四十肩の原因・症状~治療方法

デスクワークをしていると悩みの種の1つが肩こりです。

同じ姿勢をずっと続けているので肩の筋肉が固まってしまうわけです。

この肩こりと似ているのが四十肩ですが、似ているだけで全く別の「病気」です。

放置していても治りますが、半年から1年程度は痛みが続きます。

完治するまでに2年程度かかる場合もあります。

今回は、四十肩の原因と症状を紹介していき、効果的な治療法もあわせてお伝えします。

 

【四十肩の正式名称とは?】

肩こりと異なり、四十肩は「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。

五十肩というのもありますが、同じ肩関節周囲炎という病気です。

40代のときに肩関節周囲炎になれば四十肩と呼ばれますが、50代のときに肩関節周囲炎になれば五十肩と呼ばれます。

俗称が異なるだけで同じ病気です。

 

この肩関節周囲炎は、40代以降にあらわれやすい病気ですが、30代でも発症する可能性がありますので、注意をするに越したことはありません。

 

肩こりとは根本的に異なる病気なので、マッサージをした程度では治りませんし、放置をすると悪化します。

 

【四十肩の原因について】

原因は不明です。
肩関節というのは非常に複雑であり、炎症が起きやすい場所なのですが、なぜ40代以降に肩関節周囲炎が発症するのか、いまいち原因がわかっていません。

 

そのため、性別に関係なく、また運動習慣の有無などにも関係なく、40代以降の人間には誰でも起こる可能性があります。

原因が不明なので、回避方法というものはないのです。

四十肩になってしまった場合、ついていない、運が悪かった、というのが正直なところです。

ただ、長期間肩を酷使するスポーツをしている場合、四十肩になったら治りにくく、悪化しやすいとされています。

【四十肩と肩こりの違いについて】

四十肩と肩こりの違いに少し触れておきます。

四十肩は、前述の通り肩関節周囲炎という関節に起きる原因不明の炎症です。

一方、肩こりに関しては、同じ姿勢でデスクワークをしていたり、姿勢が悪かったりすることが原因で起こる筋肉疲労です。

そのため、肩こりに関してはマッサージなどで固まった肩の筋肉をほぐして、血行を改善させることですぐに改善をしますが、四十肩の場合、マッサージをしても改善はしません。

 

四十肩か肩こりかを見分けるためには、肩関節の可動領域に制限がかからないという点に注目をするといいでしょう。

セルフチェックよりも、整形外科などで専門の医師に診てもらった方が確実なのですが、肩こりの場合は肩が痛くても動かせる範囲に制限はありません。

一方、四十肩は痛みによって動かせる範囲に制限が付きます。

この点で、肩こりか四十肩なのか見分けることが可能です。

【四十肩の症状について】

前述しましたが、四十肩の場合、痛みにより肩の可動領域に制限がかかります。

電車のつり革につかまるのが難しくなったり、シャツなど服を着るのが肩の痛みによって困難になるなどがあります。

基本的に肩が痛くて、以前のように動かすことが難しくなるなどの症状が、四十肩にはあります。

また、睡眠中に寝返りをうったら四十肩の場合、激痛によって目が覚めるなど、日常生活にかなりの支障をきたすことは間違いありません。

自然に治るのですが、病院へいき、鎮痛効果の薬を処方してもらった方が、日常生活には支障をきたしにくくなるでしょう。

【四十肩の回復までの流れ】

四十肩ですが、回復するまでに3つの段階があります。
つまり、急性期、慢性期、回復期の3つの段階です。

〔急性期〕
この時期に関しては肩関節が炎症を起こして痛みが酷くなります。

四十肩はどんどん悪化していき、次第に肩を満足に動かすことができなくなります。

また、四十肩の痛みによって睡眠中に何度も目が覚めるというケースもあります。
この急性期に関してですが、個人差がありますが、短くて6週間ほど。

長くなると半年以上は続きます。

 

〔慢性期〕
急性期の四十肩が常に悪化していくという状態が終わり、肩に痛みなどはあるものの比較的、落ち着く時期になります。

しかし、肩の可動領域に関しては制限がありますので、無理に肩を動かそうとすると激痛が走ります。

しかし、この時期に肩を少しずつ動かすようにしなければ肩関節が固まってしまう可能性があります。
ただ、限度というものがあり、過度に動かすと慢性期であっても四十肩は悪化します。

無理のない範囲で肩を動かすようにしましょう。

〔回復期〕
回復期になると四十肩が回復していき、肩の痛みというのがなくなってきます。

もちろん、肩関節が以前のようになるまでには時間がかかります。
この回復期にリハビリとして肩関節を動かしていきませんと、以前のように肩が動くまでの期間が長くなります。

最長で2年程度リハビリを要す場合もありますが、半年~1年程度での完治が一般的です。

【四十肩の治療方法】

四十肩の治療方法ですが、本格的に治療を始めるのは、慢性期の終わりから回復期です。
急性期に関しては、痛み止めなどを使用して、肩の炎症が落ち着くのを待つしかありません。

 

慢性期~回復期におこなう治療法ですが、基本的には、肩を動かす体操をするのが治療法になります。

肩が痛くてもこの時期に肩を動かす体操をしなければ肩凍結(フローズン・ショルダー)と呼ばれる状態になり、肩関節が動かなくなってしまうのです。

タオルや棒を持ち、腕と肩を動かす運動をすることにより、肩を動かしていくと、肩が凝り固まるのを防ぐことが出来ます。

痛みがあるので無理をする必要はないのですが、痛いからといって全く動かさないのもいけません。

無理のない範囲で肩を動かす運動をしていくことが四十肩の治療方法になります。

ページトップへ