バイアグラ・シアリス・レビトラの効果や違い、副作用~購入時の注意点まとめ

もしや最近、「思うように勃起しない・・・、もしかしたらED!?」と悩み、ED治療薬の使用を考えていませんか?

バイアグラなどのED治療薬を使用してみたいけれど、副作用とかはやはり心配だと思います。

 

そんなあなたも、このページを見ることでこれらED治療薬の具体的効果や副作用、購入(個人輸入含む)時の注意点~等が全て分かります。

 

また、ED治療薬に頼らないEDの治療方法も紹介していきます。

 

割と長い記事になりますが、それだけにこの記事を最後まで読めば、「バイアグラ・シアリス・レビトラ」に関しては、「これだけ知っていれば十分!」と言って差し支えないでしょう。

 

また、ED治療薬に頼らない治療方法の項目では、身体に負担を掛けない方法を紹介していますので、「やっぱり自然な勃起力を回復させたい・・・」と思うなら必読です。

ED治療薬の知識はもちろんですが、根本的な正しい勃起力回復方法を知り、再び楽しいセックスライフを送れるようになりましょう。

 

[EDの原因は?]

まずはじめに、ED治療薬を紹介する前に、EDの原因を簡単に解説したいと思います。

EDの原因は、

・器質性ED
・心因性ED

この2種類です。

器質性EDは、運動不足をはじめとした生活習慣の乱れが原因で血管系の柔軟性がなくなるなどの肉体的問題により起こるEDです。

一方、心因性ED自律神経失調症・うつ病、多大なるストレスが原因で起こる精神面が原因のEDです。

器質性EDと心因性EDの両方に、ED治療薬は改善効果を発揮します。

しかしながら、勃起をするようになるからといっても、器質性EDと心因性EDの根本的な原因を取り除かないかぎり、EDは完治(根治)しません。

 

たとえば、心因性EDであればストレスを取り除いたり、専門のカウンセラーとのカウンセリングをしたりすることでEDの完治を目指すのが一般的です。

[ED治療薬と勃起のメカニズム]

[勃起のメカニズム]
まず、男性のペニスはどのような手順で勃起をするのかを紹介します。

ペニスに性的な刺激を与えられることで、脳に性的な刺激が与えられているという情報が伝わります。

そして、脳が性的な刺激であると認めたら、ペニスに勃起するように命令を伝えるのです。

 

そうすると、血液中に血管を拡張する効果のある一酸化窒素が分泌されます。

内皮型一酸化窒素合成酵素が分泌されると「環状グアノシンーリン酸(cGMP)」という成分が生成されます。

ペニスはスポンジのような海綿体という組織によりできており、そこへ動脈から血液が流れこむことで勃起します。

 

勃起をしていないときのペニスは海綿体平滑筋という筋肉により動脈が圧縮され、同じく海綿体平滑筋により海綿体に血液が流れないようになっているのです。

この結果、ペニスは空気の抜けた風船のような状態になっているのです。

 

cGMPは、海綿体平滑筋という筋肉を弛緩させるため、ペニス内の動脈が拡張されます。

そうすると血液が大量にペニス内に流れ込み、海綿体に吸収されることにより勃起をするのです。

 

これが、勃起するメカニズムです。

 

 

しかし、ペニスが勃起をすることで動脈が圧迫されて一時的にペニスの血流がせき止められます。

この状態が長時間続くと、ペニスがうっ血して壊死してしまいますので、勃起状態を戻す、つまり、cGMPを分解する酵素である5-ホスホジエステラーゼ(PDE-5)が分泌されるのです。

この結果、cGMPが分解されてペニスの海綿体平滑筋が元の状態に戻り、ペニスへの血流量を調整します。

EDの方の場合は、cGMPを分解するPDE-5の働きの方が常に優位の状態を保っています。

つまり、性的刺激を受け、脳から勃起するように命令が下ったとしても、PDE-5のせいで分泌されるcGMPが即座に破壊されてしまい、血管が正常に拡張されなくなります。

 

