腰痛がヒドい。緩和する方法3選!

【突然来る腰痛にご用心】

腰痛に慣れている人は、なんとなく痛みそうな瞬間というのはわかります。

例えば、家具の配送業者などは腰痛になってしまうと仕事ができませんので、腰のケアに関してはコルセットを利用するなどの万全の対策を整えます。

腰痛が職業病なら腰痛にならないように日頃からケアを行いますが、例えば、デスクワークの人などはやはり油断をしてしまいがちです。

 

突然の「ぴきーん」という激痛に冷や汗をかいてしまうのでは?

2dd8d264dda3454cafccf0f76e07b87b_m

今回は、一般的な腰痛の緩和方法をいくつか紹介していきます。

 

ddaabgヘルニアなどの病気で、今回の緩和方法を試した場合、かえって悪化する可能性がありますので、専門の医師との相談を強くお勧めします

 

【そもそも、腰痛の原因はなに?】

ぎっくり腰、急性腰痛ともいいますが、その原因はぎっくり腰になった人ごとに異なりますが、大きく3種類に分けることができます。

 

つまり、筋肉疲労、骨格のゆがみ、いきなりの過負荷です。

 

まず、筋肉疲労ですが、これは長い期間をかけて筋肉に疲労がたまっていき、ある日突然、ちょっとした無理な動きでぎっくり腰として表に出ます。

 

次に、骨格のゆがみですが、毎日同じ姿勢、例えば立ちっぱなしや座りっぱなしですと、身体の柔軟性というのが次第に失われていき、同じ骨格や筋肉を使うことになります。

その結果、毎日使用している筋肉は硬くなり、使われていない筋肉は弛んでいきます。

そのせいで体のバランスが崩れていくのですが、それを整えるために腰の筋肉が慢性的に緊張状態となり、筋肉疲労としてぎっくり腰になります。

drunk-1013965_960_720

 

最後は、いきなりの過負荷です。

止まっている状態からいきなり動き出したり、重いものを持ち上げたりする瞬間に起こるぎっくり腰の原因がこれです。

特に、若い人やスポーツマンに見られる症状です。

gym-room-1181814_960_720

 

また、腰痛の症状が出た場合、腰や背中をねじる人がいます。

 

rjjthjwプロの整体師が体をねじる場合は効果があるのですが、自己流でおこなってしまいますと、腰に過負荷がかかりますので、腰痛を悪化させることになります。

 

大別をすると、このうちのどれかが引き金となりぎっくり腰になって、酷い腰痛に悩まされるのです。

 

【足の筋膜をほぐすストレッチをする】

このストレッチは、腰を痛みなく動かすためのストレッチになります。

特に同じ姿勢の多い仕事をする方には、腰痛の緩和効果が期待できます。

entrepreneur-696976_960_720

 

まず、筋膜というものですが、筋膜とは筋肉の周りを覆う膜です。

その筋膜というのは体中繋がっているわけですが、腰の筋膜と密接に関係があるのが足の筋膜です。

同じ姿勢で仕事をする場合、足というのはなかなか動かしません。

 

run-1342619_960_720そのため、足の筋膜が硬直してしまうのです。

 

足の筋膜が硬直すると腰の筋膜を引っ張ってしまうので腰が動かしづらくなり、腰痛を引き起こすことになります。

 

notepad-117597_960_720では、筋膜のほぐし方ですが、椅子に浅く腰かけて背筋を伸ばします。

そして、片方の足を伸ばし、そのまま前に体を倒していきますと、太ももの後ろの筋肉が突っ張っていきますので、その筋肉をお尻から膝の裏に向かって10回撫でます。

それを両足おこなえば、腰を痛みなく動かすことが出来るようになります。

 

【背骨の周りの筋肉をほぐす】

腰痛の緩和が目的なので、ゆっくりとした動作で行います。

また、少しでも腰に違和感を覚えた場合は、足の筋膜ストレッチだけをするといいでしょう。

 

背骨の周りの筋肉のほぐし方ですが、四つん這いになります。

 

この状態を1分間キープするだけでも、腰痛緩和の効果があります。

 

そして、四つん這いのまま、お腹を引き上げて背中を丸めます。

rwgw

背中を丸める猫のイメージです。

次に、背中を下に落として背中を反らせます。

この状態で1分間キープし、また背中を丸める猫のような姿勢になります。

 

これを繰り返すだけで、腰痛の改善効果があります。

また、背中を丸めた猫のポーズから、おへそを突き出すように背中を反らせていき、顔は天井を見上げるようにします。

そしてゆっくりもとに戻します。

 

【背中にあるツボを押す】

痛みの緩和にはツボの指圧も効果があります。

命門(めいもん)と呼ばれる場所ですが、ヘソの真裏にあります。

両手の中指を重ねて背骨の突起の下あたりを押します。

男性は左手を下にして押せば効果が出ます。

 

ツボを押す際は、息を吐きながら5秒間押し、息を吸いながら5秒かけて指の力を抜きます。

user-37448_960_720強く押せば効果が強くなるというわけではなく、いた気持ちいいくらいの力加減で5から10回押すことで腰の痛みが緩和します。

ページトップへ