男性不妊の原因と予防対策法

様々な不妊の形

 

昨今、女性の平均出産年齢は30歳を超えました。

 

現在は初産で女性の年齢が35歳以上が高齢出産に定義されていますが、これは1993年に変更された年齢であり、以前は30歳以上からが高齢出産と言われていました。

 

高齢出産が増えている原因は、女性の社会進出による婚期の遅れや、キャリア育成のために出産を後回しにしていきどんどん女性が子供を産む年齢が高くなったからです。

female-37446_960_720

ただ、産科医学や周産期医療の発展や改善により、現在日本の産婦人科では高齢出産でもさほど問題なく出産出来る環境を整えています。

 

 

しかし、女性の卵子は年齢と共に老化していきます。

老化することにより一番影響するのは、受精しなくなる「不妊」です。

 

elephant-279901_960_720また、もしも無事に受精して妊娠が成立したとしても、流産や早産、胎盤機能の低下による胎児発育不全、低体重出生児の原因となる可能性もあります。

 

不妊治療を受ける夫婦の形は様々です。

もちろん女性側の加齢や子宮奇形、受精しにくい、生理周期が不安定、ホルモンバランスの崩れなど、女性側に原因がある場合もあります。

 

しかし、意外と知られていないのが、男性側に不妊の原因があるケースも多いと言う事です。

 

hrawhw妊娠及び出産を実際に行うのは女性であるため、どうしても不妊となると女性側のみを責めてしまう傾向にありますが、むしろ女性側には何の問題も無く、検査をしてみたら男性側に不妊の要因があった、というケースもあるのです。

 

他の夫婦と何も変わらないセックスライフを送り子作りに励んでいるのになかなかできない方、自分は男性不妊かも?と思い始めてる方は、一度男性不妊について考えてみましょう。

 

男性不妊となる原因

男性不妊の原因としてまず第一に考えられるのが受精の元となる精子に異常がある場合で、主なパターンは4つあります。

・精液1ml中に含まれる精子の数が2000万以下
・精子が全く作られない
・受精能力を無くしている、精子が死んでしまっている
・精子の数が正常の2倍以上存在しており、固まっていたりくっついている

この異常な状態を引き起こす理由は、生まれる前から持っていた性染色体の異常によってホルモンバランスが崩れ、十分な数が作れなくなってしまうクラインフェルター症候群である場合や、

母親の胎内で生まれる前に陰のうまで落ちるはずの睾丸が下に降りず、停留睾丸であることにより造精機能が低下している場合、子どもの頃におたふく風邪にかからず、大人になってからおたふく風邪にかかることで14~35%の確率で起きる睾丸炎による造精機能への問題、精巣の発育不全及び精子の形成不全を引き起こす原因となる精索静脈瘤である場合等があります。

 

その他、精管や尿道が結核菌や淋菌等によって炎症が起こし、詰まったり狭くなってしまったために射精が上手く出来なくなる通路障害や射精障害、勃起障害・早漏・遅漏・男性器の奇形やそれによるストレス等の精神的な要因による性交障害、セックスレスも原因の一つです。

 

普段の生活習慣による原因としては、外食やスーパーの総菜、弁当ばかりの乱れた食生活や睡眠不足、運動不足、飲酒、喫煙等です。

 

notepad-117597_960_720必要な栄養を十分に摂取できず精子を作る環境を整えられない場合は造精機能が低下し精子の質が悪くなるため、男性不妊の原因となる可能性があります。

 

男性不妊の対策への一歩

「赤ちゃんが欲しくて妊活を始めてみたけど中々出来ない」という場合、すぐ治療を始めたい気持ちはありますが、まずは検査をすることから始めましょう。

 

woman-148698_960_720ここで大切なのが、不妊の検査を妻だけでなく夫婦で一緒に受ける事です。

 

 

男性不妊の原因を調べるためにはまず精液検査を行い、精液量や中の運動量、濃度等を調べます。

 

user-37448_960_720基本的には医療機関やクリニックに行って検査を受ける事になりますが、どうしても恥ずかしかったり、内緒で検査をしたい場合は専門機関へ精液郵送して検査する事も可能です。