[ED治療薬と勃起]
現在、医学的に効果が認められているED治療薬のすべてが、服用することでPDE-5の働きを阻害することにより、cGMPの働きが正常化し勃起をするのです。

 

詳しくいうのであれば勃起しやすい状態になるわけです。

そのため、ED治療薬というよりは、勃起補助薬とした方が表現的には正しいでしょう。

[日本で認可されているED治療薬について]

日本で現在、厚生労働省から認可を受けているED治療薬は3種類あります。

 

・バイアグラ
・レビトラ
・シアリス

バイアグラについては、特許が切れています。

そのため、バイアグラは日本国内で正式にジェネリック医薬品(後発医薬品)を製造することが認められているのです。

 

複数の製薬会社から、バイアグラとは名前が異なるも、バイアグラと同等の効果、主要成分が含まれているジェネリック医薬品が製造販売されています。

 

ジェネリック医薬品の方が、先発医薬品であるバイアグラよりも安価な値段で購入することができます。

 

[バイアグラについて]

バイアグラは、世界で初めてEDの治療効果があると正式に認められた医薬品です。

 

1998年にアメリカでファイザー株式会社が製造販売を始めました。

バイアグラはアメリカの男性たちに夢の薬として非常に重宝され、その話題はすぐさま日本へ伝わり広がりました。

日本では翌年の1999年に厚生労働省により許可を受け、ファイザー株式会社により販売が開始されました。

現在、日本では、
・25mg
・50mg
この2種類しか販売されていませんが、外国では100mgというのも存在します。

日本の場合、効果が薄いのであれば50mgが2錠処方されますので、100mgのバイアグラを購入しなくても問題はないでしょう。

ED治療薬の原点であり、他のED治療薬が販売されている現在においても、その地名度や信頼性は高く、ED治療薬の代名詞のような存在です。

 

余談ですが、バイアグラの有効成分のシルデナフィルは、狭心症の薬としてイギリスで開発が進められていました。

しかし、臨床実験の段階で狭心症の薬としての効果はいまいちであり、試験は中止され回収されます。

 

ですが、治験者の中に、なぜか返却を断るものが続出し、理由を尋ねたところ「EDが治った」というので、シルデナフィルはED治療薬へ転用され、世界で初めてのED治療薬であるバイアグラが誕生したのです。

 

 

├ [有効成分と効果時間について]

バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。

シルデナフィルの効果は、PDE-5阻害効果であり、この結果として勃起がしやすくなります。

効果時間については、服用後30分程度で勃起しやすいコンディションになります。

服用後1時間で効果はピークを迎えます。

そして、効果持続時間は4時間~5時間程度です。

 

比較的即効性があるのが特徴です。

 

├ [服用方法と食事の影響]

バイアグラは、性行為の1時間前に飲む必要があります。

特に空腹時に飲むことで吸収率がアップします。

胃の中に食べ物が残っているとバイアグラの吸収率に影響がありますので、もっとも高い効果を期待するのであれば、空腹時に服用し、食事を避けるべきです。

 

もし、女性とのデートで食事をした後に性行為を考えているのであれば、食事の前に服用しておくといいでしょう。

大人のデートといえばアルコールは必須です。

少量のアルコールならば精神安定作用がありますので、バイアグラの効果を高めることができます。

そのため、たしなむ程度のアルコールであれば、バイアグラとの相乗効果により効果が高くなるでしょう。

 

しかし、過度に飲酒してしまいますとアルコールによって神経伝達機能がマヒしますので、脳から勃起しろ」という命令が適切にペニスに伝わらなくなります。

 

つまり、勃起補助薬であるバイアグラを飲んだとしても勃起しにくくなります。

 

また、食事の後に服用するのであれば、2時間程度のインターバルをあけなければ、バイアグラの効果が出にくくなったり、効果持続時間が短くなってしまう可能性があります。

 

├ [1日の摂取量について]

1日1回決められた量しか服用してはいけません。

連続服用は厳禁です。

24時間のインターバルをおいて再度服用しなければ、心臓に影響を及ぼし血圧低下などを起こすことがあります。

 

