夏までに腹筋を割りたい!最短で6パックを作る方法4選!

夏になれば薄着の季節です。

さすがに厚着をして、ポッコリお腹を隠すにはしんどい時期です。

 

つまり、お腹が出ていますと非常に格好悪いですね。

 

また、プール、海、川遊びなど、上着を着ないのが普通の場所もあります。

 

ここで、腹筋が6パックに割れていれば、ナンパの1つをしても成功する確率はぐんと高くなるでしょう。

couple-915983_960_720

 

ということで、簡単に腹筋を6パックにする方法を見ていきましょう!

 

【有酸素運動をする】

お相撲さんというのは、太っているわけですが、あの皮下脂肪の下は非常に筋肉質の体を持っています。

つまり、最短で腹筋を割るためには、筋トレのみをするという選択肢は間違いなのです。

 

rjjthjwもちろん、筋トレをして腹筋を肥大化させなければ、腹筋は6パックに割れることはありません。

ただ、筋トレだけをどんなに頑張っても、筋肉はつくものの、すべて脂肪によって隠れてしまうのです。

 

そのため、脂肪を燃焼させることが第一に必要なことなのです。

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動です。

例えばウォーキング、マラソンといった、全身運動です。

 

marathon-1236351_960_720

 

有酸素運動は最低30分連続で行い続けなければなりません。

30分間走り続けるというものです。

businessman-607780_960_720同じペースでの運動でもいいのですが、10分に一度、激しい動きを取り入れることで、より脂肪の燃焼が加速します。

 

また、有酸素運動は可能な限り毎日行うのが望ましいです。

1日でも休んでしまったら、効果が薄くなるのです。

 

つまり、筋トレとあわせて毎日の有酸素運動をすることで、6パックの腹筋が手に入るでしょう。

PC筋と勃起力の関係を知ろう

【食事制限】

hwahqJPG筋肉を作るための栄養素を摂取することは重要です。

 

しかし、無尽蔵に食事をしていては、エネルギーの燃焼量と摂取エネルギー量が逆転してしまいます。

 

 

トップアスリートと同じ運動メニューをこなすなら別ですが、一般男性の場合は食事制限をして、摂取エネルギー量を減らす必要があります。

 

ykerike食事のメニューに関してですが、高タンパク低カロリーが理想的です。

つまり、良質なタンパク質である、鳥の胸肉、ササミ、大豆製品、魚介類、卵の白身を積極的に摂取しましょう。

逆に、米、麺類のような炭水化物を制限することが重要です。

 

ただ、一切食べないというのは厳禁なので、摂取量を減らすようにしましょう。

 

また、空腹まで我慢して食事をするという食べ方はNGです。

この状態では、エネルギーを脂肪として蓄えるインスリンが多く分泌されているのです。

 

そのため、腹筋を割るためのトレーニング中は、少量をこまめに摂取するという食生活にしましょう。

 

【クランチトレーニング】

初心者向けのトレーニングとしてクランチというものがあります。

 

腹筋を割るためのトレーニング全般に言えることですが、効果が無い、腰が痛くなるなどの症状が出る場合は、トレーニングのやり方、もしくはフォームが間違っている可能性が極めて高いのです。

 

では、クランチのやり方は下記の通りです。

・仰向けになり膝を90度に曲げ、足を持ち上げます。

・腹をへこませて、息を吐きながらへそを見るように上体を上げます。

・肩甲骨が床につかないくらいまで下げます。

d852f123895d9e7001eeabc1f1e43394_s

 

後はこれの繰り返しです。

 

回数に関してですが、1セット10回でいいでしょう。

 

筋トレに関しては量より質です。

 

よく反動を利用して腹筋をしている人がいますが、腹筋に負荷をかけるためには、ゆっくりとやった方が効果的です。

 

businessman-607780_960_720つまり、素早く反動を利用して100回の腹筋をするより、ゆっくりと10回、腹筋にかかる負荷を意識して行った方が効果は高くなるのです。

 

abdominal-1203881_960_720

【Vシットトレーニング】

このトレーニングはもっとも難易度の高いもので、クランチトレーニングが余裕でこなせるという方向けです。

 

方法は下記の通り。

・床に万歳をするように仰向けになり、両足を軽く持ち上げます。

・息を吐きながら、つま先と両手を近づけるように両足と上半身を持ち上げます。

・息を吸いながら、ゆっくりと元に戻します。

 

つまり、寝転がっている状態からV字になるトレーニングです。

yoga-1027247_960_720

これも反動を使って、両足と上半身を持ち上げれば比較的簡単にできてしまいますが、反動をつけずにゆっくりと行うことが重要です。

 

1セット10回を目安におこないましょう。

 

おそらく、腹筋がある程度鍛えられていなければ、1セットをこなすことは難しいです。

そのため、最初は特に無理のない範囲で行ってください。

 

そうしなければ、腹筋を割る前に気持ちが粉々に割れます。

 

2dd8d264dda3454cafccf0f76e07b87b_m

【まとめ】

notepad-117597_960_720腹筋を6パックにするためには、筋トレによって筋肉量をアップさせることが重要です。

 

しかし、筋トレだけをしていても、脂肪が筋肉の上にあれば、6パックに割れた腹筋はそとに出てきてくれません。

 

脂肪を燃焼させる有酸素運動、そして脂肪を作らせない食生活も重要になります。

 

脂肪を燃焼させるためには質より量ですが、筋肉量をアップさせるには量より質です。

 

継続は力なりなので、まずは運動習慣作りからスタートさせましょう!

ページトップへ