 

精液検査によって運動量が少ない、濃度が低い、数が少ない等の根本的原因が分かりますので、最適な対策を行っていきます。

 

妊娠しやすいための体作りや対策方法は自宅でも簡単に取り入れられるものも多いので、男性・女性共にお互いの事を思いやりながら、二人三脚で妊活を行っていきましょう。

digital-art-398342_960_720

健康な精子を作るために

精子の運動量を増やしたり濃度を濃くする等、精子の質を上げる必要がありますが、そのためにはまず男性の体を健康な状態にする必要があります。

 

hwahqJPG

まずは、ファーストフードやインスタント食品、外食などのジャンクな物は控え、食事内容について見直しを行い規則正しい食生活を送りましょう。

 

そして、日常生活の中で出来るだけ体を動かし運動不足を解消、喫煙は出来れば禁煙、たっぷりを睡眠時間を取ることが大切です。

 

GHAERHA

 

また、夫婦二人の時間を出来るだけ持ち、お互いのコミュニケーションを積極的に取る事によってセックスレスを解消する事も効果的です。

 

persons-768683_960_720

結婚する前の様に二人で休日にデートをしたり食事に出かけたり、思い出の場所へドライブや旅行をする等、少し若かった時の気持ちを思い出してみましょう。

 

お互いを思いやる気持ちを持ち続ける事は、妊活はもちろんですが子供が生まれて家族が増えてからも更に大切になっていきます。

 

elephant-279901_960_720

仲の良い夫婦の姿を見せる事は円満な家庭を築き、子供がすくすく成長する上で欠かせません。

 

男性不妊に効果のある成分

生活習慣をしっかり改善して健康的な身体になったら、次は男性不妊へ効果のある成分について知りましょう。

有名なのがペルー等の南米アンデス高地に自生するアブラナ科の植物であるマカで、これは男性・女性共に生殖機能の向上が期待出来ます。

 

また、構成しているたんぱく質の成分の一つであるアミノ酸のアルギニンは精液中にも多く存在しており、全身運動を行う時のエネルギー源となっています。

 

その他、造精機能にも影響を与える亜鉛や、精子の形成・運動に非常に重要な役割を持つ、不足する事が不妊の原因であるとも言われているセレンがあります。

 

造精機能を正常に動かすため、勃起不全を起こさないためには男性ホルモンが分泌されている事も重要です。

 

hrawhw男性ホルモンの分泌はクラチャイダム、トンカットアリといった天然ハーブが効果的で、男性は20代半ばをピークに分泌量が減少していくので、特に30代以上の男性には積極的に摂取して欲しい成分となっています。

hgehqwr

 

check-mark-35500_960_720これらの成分は食品に含まれており、亜鉛は牡蠣や豚のレバー、大豆製品、セレンは鰯やサンマ、鯵等の魚介類、アルギニンは玄米や肉類、卵、大豆、乳製品といった普段よく食べる食材に多く含まれています。

 

バランスのいい食事を心がけながら、出来るだけ効果のある成分が含まれた食品を食べるように意識していきましょう。

 

手軽に取り入れやすい「男性用妊活サプリ」

普段の食生活から効率よく必要な栄養を摂取できれば一番良いですが、食品からの摂取は必要量の確保が困難であるのに加え、逆にセレンは取り過ぎによって爪の変形や脱毛、肌荒れ、下痢などの障害を引き起こす可能性があります。

必要な成分を摂取するために偏った食事になってしまうのは食生活の乱れの原因となり、本末転倒です。

 

そこで多くの男性に取り入れられている不妊対策が、男性妊活サプリです。

 

medications-257346_960_720

 

食事とは違っていつでも好きな時間に、無理せず手軽に必要な成分を必要な量だけ摂取出来るのがメリットとなっています。

 

仕事で忙しくなかなか自分の時間を取る事ができない男性でも、負担に思うことなく日常的に続けることができるので多くの男性が利用しています。

kissing-couple-1148914_960_720

 

大切なパートナーとの愛する子供を授かるためにも男性妊活サプリを利用して、幸せな家庭を築いて下さい。

 

ページトップへ