以前、お笑い芸人の方が、大量のバイアグラをアルコールと一緒にのみ昏倒した事件が起きていますので、服用のルールは厳守してください。

 

100mg以上飲んだとしても、それ以上の効果というのは出ず、逆に命に係わります。

 

├ [禁忌]

バイアグラを飲む際、

・硝酸剤(ニトログリセリンなど)
・一酸化窒素供与剤
・塩酸アミオダロン

を服用している場合は、バイアグラとの効果により血圧が下がり過ぎてしまい、死亡する可能性がありますので注意をしましょう。

 

硝酸剤ですが、心臓の冠状動脈拡張効果があり、心筋への血液の流れを良くする効果があります。

同時に血圧を下げて心臓の負担を和らげる効果を持ち、狭心症・心筋梗塞などの心臓の疾患に使用されます。

塩酸アミオダロンの循環器系疾患の治療に利用される薬です。

 

この薬は、もともと狭心症などの薬として開発されていますので、バイアグラと併用しますと失神発作や生命に関わることがあります。

つまり、バイアグラは心臓に疾患を持っていて、薬を服用している場合、相乗効果を与えてしまうのです。

 

もともと、狭心症の薬として開発されたものですから仕方のないことです。

 

├ [副作用]

バイアグラは医薬品であり、副作用が存在します。

・鼻詰まり
・鼻血
・消化不良
・目の充血
・動悸
・色覚異常
・勃起持続症
・突発性難聴
・狭心症

 

 

副作用の中で「勃起持続症」「突発性難聴」「狭心症」が重篤な副作用としてあります。

 

その他の副作用については、バイアグラを飲んだ場合、高い確率で起きる症状であり、バイアグラの効果が出てきたサイン程度と考えるといいでしょう。

 

勃起持続症ですが、これは4時間以上ペニスの勃起した状態が続くものです。

ペニスの動脈が破裂して、大量の血液が海綿体に吸収されることで起きる症状です。

12時間~24時間以上、勃起した状態が続きますと、海綿体が再生不能のダメージを受けてしまうので勃起障害になる可能性があります。

 

├ [ジェネリック医薬品について]

バイアグラは、一般的にほかのED治療薬よりも安価で購入することができます。

それ以上に、バイアグラのジェネリック医薬品の方が安価な価格で購入することができます。

日本では2014年にファイザー株式会社の持っていた特許が切れたので、ジェネリック医薬品を作ることができ、バイアグラと同等の効果を持ち、なおかつバイアグラよりも飲みやすいバイアグラのジェネリック医薬品が発売されています。

 

特に「トーワ」というジェネリック医薬品は、水なしで飲むことができる優れものです。

 

[シアリス]

シアリスは現在、もっとも人気のあるED治療薬です。

2002年10月に販売されて以来、世界100か国以上で販売をされています。

1,000万人の人々に愛用されており、ついに2013年には全世界シェア42%となりました。

 

現在、世界市場を席巻、全世界で第1位の人気を確立しています。

日本では2007年から販売が開始されており、人気を集めています。

 

日本で流通しているのは、

・5mg
・10mg(効果持続時間:24時間~30時間
・20mg(効果持続時間:30時間~36時間

この3種類です。

症状により適切な量を選ぶようにしましょう。

 

適量以上飲んだからといって、効果が強くなるわけではありません。

 

また、50mg・100mgは存在していません。

 

全世界的に人気のあるED治療薬のため偽物が多く流通しており、6割以上が偽造品であるといわれています。

 

50mg・100mgと記載されていたら100%偽物ですので、覚えておくと便利です。

 

シアリスの人気の理由は、バイアグラやレビトラとは異なり、効果持続時間が最大36時間もあることが挙げられます。

つまり、金曜の夜に飲めば日曜日まで性行為をすることが可能なので、バイアグラやレビトラと比べ余裕を持った性行為をすることが可能になるのです。

├ [有効成分と効果時間]

シアリスの有効成分のタダラフィルは、PDE-5酵素の働きを阻害します。

また、タダラフィルは、ブロック状の分子楮をしていますので、体内に吸収されるまでの時間がかかる反面、効果持続時間がほかのED治療薬と比較すると段違いに長くなります。

