販売というのが禁止されているわけです。
そのため、コンビニなどでは購入するのは不可能といえます。

 

では、具体的な副作用についてですが、下記のようなものがあります。

・興奮
・震戦(筋肉が収縮したり弛緩したりを繰り返す状態)
・動悸
・血圧の上昇
・震え
・頻脈
・不安感
・吐き気
・食欲不振
・発疹
・発赤
・幻覚
・腎不全
・頭痛
・めまい
・虚脱感
・心拍異常
・視覚異常
・鼻詰まり

 

これらが、一般的な副作用として存在しています。

危険性は、少ないものから大きいものまで実に様々です。

 

即効性のある精力剤に関しては、自律神経へ作用して過剰な興奮を抑える作用を一時的に遮断します。

その結果として短時間のうちに激しく興奮することが出来ます。

 

 

また、血管を収縮させる自律神経も一時的に働きがマヒしますので、大量の血液が体中を流れることになります。

しかし、本来は抑制されるレベルの興奮をするので、心臓をはじめ筋肉、血液の流れに、当然ですが無理が出てきます。

 

そのため、上記のような副作用というのが現れてくるのです。

 

漫画のワンピースを知っている方なら、主人公のモンキー・D・ルフィーのギア2の状態であると考えていただければ、イメージしやすいかもしれません。

 

医薬品の成分が含まれている関係上、他の薬との飲み合わせを考えないと死亡する可能性というのは否定することはできません。

 

もちろん、病気などを抱えている人が即効性のある精力剤を使用する場合、副作用の被害が強く出る可能性がありますので、何らかの慢性的な疾患を抱えている場合、また女性に使用する場合は授乳をしている人などには使用することが禁じられています。

 

用法と用量を守って使用すれば、副作用により命を落とす心配というのはありませんが、過剰に摂取した場合、心停止を起こすこともあります。

 

お笑い芸人の江頭2:50さんは、バイアグラを用法と用量を守らずに一気飲みしたうえに酒を飲んで、死にかけたという事件を起こしていますので、たかが精力剤だから問題ない、自分のことは自分が良く知っている~などという慢心から、用法と用量を守らず独自の基準で飲んだ場合、危険どころか死亡する可能性があります。

 

 

長期の服用も避けた方がいいでしょう。

 

コーヒーなどに含まれている興奮物質であるカフェインですが、これを過剰に摂取した場合、急性カフェイン中毒というものを起こします。

そして、慢性的に大量のカフェインを常飲した結果、死亡したという事例が世界各国でありますし、日本でも起きています。

つまり、安全性の高いカフェインであったとしても慢性的に摂取していると死ぬ可能性があるのです。

 

ということは、医薬品の成分が含まれている即効性のある精力剤を慢性的に使用するというのであれば、当然カフェインよりも死亡する危険性があります。

 

 

さらに、副作用の中に腎不全というものがあります。

腎臓というのは体内に入った毒物を解毒する作用がある臓器ですが、慢性的に医薬品の成分が含まれている即効性のある精力剤を使用していれば、腎臓の機能は低下していき、最終的には機能してくれなくなることもあります。

 

その結果として人工透析という治療を常に行う必要というのが出てくることもあります。

 

 

このように、即効性のある精力剤は、基本的にリスク管理ができる健康な人専用で、そうでない人が安易に使用すると何らかの副作用が必ず顕著に現れますのでオススメは出来ません。

 

また、用法と用量を守って使用できるような人でなければ危険です。

 

【安全に精力を増強させるなら精力増強サプリ】

安全に精力を増強させたいのであれば、精力増強サプリの方が優れています。

 

こちらには、医薬品の成分が含まれてはいないので、即効性というのはありません。

サプリというのは健康補助食品になりますので、薬ではありません。

そのため、副作用というものがないのです。

 

しかし、即効性はないのですが、長期間服用していくことで精力というのは確実に増強していきます。

 

つまり、命を懸けてまで即効性のある精力剤に頼らずとも、2~3ヶ月の服用で問題なく勃起することが出来る~というわけです。

 

当サイトの過去記事に、効果が高いとちまたで噂になったり、人気のある精力増強サプリメントを選別&分析した特集記事があるので、こちらも参考になると思います↓

 

特に効果のある精力サプリを紹介していますので、安全な方法で確実に精力をアップさせたいあなたにオススメです。

 

⇒効果の高い精力増強サプリ人気ランキング☆

ページトップへ