健康な精子を増やす方法9選!~男性不妊を回避して健康な子作りを~

健康な子作りの前の心がけとは?

結婚をしなければ周囲がうるさいのですが、結婚をしたら初孫はまだか、子供はまだかとうるさくなります。

家庭の問題だからと周囲の声は回避できるも、お嫁様からの熱い要望には応えなければいけません。

そこで妊活をするわけですが、ここで問題になるのが、「義務的なセックスになると楽しくない!」ということです。

セックスって女性は雰囲気とかとくに関係なくできるのですが、男性は雰囲気が重要です。

woman-499756_960_720

 

種馬のような愛のない義務感だけのセックスは苦痛以外の何物でもありません!
その結果、子供ができないと、お嫁様がどこかの馬の骨に寝取られるor仮面夫婦になるという最悪のシナリオをたどるかもしれません・・・。

divorce-908743_960_720

 

つまり男性は、狙撃のようにわずかな弾数で確実に子供をゲットしていく、というのが義務感からのつまらないセックスライフを避けるただ一つの道です!
一流の狩人は弾にまでこだわる、ということで、健康な精子を増やす方法を紹介します。

 

【ストレスをためない】

精液を見ると白いネバネバの液体にしか見えませんが、その中には何千何億匹もの精子が存在します。

この数億以上の精子の中で卵子まで到達するのは、数百匹程度。

medecine-40817_960_720

過酷なサバイバルレースを強いられるわけです。

check-mark-35500_960_720しかも、卵子の中に入ったとしても異常を持っている精子では妊娠をしても早期早産として流れてしまうのです。

つまり、どれだけ健康な精子を卵子へ届けるのかという観点を持つのが必要です。

 

ここで、面白い結果があるのですが、精子の質はどこで射精をするかで大きく異なるのです。

例えば、病院の個室で一人マスターベーションをして射精した場合と自宅でマスターベーションをして射精した場合とでは、精子の質が異なってくるのです。

 

これは受けるストレスの量にあると考えられています。

楽しんでセックスをした場合と義務感で死にそうになりながらセックスをした場合では、精子の健康状態は変わってくるのです。

 

stress-391657_960_720

 

楽しくセックスをするためには、ストレスをためないということが重要です。

ストレスに関しては男性器に悪影響しか与えませんので、ストレスフリーの生活が健康的な精子を作るのには重要です。

 

【禁煙】

smoking-951984_960_720タバコですが、人体には悪影響とされています。

タバコを吸うことで体はストレスを感じます。

健康な精子のためには、禁煙が必要となります。

 

タバコに関しては人体に有毒であり、奇形の精子を増やす可能性が高くなりますので、健康な精子のためには吸わないに越したことはありません。

 

【下半身を温めない】

男性の下半身、特に睾丸は熱に弱い場所です。

夏は睾丸が柔らかくなると思います。

これは睾丸の中にある精巣がより熱を発散させるために、体から離れようとしているのです。

 

user-37447_960_720そのため、熱いお風呂での長湯、電気毛布などで下半身を覆う、下半身を締め付けるような服装というのは、健康な精子を生成するためには、最悪な環境といえるのです。

 

男性は睾丸をなるべく温めないようにすることが重要です。

男性は風通しのいい恰好をしていた方が、精子を作るには適しています。

 

businessman-607780_960_720例えば、ブリーフやボクサーパンツをはいている方は、トランクスに変えた方が、健康な精子が作れる環境となります。

精巣を圧迫すると精巣はストレスを感じてしまい、健康な精子を作るどころか、活動自体が低下していくのです。

 

よく、性器を鍛えるトレーニングに、睾丸を冷やすというものがありますが、実はあれは理にかなっていたということですね。

 

【禁欲は厳禁】

濃い精子を作るために禁欲をするというのがありますが、男性の体は一週間以上射精をしないと、性機能がお役御免ですか? と勘違いをしてしまうのです。

sperm-311801_960_720

 