 

そのため即効性はありませんが、遅効性に特化しています。

 

服用後3時間程度で効果があらわれ、勃起しやすいコンディションになります。

その後、最大36時間は勃起しやすいコンディションを保つことが可能です。

├ [服用方法と食事の影響]

遅効性のため、効果があらわれるまで3時間程度の時間が必要です。

そのため、性行為をする3時間程度前に服用することがベストです。

その後、最大36時間効果が持続しますので、夜に性行為をしたいのであれば朝の内に飲んでおいても問題はありません。

 

食事の影響ですが、少なからず受けます。

そのため、空腹時に服用をするのがいいでしょう。

ただ、食事をしたとしてもバイアグラやレビトラと比べると影響が少なく、700Kcal~800Kcalといった標準的な食事量であれば、食事の影響は受けません。

 

 

もちろん、空腹時に飲んだ時と比べれば、効果には差が出てきてしまうので、全く食事の影響を受けないというのは間違いです。

 

服用後に食事をする場合、服用してからすぐに食事をしてしまえば、食事の影響を受けて有効成分の吸収が遅くなり、効果が表れるまでの時間が少し長くなる可能性があります。

服用後に食事をするのであれば、30分以上のインターバルをおいて食事を摂るようにしましょう。

 

また、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は、有効成分に干渉してしまい、シアリスの成分が体外に排出されるのを阻害します。

その結果、シアリスの有効成分であるタダラフィルが体内に残留し続けることにより、副作用をはじめ悪影響が出る可能性が高くなりますので、グレープフルーツには注意をしましょう。

 

アルコールについてですが、ほかのED治療薬と同様、少量のアルコールならばリラックス効果があり、シアリスとの相乗効果を期待することができます。

 

しかし、過度な飲酒は神経伝達をマヒさせてしまい、脳からの勃起命令がうまく伝達されず効果があらわれにくくなります。

├ [禁忌]

シアリスは、
・硝酸剤(ニトログリセリンなど)
・一酸化窒素供与剤
・塩酸アミオダロン
との併用は禁忌とされています。

 

硝酸剤との相乗効果で血圧が低下してしまう可能性があります。

また、失神発作を起こし最悪死亡する可能性もありますので、注意をしましょう。

 

├ [副作用]

シアリスの副作用は、

・頭痛
・ほてり
・消化不良
・背部痛
・鼻詰まり
・眼痛
・結膜炎
・色覚異常

頭痛、ほてり、消化不良はよく確認される症状であり、背部痛、鼻詰まり、眼痛、結膜炎、色覚異常は確認されている症状です。

シアリスも薬ですから当然副作用があります。

 

しかし、バイアグラやレビトラと比較をした場合、副作用が起きるのは服用者の3割ほどです。

なぜ、ほかのED治療薬より副作用が起きる割合が低いかといいますと、遅効性であるからでしょう。

遅効性なので、体に有効成分がじっくりと馴染むので副作用があらわれ難いと考えられています。

 

├ [ジェネリック医薬品]

ジェネリック医薬品、つまり後発医薬品を作るためには、先発薬品であるシアリスの用法特許と物質特許が満期で切れる必要があります。

20年でこれらの特許が切れますので、日本ではシアリスのジェネリック医薬品は販売されていません。

しかし、インドはジェネリック医薬品の国際条約に準拠していませんので、インド国内であれば、シアリスのジェネリック医薬品を製造することが可能です。

 

インド製のシアリスのジェネリック医薬品として、

・タダリス
・メガリス
・タダシップ

などが、製造販売されています。

 

[レビトラ]

バイアグラとシアリスの陰に隠れてしまいがちのED治療薬です。

2003年にドイツのバイエル社にて製造販売され、翌年の2004年に厚生労働省に正式に認可され日本での販売が開始されました。

パッケージには炎のマークが描かれていますが、これはマッチをイメージしたものです。

「マッチのようにすぐに火がつく」つまり、即効性があることを意味したマークです。

 

 

