トイレが近い・・・。男性の頻尿の原因と対処法

頻尿の悩みは結構深い

男性で頻尿が原因で、悩んでいるという方はいませんか?

特に男性の場合、悩んでいても人に相談することが恥ずかしくてできないことが、多々あります…。

ここでは、そもそも頻尿はどのくらいの頻度でトイレに行くことなのか、そして何が原因なのか、ということを紹介します。

 

最後に、対処法などもあわせて紹介しますので、是非ともお役に立ててください。

 

頻尿とは?

頻尿とは一口に言いましても、個人差があります。

hrawhwただ、正常の方の尿の回数は、1日に6回~7回になりますので、昼間に8回以上、夜(就寝後)に1~2回以上トイレへ行く方は、頻尿とされています。

 

トイレは行く頻度は、1~2時間に1回となりますと日常生活に不便が出てきます。

 

また、夜に関しても、何回もトイレで起きては日中、頭がボーっとしてしまいますので、仕事や日常生活にも支障が出てきます。

百害あって一利無し!?短小のデメリットあれこれ

頻尿の原因?

男性の頻尿の原因には、大きく2種類に分けることが出来ます。

 

businessman-607780_960_720・過活動膀胱
・前立腺肥大

 

この2つが、男性の頻尿の原因とされています。

 

また、他の病気が原因で頻尿となることもあります。

例えば、神経因性膀胱、膀胱炎、糖尿病などです。

 

avatar-303347_960_720他にも、失禁をしたことが原因の、心因性頻尿というものもあります。

 

chinese-676649_960_720

 

ここでは、男性の頻尿の原因となる、過活動膀胱と前立腺肥大を中心に原因として解説をします。

 

【過活動膀胱】
過活動膀胱とは、排尿筋が収縮し少しの量の尿が膀胱の中にたまっただけでも、強い尿意を感じ、トイレの回数が増え、さらには尿意を我慢することが出来なくなります。

過活動膀胱の特徴を整理しますと、急に強い尿意を催す「尿意切迫感」と、尿意を我慢しきれず失禁してしまう「切迫性尿失禁」があります。

 

また、過活動膀胱は加齢とともに起きやすくなり、40代以上の男性の8人に1人、日本全国で約800万人以上が悩んでいます。

shadow-824128_960_720

 

【前立腺肥大】
前立腺肥大は、男性ホルモンの強い男性に多く、男性ホルモンの影響で肥大化、もしくは前立腺の筋肉が収縮することで、尿が出にくくなる男性特有のものです。

 

前立腺とは、膀胱の下にあり尿道を取り囲むように存在する、男性特有の臓器です。

 

そして、前立腺肥大によって起きる頻尿の症状は3つあります。

つまり、尿を出しきっていない感じの残る残尿感、尿に勢いがない尿勢低下、尿が途中で止まる尿線途絶です。

 

elephant-279901_960_720前立腺肥大は60歳の男性の2人に1人は認められるもので、放置していますと、頻尿から尿が中々でない状態になります。
その結果、腎臓や尿管への悪影響や尿路感染症になる可能性があります。

 

drive-44378_960_720また、前立腺肥大により尿道が圧迫されて、尿がでにくい状態が続き、無理に尿を出そうとし続けた結果、過活動膀胱も併発する可能性もあります。

【頻尿の対処法とは?】

question-1038491_960_720頻尿を放置しておきますと、生活の質が低下する他、腎臓や膀胱など複数の内臓に悪影響を及ぼす可能性があります。

対処法ですが、抗コリン薬によって治すほかに、サプリメントや訓練、食生活で頻尿を改善することが出来ます。

 

今回は、サプリメント、訓練、食生活を中心に紹介します。

 

pills-161087_960_720【サプリメント】
男性用の頻尿対策サプリメントですが、ノコギリヤシとイソサミジンを使用したものが非常に有効です。

ノコギリヤシですが、ヨーロッパでは、前立腺肥大症に対する医薬品として処方されることもあるものなので、前立腺肥大からくる頻尿改善に効果があります。

 

また、イソサミジンは、せり科の植物に含まれる成分で、排尿機能の改善に効果があると学会で発表されました。

特に、排尿筋の収縮を抑える働きに優れていますので、過活動膀胱からくる頻尿改善に効果があります。

 

doctor-and-patient-1080409_960_720【膀胱訓練で頻尿改善】
病院で一般的におこなわれる訓練ですが、計画的に尿を我慢していき膀胱にたまる尿の量を増やしていくというものです。

 

まず、現在の尿が1回にどのくらい出ているのか、排尿量を把握します。
1回の排尿量の平均は200ml~400ml程度なので、それよりも極端に少ない場合、毎回排尿量を計測して、トイレへ行くのを我慢し、膀胱にたまる尿の量を多くするというものです。これを3時間以上、トイレへ行くまでの間隔があくまで繰り返すと頻尿は改善します。

 

【男性の頻尿を改善する骨盤底筋訓練】
この訓練は過活動膀胱の方が、尿漏れを治すためのおこなう訓練になります。

リラックスをして、立ったまま、座ったまま、寝転んだまま、どれでも構わないのですが、足を肩幅程度に開き背筋を伸ばします。

 

そして、肛門を締めるようなイメージで、肛門を締めます。
おならを我慢するようなイメージです。

i-741507_960_720
そして、締めたまま約5秒間我慢してから緩める、を1セットとして、5セット。
1日に10セット行います。

注意点として、肛門を締める際は、呼吸を止めず、またお腹に力を入れるのではなく、お尻の筋肉のみで締めるようにしましょう。

 

【食生活での改善】
drinks-576539_960_720食生活として、コーヒーや紅茶、お茶、アルコールなど、利尿作用のあるものを過度に摂取していたり、過度に飲み物を飲んでいたりする場合はこれを制限するものです。

ページトップへ