あなたは大丈夫?糖尿病の症状と予防法を知ろう

近年、糖尿病患者が急増しているということをご存知でしょうか? 糖尿病患者、そして予備軍もあわせるとその数はなんと、2000万人を超えます。

ここ数年で、あまりにも糖尿病患者が急増したため、糖尿病専門医が足らないのです。

糖尿病専門医ですが、日本には3500名ほどしかいないようです。

 

そのため、糖尿病になってしまった場合、専門外の医者が患者を診ることになります。

 

もしかして、これを読んでいるあなた様も糖尿病予備軍なのかもしれませんが、「糖尿病になると実際問題なにが不味いのか?」というのはあまり知られていません。

 

「糖尿病になるとまずいよ・・・」とは聞きますが、何がどうまずいのかを今回は紹介をしていきます。

また、糖尿病の予防方法についても紹介をしますので、危険性を知ったら実践してみてください。

【糖尿病とは?】

糖尿病といえば、尿に糖が混じる病気ではありません。

 

糖尿病というのは、血中に含まれるブドウ糖の濃度が常に高い状態になる病気です。

 

人間の血中のブドウ糖の濃度、つまり血糖値というのは食事を摂ると上がります。

これは食事によって摂取した糖分を体内で分解してブドウ糖を作り出します。

ブドウ糖に関しては、人間が活動するためには必要不可欠な栄養素です。

 

特に脳はブドウ糖がなければ働かず、血糖値が低くなりすぎると低血糖と呼ばれる状態になり、人間は意識を失います。

さて、話を戻しますが、食事によって体内で糖分が分解されて取り出されたブドウ糖は血液に乗って体中にいきわたります。

そして、すい臓と呼ばれる臓器から作られたホルモンであるインスリンというものの働きによって細胞に取り込まれます。

そして、体を動かすエネルギーになるのです。

 

また、インスリンは過度に体内に存在するブドウ糖を、飢餓状態になったときに死なないように、脂肪に替えて体に蓄える効果を持っています。

 

しかし、糖尿病になると、すい臓で作られるインスリンだけでは体内のブドウ糖を処理することが慢性的にできなくなり、常に血糖値が高い状態になります。

そして血液中にブドウ糖がどんどん蓄積されていき、次第に血管や神経などの細胞にブドウ糖が浸食していきます。

そうなると、細胞が少しのダメージによって簡単に傷つきやすくなり、ちょっとしたダメージで細胞が簡単に壊れてしまいます。

 

つまり、糖尿病になるということは、体の血管や神経がもろくなり、少しの病気があっという間に大病になるということです。

 

【糖尿病の怖い点】

前述したとおり、糖尿病になると体の血管や神経がもろくなります。

まず糖尿病の恐ろしい点としては他の病気と異なり自覚症状が全くないという点です。

真綿で首を絞めるというわけではありませんが、ゆっくりと進行をしていきますので、発症をしてもほとんど気がつきません。

 

糖尿病になって、自覚症状が現れた場合、すでに重度の糖尿病になっているケースがあります。

自覚症状に関しても、例えば、おしっこの回数が増えるとか、のどが渇くみたいなものであり、どこかが痛くなるとか、苦しくなるというのはないのです。

 

また、食べても食べても太らずに痩せていくということがあります。

 

これは血中のブドウ糖をうまく取り込むことができないので、脂肪として備蓄されているエネルギーが使用されるので、どんなに食べても痩せていきます。

 

さらに、糖尿病の恐ろしい点は合併症にあります。

むしろ、糖尿病からの合併症というのが、糖尿病が恐れられる原因です。

 

例えば、糖尿病の三大合併症の1つである「糖尿病神経障害」の1つに知覚神経障害というものがあります。

これは、足などの感覚や知覚が鈍くなり、少しの傷や怪我、火傷をしたとしても感覚が鈍くなっているので怪我をしたことに気が付かず、なおかつ体の細胞が劣化していますので、僅かな傷でも簡単に悪化して、壊疽してしまうことがあります。

 

壊疽した場合、これはもう細胞が腐っているわけですから、切断をしないといけません。

糖尿病が原因で足を切断・・・、いまいち関係性に関してはピント来ないと思いますが、意外と多くある事例です。

【糖尿病と合併症】

糖尿病には、三大合併症と呼ばれる3つの恐ろしい合併症があります。

それが、「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」です。

この3つが、糖尿病の三大合併症と呼ばれる恐ろしい合併症です。

糖尿病それ自体よりも、この三大合併症の方が恐ろしく、例えば、糖尿病神経障害ならわずかな傷が悪化して足を切断。

糖尿病網膜症なら放置することで失明。

糖尿病腎症なら腎臓の機能がおかしくなるので、人工透析を受ける必要があります。

 