バイアグラの効果は、食事に大きく影響を受けてしまいますが、レビトラはバイアグラと比較をすると食事による影響は受けにくくなります。

 

バイアグラの問題点を解決したED治療薬ですが、あくまで食事の影響が受けにくくなるだけであり、一切、食事の影響を受けないというのは誤解ですので注意しましょう。

 

日本では、

・5mg
・10mg(効果持続時間:5時間~6時間
・20mg(効果持続時間:8時間~10時間

この3種類が認められています。

しかし、5mgは効果持続時間が短いので取り扱う医療機関は少なくなります。

20mgから飲み始めてしまうと、体が薬にすぐに慣れてしまいますので、10mgから飲み始めていくのが良いでしょう。

 

├[有効成分と効果時間]

有効成分はバルデナフィルというものです。

PDE-5という勃起を抑制する酵素の働きを阻害する効果を持ちます。

効果時間は、服用後20分で勃起しやすいコンディションになります。

服用から40分~50分程度でピークを迎えます。

その後、5時間~10時間程度の効果持続時間があります。

 

水に溶けやすい性質を持っていますので、最高血中濃度に達するまでの時間が短く、結果として即効性があり、ED治療薬の中でもっとも早く効果があらわれます。

 

 

├ [服用方法と食事の影響]

性行為の1時間前に飲むのが、服用方法としてはベストタイミングです。

食事の影響は少ないのですが、全く受けないわけではありません。

そのため、効果を最大化させるためには空腹時に服用するといいでしょう。

食事の影響についてですが、700Kcal未満の食事(成人男性の標準的食事量)では、効果が左右されることがありません。

 

しかしながら、胃の中に食べ物があれば吸収率に影響がありますので、薬の成分を100%吸収するのに時間がかかり過ぎ、結果として効果があらわれるまでの時間がかかってしまったり、効果自体が弱くなったりする可能性があります。

食事をしてしまった場合は、2時間ほどのインターバルをおいて服用することで、食事の影響を受けなくなります。

 

アルコールについては、少量であれば精神安定効果を持っていますのでレビトラとの相乗効果を期待することができます。

そのため、少量のアルコールは推奨されています。

 

 

しかし、過度に飲酒してしまった場合、神経伝達がマヒしてしまい効果があらわれ難くなります。

また、こちらもシアリス同様グレープフルーツを食べる際には注意が必要です。

柑橘類の中で特にグレープフルーツには、フラノクマリンという成分が含まれています。

これは、薬に干渉して吸収率を高めてしまうため、レビトラの効果が強くなります。

そのため、副作用が強く発生する可能性がありますので注意をしましょう。

├ [禁忌]

レビトラを服用する際は、

・硝酸剤(ニトログリセリンなど)
・一酸化窒素供与剤
・塩酸アミオダロン

との併用は禁忌とされています。

硝酸剤などと同時に服用してしまうと相乗効果により血圧低下などの原因になります。

塩酸アミオダロンとの併用の場合、失神発作を起こし命に係わることがあります。

├ [副作用]

レビトラの副作用は、

・顔のほてり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・鼻詰まり
・消化不良
・光に対する過敏症
・下痢
・背部痛

このような副作用が確認されています。

 

顔のほてり、目の充血、頭痛、動機、鼻詰まりなどはレビトラの効果があらわれるときの目安になるほど頻繁に起こる副作用です。

 

問題は頭痛ですが、頭痛の場合は市販の頭痛薬を飲むことで回復します。

 

消化不良、光りに対する過敏症、下痢、背部痛などは確認されている症状ですが、前述の顔のほてりなどよりは発生頻度というのは低いといえます。

 

├ [ジェネリック医薬品について]

ジェネリック医薬品、つまり後発医薬品を作るためには、先発薬品であるレビトラの用法特許と物質特許が満期で切れる必要があります。

20年でこれらの特許が切れますので、日本ではレビトラのジェネリック医薬品は販売されていません。

しかし、これもシアリス同様、インドはジェネリック医薬品の国際条約に準拠していませんので、インド国内であれば、レビトラのジェネリック医薬品を製造することが可能です。

 

