油ギッシュなテカリ肌・・・。有効な対処方法6選!

【脂性肌と男性ホルモン】

男性は女性よりも油ギッシュなテカリ肌になります!
これは男性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が女性よりも活発だからなのです。

 

テカリ肌は、脂性肌やオイリー肌と呼ばれます。

 

男性の場合は男性ホルモンの影響もありますが、脂性肌はスキンケアのみでは肌質の改善というのは難しいというのが現状です。

 

しかし、手入れを行なうことで限りなく普通肌にすることが出来ます。

 

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s

 

しかし、多くの男性は女性のようなスキンケアというのは抵抗があると思います。

 

改善方法を紹介する前に、なぜ脂性肌が悪いのか(もちろん油ギッシュにテカルというのは格好悪いのですが……)脂性肌ゆえの肌トラブルを紹介します。

 

そのうえで、改善法や対策法を紹介しますので、気になる方は参考にしてください。

 

【脂性肌の原因と肌トラブル】

脂性肌は、皮脂が過剰に出ている状態のことです。

Fotolia_83339247_XS

 

男性の場合は男性ホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌されるのですが、皮脂が過剰に分泌されることで下記のような肌トラブルになります。

 

ykerike・毛穴の開き、ギトギトにテカる
・肌荒れができやすい
・ニキビ
・赤ら顔になる
・毛穴の黒ずみ

 

egagdrチャニキビに関してはいわゆる大人ニキビと呼ばれるものなので、ニキビ跡が残りやすくなります。

 

また、皮脂性皮膚炎になる可能性もあります。

 

皮脂性皮膚炎は、皮脂分泌の多い場所が痒くなったり、赤い湿疹ができたりします。

 

季節の変わり目など、頻繁に肌荒れが起きるようになったりします。

テカリに関しても、非常に不衛生にみられてしまうので、ならないに越したことはありません。

 

【脂性肌の改善法:優しく洗顔をする】

脂性肌改善のためには、余計な油分を取り除く必要があります。

余計な油分があるから脂性肌になるのですから。

 

businessman-607780_960_720ただ、男性化粧品に多くある強い刺激のメントール系の洗顔料は避けた方がよく、低刺激のものを使用しましょう。

また、洗顔を多くすればいいというわけでもなく、1日に1回程度で十分です。

 

なぜかといえば、皮脂というのは皮脂膜と呼ばれ肌を紫外線やほこりなどから守る働きがあるのです。

つまり、過度に洗顔をしてこの皮脂膜ごと洗い流してしまうと、肌が現状よりも多く皮脂を出さなければと誤解して、余計に皮脂が分泌されるという悪循環が待っています。heat-1494868_960_720

 

洗顔の方法に関してですが、手のひらで洗顔料を泡立て、その泡で優しく顔を洗うイメージです。

whipped-cream-74329_960_720

 

ゴシゴシと洗うような洗い方は、肌荒れ、脂性肌の原因になります。

 

【脂性肌の改善法:保湿を行なう】

油ギッシュな脂性肌を改善させるためには、洗顔とあわせて保湿です。

 

男性の場合、洗顔はするけれど保湿までするという人は少ないのではないのでしょうか。

では、保湿はどうすればいいのかといえば、男性化粧品の中に保湿化粧品がありますので、それを使用すればいいでしょう。

 

cream-194126_960_720

 

特に「セラミド」という成分が含まれているものを使用しましょう。

 

hrawhwこのセラミドというのは、表皮の一番上にある角質層に存在する細胞間脂質と呼ばれるものの一種です。

セラミドは細胞と細胞の間を埋め、水分を肌に蓄える力を持っています。

 

さらに外部からの刺激から肌表面を守る働きもあります。

 

ちなみに、保湿として「乳液」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、乳液は油分を補給するものなので、脂性肌の方には逆効果なものです。

 

worker-646443_960_720ちなみに、保湿というのは一年を通して行う必要があります。

 

夏など湿度が高く保湿をする必要なんてないのでは、と思うかもしれませんが、皮膚は外部から水分を摂取することができません。

 

つまり、どんなに湿度が高くても肌が潤うということはないのです。

 

【脂性肌の改善法:あぶらとり紙の使用】

あぶらとり紙というもので、皮脂をとることもテカリ予防に効果があります。

 

Fotolia_81333286_XS

 

 

使用の仕方として、肌にあぶらとり紙を張り付けて皮脂をとるなら、肌へのダメージはゼロです。

しかし、何枚もあぶらとり紙を使用して、ゴシゴシと皮脂をとるのは逆効果です。

 

rjjthjwまた、あぶらとり紙の代わりにティッシュペーパーなどを使用して肌を拭いたり、汗ふきシートのようなものでこまめに肌を拭いたりしますと、高い確率で肌荒れになります。

 

専用のあぶらとり紙を適量使用する、これが有効です。

 

【脂性肌の改善法:食生活を整える】

皮脂を作るには、栄養が必要です。

つまり、皮脂が大量に作られる食生活を送れば脂性肌になります。

 

皮脂の原料になる食べ物は、脂っこいもの、アルコール、甘いものです。

つまり中性脂肪になるものを好んで食べていますと、脂性肌になります。

steak-353115_960_720

 

 

脂性肌を改善させるには、脂肪を分解する働きのある、ビタミンB6、ビタミンEなどをとるようにしましょう。

 

vitamins-26622_960_720ただ、これらを摂るのが難しいのなら、サプリメントでの摂取が楽で有効です。

 

肌は排泄器官なので、体に何らかの異常があるときは肌に現れやすくなります。

 

特に思春期を過ぎてからの脂性肌の原因は食生活にあると言っても過言ではありません。

 

【脂性肌の改善法:ストレスを溜めない】

前述しましたが、男性が女性よりも脂性肌になるのは男性ホルモンの影響です。

 

ストレスをためますとホルモンバランスが乱れますので、男性ならストレスが溜まれば男性ホルモンが活発に分泌されるようになります。

 

その結果、脂性肌となります。

 

男性は会社などでストレスのかかる社会に晒されていますので、効果的にストレスを解消する生活が必要です。

stress-391657_960_720

【脂性肌の改善法:睡眠をとる】

睡眠時に分泌されるホルモンである、成長ホルモンというのは肌のターンオーバーに必要不可欠なものです。

 

また、睡眠というのは自律神経のバランスを調整しますので、ストレス解消に効果があります。

sleep-1389978_960_720

【まとめ】

男性の脂性肌の改善法として、

 

・優しく洗顔をする
・保湿を行なう
・あぶらとり紙の使用
・食生活を整える
・ストレスを溜めない
・睡眠をとる

 

以上が上げられます。

 

男性の油ギッシュな肌は、不健康な生活を送った結果になるものものといえるので、生活習慣を整えて、スキンケアをすることで、比較的早く改善することがあります。

 

b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_m

ページトップへ