メタボを放置してると・・・その危険性を知ろう

本当に怖いメタボの危険性

男性は30代以降になると、女性に比べて肥満気味の人が多い傾向があります。

健康診断で腹周りが85センチ以上ありメタボを指摘された人も多くいますが、女性に比べるとダイエットを実践する人は少ないです。

美味しいと感じる食べ物には炭水化物や油脂が多く含まれている傾向があり、ついついと食べ過ぎてカロリーオーバーしてしまいがちです。

 

ご飯や麺類、パン、おもちなどの炭水化物は人体に欠かせない栄養素の一つですが、体内に入ると糖質に変化します。

 

check-mark-35500_960_720男性はお腹周りに脂肪が付きやすい内臓型肥満の人が多く、女性に多い洋なし型に比べると生活習慣病になるリスクが高いです。

 

また、脂質や炭水化物の摂取量が多いと血液中のコレステロール値や中性脂肪の数値が高くなったり、血糖値が上昇しやすくなります。

 

elephant-279901_960_720メタボになればなるほど高脂血症や高血圧、糖尿病等になるリスクが高まり、高血圧や糖尿病になると血管に負担を掛けてしまい、後に狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、腎臓病等の「命をおびやかす病気」を引き起こす事になります。

 

病気は普段意識していなくても身体の奥底で進行しており、急に緊急信号が点灯します。

 

末永く健康でい続けたいと思うのであれば、メタボ体型の男性は今すぐ対策を行っていきましょう。

極端な食事制限は避けて、適度な運動を

drive-44378_960_720

20代の頃に比べて5キロから10キロ程度体重が増えてしまった人は、まず食生活や生活習慣を見直しましょう。

 

 

デスクワーク等の身体を動かさない仕事をしている人は運動不足になりがちなので、エレベーターやエスカレーターは使用せずに階段を使う等、意識して身体を動かすことが大切です。

 

runner-304149_960_720無理な運動は必要ないので、ウォーキングや水泳といった有酸素運動や、ダンベル等の器具を使って筋トレをする事で効率よく体内の脂肪を燃焼させたり、基礎代謝を上げて痩せやすい身体を作ることができます。

 

 

男性は女性に比べるとダイエットの知識が乏しい事から極端に食事を制限するダイエットをする人が多いですが、ビタミンやミネラル、鉄分が不足してしまうと体がだるくなったり、リバウンドをしやすくなります。

 

また、男性は肉類や油脂を多く含んだ食品やインスタント食品、炭水化物の多い栄養の偏った食事が多いです。

 

vegetables-752153_960_720ご飯やラーメン、うどん、パン等の炭水化物は少し控えて、その分緑黄色野菜や青魚、大豆食品、発酵食品等をバランスよく食べましょう。

 

 

「おなか一杯食べたい」という人も、和食中心の低カロリーな食事を心掛ければ1日3食食べても太ることはありません。

生活習慣病の方は医師や栄養士に相談

doctor-548133_960_720既に生活習慣病になっている方は、自己流のダイエットを行うよりも医師や栄養士に相談して本格的に生活を改善した方が効果的です。

 

 

専門的な知識を持つ医師や栄養士に相談してこまかく食事療法について指導してもらったり、適切な運動方法を教えてもらい実践することで、自己流よりもずっと早く体質改善できます。

適正体重に近づいてくると体の調子が整ってくるのが自分でわかるようになり、ファッションのオシャレを楽しんだり、自分に自信が持てるようになります。

 

hrawhw

標準体重を上回っていると見た目の印象が悪くなるだけでなく病気になるリスクが高まるので、メタボの危険性をしっかりと理解し、改善しようという気持ちになる事が大切です。

 

「ダイエットはしんどい」「めんどくさい」というイメージがありますが、重い身体を動かすよりも軽くなった身体を動かす方がずっと楽で、メリットも多くあるという事に早く気づいて下さいね☆

ページトップへ