インド製のレビトラのジェネリック医薬品として、
・バリフ
・ジェビトラ
などが、製造販売されています。

 

ただし、インド製のジェネリック医薬品には発がん性物質が含有していて問題になったことがあります。

また、許可を受けた薬剤ではありませんので、効果や安全性についての保証はありません。

 

[ED治療薬を入手/購入する方法]

日本では医療機関にかかり医師から処方箋をもらい、手に入れるのが正規の方法です。

医療機関以外が通信販売などで販売をしている場合は違法業者です。

しかし、ネットを利用した個人輸入代行業者というものも存在します。

 

個人輸入代行業者は海外から輸入してED治療薬を販売します。

この場合、国内法適用外になりますので、利用したとしても法律で罰せられることはありません。

 

個人輸入代行業者は様々なED治療薬を比較的安価で販売していますが、購入をすれば「安物買いの銭失い」という言葉を実感できるでしょう。

 

個人輸入代行業者は「シアリス」のような非常に人気のあるED治療薬の場合、偽物を本物と偽って販売したり、日本では未承認のジェネリック医薬品を販売したりしています。

 

日本未承認のジェネリック医薬品の場合、国内未承認もしくは発がんする可能性があるとして禁止されている添加物が含まれていることがあります。

 

 

 

しかし、そのようなことには一切触れず、「シアリスのジェネリック医薬品ですよ♪」~などと、さも素晴らしいED治療薬のように、個人輸入代行業者は売りつけてくるのです。

 

個人輸入代行業者からの購入は命がけであると断言しておきます。

あなたは、命を削ってまで勃起したいですか?

 

[ED治療薬を使用しない方がいいケース]

ED治療薬自体は心臓に負担をかける成分は含有されていませんので、心臓に何かしら作用することはありません。

しかし、1時間の性行為は30分間のジョギングと同等の運動量があるとされている激しい有酸素運動になりますので、血圧や心拍が上昇します。

体中の血液循環能力が向上している状態で激しい運動をすると心臓に多大な負担がかかるのです。

 

つまり、肉体的に性行為が可能な場合は、ED治療薬を使用しても問題ないのです。

それが不可能な肉体の場合、心臓に負荷をかけてしまう可能性があり、寿命を縮めます。

 

また、禁忌とされている薬を飲まなければならない人もED治療薬は使用しない方がいいでしょう。

最悪、死亡する可能性があります。

 

 [ED治療薬が効かないケース]

ED治療薬を飲んだとしても、効果を発揮しない場合があります。

 

・食後の服用(過食・過度な飲酒)
・老化に伴う性的欲求の低下
・うつ病
・うつ病の治療薬を飲んでいる場合
・老化に伴う神経障害
・血管の機能低下(動脈硬化など)
・高血圧
・肥満

以上の場合、効果を発揮しません。

 

老化に伴う性的欲求の低下は、老化することにより異性に興味を持てなくなる状態です。

ED治療薬は勃起の補助をするだけの薬なので、精力が衰え、異性に性的興奮を覚えなければ勃起することはありません。

 

うつ病の場合も性的欲求がわきませんので、ED治療薬を服用したからといって勃起するとは限りません。

また、うつ病に使用される薬は元々EDを促す効果がありますので、ED治療薬が効果を発揮しにくくなります。

 

神経障害ですが、勃起の命令は脳からペニスへ伝わります。

そのため、糖尿病が原因の神経障害を患わっていれば、神経伝達回路が上手く作動せず、ED治療薬をいくら服用しても勃起をすることはありません。

血液循環が悪化、血管の柔軟性がない場合、ED治療薬を利用してもペニスへ血液が流れ込みにくくなります。

そのため、硬く勃起しませんし、持続力がなくなり中折れをすることになります。

 

そして、肥満ですが、太っているということは、それだけ体の体積が大きいということです。

そのため、一般人が飲むED治療薬の量では、効果が足らないというケースがあります。

[ED治療薬の誤解]

ED治療薬の誤解されている部分ですが、ED治療薬を飲んだからといって100%の方が勃起するとは限りません。

 

