ドロドロ血液は放置するとこんなに危険!?血液をサラサラに改善する方法4選!

ドロドロ血液の病気リスク

よく、ドロドロの血液は危険だといわれますが、血液なんてそんなに見る機会はありませんので、いまいちドロドロだとしても実感がわかないと思います。

 

arrhythmia-156099_960_720ただ、確実に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など様々な病気になるリスクは高まります。

 

そのほかにも、栄養不足になる可能性もあります。

 

 

この記事を見ているということは、そのドロドロ血液がどうして体に良くないのか、そして改善法はないのか、と疑問を持ったからですね?

 

つまり、心筋梗塞等であっけなく死ぬ未来を回避する可能性が高くなりましたね☆
では、ドロドロ血液の原因とその改善を紹介します!

 

【血液ドロドロの原因は?】

血液がドロドロになるにはいくつかの種類があります。

thermometer-833085_960_720例えば、風邪をひいたときなどは血液がドロドロになります。

白血球の量が増えるからです。

ただ、この場合はあくまで一時的なものなので、心配することはありません。

 

 

本当に危険なのは、血液中の脂質のコレステロール、中性脂肪、糖質の量が増えているときです。

 

これらの量が増えますので血液中の水分量が減少します。

さらに、赤血球の柔軟性が低下し血小板などが集まって固まりやすくなるのです。

blood-75301_960_720

 

これらが起こることで、血液中がドロドロしてくるのです。

 

【なぜ、ドロドロ血液は危険なのか?】

サラサラの血液は、体中を循環するのに血圧を高める必要はありません。

わずかな圧力でスムーズに体中を循環してくれるのですから。

rwwq

 

一方、ドロドロの血液の場合、スムーズに流れてくれませんので血圧を高める必要が出てきます。

強い圧力をかけて無理やり体中を循環させます。

 

53yuwrt

このとき、血液によって血管が傷ついてしまい、それを修復するために血小板などが集まり、血栓となり血液が毛細血管を塞いでしまったり、壊してしまったりするのです。

cells-75305_960_720

その結果、血管が破れ、血が流れなくなったりして心筋梗塞、脳梗塞、脳内出血、最悪の場合は、死亡します。

 

また、ドロドロの血液は細い毛細血管に入れるほどの柔軟力を持っていませんので、体の隅々まで血液に乗って酸素と栄養が行きわたりにくくなります。

その結果、体がだるくなってしまったり、手足が冷えてしまったりします。

さらに、酸素不足からの頭痛やめまいといった症状が出るのです。

 

突然死と慢性的な疲労感が、ドロドロ血液が原因で起こるのです。

 

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 

【薬はないのか?】

drug-943759_960_720薬は存在しますが、動脈硬化などの病気にならないと処方されない他、血液をサラサラにするために、血液の凝固機能を著しく低下させますので、ちょっと怪我をして血が出た場合、血液が凝固せずに血が流れ続ける副作用が起きます。

 

つまり、薬に頼らずに、これから紹介する方法をいくつか試して治すのがベストなのです!

当然ドロドロ血液予防法としても効果があります。

 

【和食を中心とした献立に変える】

肉食を中心とした生活をしているのであれば、その食生活を変えるのがいいでしょう。

特に、和食は血液をサラサラにする食材が多くあります。

food-1257320_960_720

 

例えば、納豆です。

納豆の粘り気にはナットウキナーゼという成分が含まれています。

soy-1219880_960_720ナットウキナーゼは、固まった血栓を取り除く働きがあります。

この効果に関してですが、薬と同等の効果があるので、ぜひ、納豆だけは食べて損はありません!
他にも納豆には、血管の老化と炎症を防ぐ働きを持つ、ポリアミンが含まれています。

 

また、肉に変えて青魚を食べると、青魚にはDHAが含まれており、これが動脈硬化の予防に効果を発揮します。

 

pickled-plum-410338_960_720梅干しやお酢(黒酢)などに含まれるクエン酸は、血液が集まるのを予防する効果もあります。

 

食生活を変えるだけで、ドロドロの血液からサラサラの血液となるのです!

 

【1日9,000歩程度の運動】

血液をドロドロにする内臓脂肪を減らすための運動も効果があります。

激しい運動をしても、今度は水分不足になりますので逆効果になります。

 

内臓脂肪は、普通貯金に例えられるように、有酸素運動を毎日欠かすことなくおこなうことで簡単に落とすことが出来ます。

その分、簡単につきやすいので、細く長く有酸素運動をしていくことが重要です。

run-847957_960_720

 

内臓脂肪がなくなることで、糖尿病や高血圧の解消にも効果があり、さらにお腹だけが出た中年太りからもおさらばできるという、メリットしかありません。

 

【脂っぽい食事の際にウーロン茶を飲む】

ウーロン茶ですが、ウーロン茶ポリフェノールというものが含まれています。

oolong-827397_960_720
これは食事中に摂取した油分と結合して体外へ出す働きがあります。

血糖値や中性脂肪が気になるけど、脂っぽい食事も食べたいというときは、ウーロン茶を欠かしてはいけません。

 

最近では「トクホ(特定保健用食品)」として、ウーロン茶ポリフェノールの効果を強めたウーロン茶や各種ジュースも販売されていますので、利用していきましょう。

 

また、タバコを吸うことで、血管を硬くしてしまうので禁煙をした方がいいでしょう。

GHAERHA

 

また、アルコールは血中の水分を不足させるので控えた方がいいです。

 

まとめ

いかがでしたか?
ここで紹介した方法で、既にあなたが実践している方法はいくつありましたか?

 

もし、「1つも無かった・・・」という方、要注意です!!

point-36834_960_720

 

最初の一歩を踏み出すのは大変ですが、何事も健康に勝るモノはありません。

 

1つずつでもいいので実践して、徐々に習慣にして行けば、

あなたの血液はサラサラ~身体は内から元気になり、「危険な病気と無縁な健康で楽しい人生」を歩む事が出来るでしょう☆

person-731243_960_720

ページトップへ