つまり、精子を作る機能が低下して健康な精子が作られなくなります。

精子は常にためるよりは、出来立て新鮮の方が健康になります。

生ものですからね。

【過度な射精も禁止】

前項の禁欲とはまるで逆のことなのですが、週に8回射精をすると、健康な精子はできないと考えられています。

people-1099804_960_720

 

人間の体と同じように酷使し続けるとばててしまうのです。

 

精子の生産ラインの予定を考えて、量産に次ぐ量産をすると品質が下がってしまうので、適度にセックス、射精をして精子の在庫を多くためるのではなく、出していきましょう。

 

【規則正しい生活を心がける】

最終的にはここに帰結します。

不規則な生活をおくれば、体の機能が低下していきます。

 

同じ時間に起きて、同じ時間に寝る、食事も同じ時間にとる、このサイクルが狂ってきますと、体は非常にストレスを感じてきます。

 

人間の体は、朝日を浴びることで体内時計が強制的にリセットされます。

person-731243_960_720

 

そこで、朝日を浴びて一日を始めるようにして、寝だめ、食いだめのような体のリズムが狂うような生活習慣があるのでしたら、改善することが望ましくなります。

 

【適度な運動】

sports-1050966_960_720激しい運動というのは害悪ですが、全く運動しないのも害悪です。

適度な運動量になるよう心掛けながら運動することが必要です。

運動は肥満の防止になります。

男性の場合は皮下脂肪ではなく内臓脂肪がつきやすい生き物です。

 

 

内臓脂肪がつきますと、体の解毒器官である肝臓が脂肪に覆われると機能が低下することがわかっています。

belly-811388_960_720

つまり、体内に毒が残り、いつまでも解毒されないのです。

毒がある状態と毒がない状態では、毒がない状態の方が健康な精子が作られます。

 

chips-1013672_960_720また、食事として摂取した栄養も内臓脂肪が多い状態ですと、体に万遍なく届けるのは難しくなります。

血液の柔軟性がなくなって毛細血管を通ることが出来なくなるのです。

 

栄養だけではありません。

酸素も体中にいきわたりませんので、質の悪い精子ができる原因となってしまいます。

 

有酸素運動を心がけることで、健康な体を手に入れることが出来ます。

 

【バランスのとれた食事をする】

hwahqJPGバランスの取れていない食事は、肥満の原因、精子の生成に問題が生じます。

 

特に精子の生成のみならず、男性ホルモン、ペニスに関係のある亜鉛などは、日本人は慢性的に不足しています。

 

hrawhw亜鉛は体内では作ることができません。

食物を食べて亜鉛をはじめとした、16種類の必須ミネラルは、セックスライフを楽しむのに必要不可欠です。

 

食生活を変えるだけで、異性にむらむらするといった精力、セックスを苦痛と思わない滋養強壮、疲労がたまりにくい体になります。

 

【精力アップの妊活サプリ】

pills-161087_960_720最近では妊活サプリというのも販売されています。

 

これらは、一度に摂取することが難しい、精子と男性の性機能を向上させる栄養素が凝縮されたサプリメントです。

 

例えば、前述の亜鉛など毎日必要量を摂取するのは難しいといえます。

なぜなら、同じ食べ物を毎日食べる必要に迫られるからです。

同じものを毎日食べるのは苦痛ですよね。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 

そこで、必要成分が凝縮されたサプリを食事の際に取れば、簡単に欠乏している栄養素を補えるというわけです。

しっかりとバランスのとれた食事をするのが理想的です。

 

ですが、バランスのとれた食事をとるのは、健康な精子を作るための過程であるということを忘れてはいけません!

様々なものを犠牲にする必要はないのです!

 

【まとめ】

notepad-117597_960_720健康な精子を作るには、ストレスフリーな生活を送る必要があります。

ストレスを発散させるためには、適度な運動が理想的です。

適度な運動をすることで健康な肉体が手に入ります。

健康な肉体には、バランスのとれた食事が必要です!

 

businessman-607780_960_720しかし、バランスのとれた、精子を元気にする食事を毎日とるというのは難しいので、精力アップの妊活に効果のあるサプリメントで不足している栄養素を上手に補っていくのが、ストレスなく妊活をおこなえるコツになります☆

ページトップへ