ED治療薬には、媚薬のように催淫効果があるわけではありません。

ED治療薬を飲んだからといってムラムラしてくるということは一切ありません。

 

また、精力剤のような効果を期待する方もいますが、ED治療薬はあくまでもPDE-5を阻害する薬ですから、精力増強効果というのもありません。

精力が完全に衰え、脳が異性に強い性的興奮をしなければ、cGMPは生成されませんので、PDE-5阻害剤であるED治療薬を飲んだとしても勃起はしないのです。

 

1日に何回も同じアダルト動画を見ていれば、その内、見慣れてしまい、初めて視たときと比べ勃起力が低下する現象と同じです。

 

つまり、ED治療薬とはPDE-5阻害剤であり、勃起をするためには、性的な刺激に興奮することのできる、精力と呼ばれるものが必要不可欠になります。

[ED治療薬が使用できない場合]

ED治療薬が使用できない場合、ED治療薬が効かないケースは、性行為を諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。精力回復効果のあるサプリメントを利用すれば、ED治療薬を利用せずとも、EDが回復する可能性があります。

 

精力サプリとは、精力増強効果のあるサプリメントです。

 

精力サプリは、精力剤のような興奮効果のある添加物によって無理やり精力を上げるのではなく、健康補助食品として徐々に体を健康な状態にしていき精力を上げる遅効性の精力剤と考えてもらって結構です。

 

 

また、精力サプリはあくまでも健康補助食品になりますので、ED治療薬のように副作用というのが一切ありません。

もちろん、1日に1ヶ月分の精力サプリを飲んでしまったら腹痛などになりますが、ED治療薬のように命に係わるということはありません。

 

精力サプリは、ED治療薬が効果を出さない人の場合であっても、精力サプリを飲むことでED治療薬を必要とせずに勃起が可能です。

 

たとえば、血管の機能低下(動脈硬化など)の場合ですが、精力サプリに含まれるL-シトルリン、L-アルギニンには血管の拡張作用および柔軟性の回復効果があります。

そのため、性行為を血圧や脈拍の関係で諦めるしかなかった人であっても、血圧正常化させる効果があります。

ED治療薬に頼っていたら諦めるしかなかった性行為を楽しむことができます。

 

 

また、基礎代謝をアップさせますので肥満予防にも効果を発揮します。

老化に伴う性的欲求の低下についても、精力サプリに含まれる栄養素を摂取することで、男性ホルモンの分泌量の減少を抑制することができますので、老いてもなお若々しく異性に興奮することが可能です。

 

ED治療薬とは結局のところ、使用者に性欲や精力がなければ、いくら飲んだとしても勃起しないのです。

一方精力サプリは、飲めば性欲や精力・勃起力が、ゆっくりとではあるものの着実に回復していき、EDではなかった頃のように普通に勃起することができます。中折れも防げるので、男としての自信を再びつけることができるでしょう。

 

 

やはり、ED治療薬に依存したセックスでは、どうしても効果持続時間が気になり、自信のあるセックスというのはできません……。

 

もっと言えば、ED治療薬が無ければ性行為もできなくなってしまいます。

 

これらの点を全て総合すると、リスクやデメリットの多いED治療薬よりは、多少時間が掛かっても、規則正しい生活と精力・勃起力回復効果のあるサプリで、身体の中から自然回復⇒男性が本来当たり前に持っている勃起力を回復させる~というのが、最もオススメです。

 

ただし、やはり精力サプリの中にも、先述した個人輸入代行業者のような、効果がない、中身がほぼ添加物ばかりのスカスカのサプリを、さも優良な精力サプリとして売りつける悪徳業者が無数に存在します。

 

そこで、当サイトでは、それらの粗悪品を調査分析~着実に効果の見込める精力サプリのみ厳選⇒ランキング形式にまとめました。

 

ED治療薬に頼らない、自然な精力回復を目指すなら、必ず役に立ちますのでご参考下さい。

⇒厳選!効果のある精力サプリ人気ランキングはこちら!

 

 

※関連参照記事※

⇒バイアグラのジェネリックとその効果とは?

ページトップへ