〔糖尿病神経障害〕
高血糖の状態が続くことで、ソルビトールという物質が作られるようになり、これが体内に蓄積されていくことが原因で糖尿病神経障害は発症します。

そして、この糖尿病神経障害が、もっとも早い段階で起きる糖尿病の合併症です。

特徴として、3つの障害が起きます。

・知覚神経障害
・運動神経障害
・自律神経障害

まず、知覚神経障害が起きた場合、痛覚をはじめとした感覚が鈍くなり、特に足の感覚が鈍くなると、前述しましたが少しの怪我や火傷程度では、気が付かなくなってしまい組織の壊疽が始まり、足の切断という終わりが待っています。

次に、運動神経障害ですが、筋力の低下をはじめ顔面神経の麻痺などあります。

最後に自律神経障害ですが、男性の場合は勃起不全になります。

勃起不全をはじめ尿が出なくなる、他には異常発汗などがあります。

また、例えば知覚神経障害が起きたから、運動神経障害や自律神経障害は起きないというわけではなく、知覚神経障害、運動神経障害、自律神経障害、すべて連鎖的に起きます。

 

〔糖尿病網膜症〕
糖尿病は、血中のブドウ糖が体中の細胞を劣化させるのですが、ブドウ糖が眼底の網膜の毛細血管を壊すことで、この糖尿病網膜症は発症します。

発症した直後には自覚症状はありません。

しかし、放置することで、視力の低下が始まり、最終的に白内障および失明します。

〔糖尿病腎症〕
腎臓の中に、糸球体という毛細血管によりできている組織があります。

血糖値が高いとこの毛細血管も当然ですが劣化していき、糸球体の働きが悪くなり、腎臓が機能しなくなります。

この糸球体がおかしくなることで、腎臓の濾過機能が停止してしまい、尿が作られなくなります。

その結果として体内の老廃物を体外に排出することができなくなりますので、体に種々の異常が起きます。

解決するためには人工透析しかありません。

日本で人工透析を受けている人の原因の1位が、この糖尿病腎症なわけです。

 

【糖尿病を予防するには?】

日本人の糖尿病患者の95%が「2型糖尿病」と呼ばれるタイプの糖尿病になります。

この2型糖尿病は慢性的な肥満、運動不足が大きな原因です。

 

生活習慣の改善で予防が可能です。

いわゆる中年太りの方は、この2型糖尿病予備軍といえます。

 

では、見直すポイントですが、これは単純に食生活と運動習慣を見直せばいいでしょう。

難しく考える必要はありません。

〔食生活〕
食生活に関しては、例えば外食をする機会が多く、特に炭水化物や高カロリーなものを好んで食べる方は注意が必要です。

糖尿病を気にするのであれば、ラーメン、うどん、天ぷらなどは絶対にNGです。

 

また、甘いものもよろしくはありません。

甘いものは食べないけど、お酒が好きという人も禁酒、もしくは飲む量を減らすことをおすすめします。

ストレスがたまり、それが原因で暴飲暴食をしてしまう人は糖尿病をはじめとした生活習慣病にかかる恐れが非常に高くなります。

さらに、腹8分目とはいいますが、満腹までご飯を食べないと満足しないタイプの食生活をしている人も、その食生活は改善をした方がいいでしょう。

また、食事をする時間が決まっていないというのもよろしくありません。

 

つまり、食生活に関して言うのであれば、規則正しくバランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

 

間食をすることなく、1日3食だけを食べましょう。

 

〔運動習慣〕
運動不足もよくありません。

特に筋トレなどの無酸素運動をしないと基礎代謝が低下します。

基礎代謝が低下することで、ブドウ糖の消費量は減少していきますので、血糖値が高くなってしまいます。

 

筋肉量に関してですが、加齢により低下していきますので、いつまでも若いと思って油断をしていると腹筋の1回もできなくなる可能性があります。

また、内臓脂肪が溜まりお腹がポッコリ出ている場合、有酸素運動もあわせて行いましょう。

理由としては、内臓脂肪というのは糖代謝、そして脂質代謝を悪化させるからです。

見た目もよろしくないので、有酸素運動をしてぽっこりお腹からおさらばしましょう。

 

 

【まとめ】

糖尿病に関してですが、糖尿病が原因で起こる合併症が恐ろしいわけです。

三大合併症とは、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、この3つです。

 

例えば、糖尿病神経障害が起きれば、糖尿病網膜症や糖尿病腎症は起きないというわけではありません。

すべて連動します。

つまり、最悪、足を切断したうえ、失明し、人工透析を受けて余生を過ごすことだってあり得ます。

改善法に関しては食生活の見直し、もしくは運動習慣の見直しがあります。

真綿で首を絞めるように進行していきますので、明日から頑張ると考えている場合、今日よりも悪化しているケースもあります。

ページトップへ