ダイエットに効果的な有酸素運動ランキング

【有酸素運動は20分以上を目安に!】

ダイエットをしたいと考えたとき、確実に成功させたいのなら、運動をするのがとても重要です!

その上で、効率的にダイエットをしたいのであれば、有酸素運動をするのが一番です。

有酸素運動というのは、ランニングやウォーキング、水泳などの全身運動をすることです。

その有酸素運動を約20分間行うことで、脂肪の燃焼が始まります。
 
今回は、数々ある有酸素運動の中で、もっとも効率よく脂肪を燃焼させる有酸素運動のランキングを紹介していきます。

winner-1013979_960_720

 

ただ、注意点としては、有酸素運動をしても数日で体重が落ちるというわけではなく、1ヶ月~3ヶ月程度を1つの目安とした毎日の継続が、有酸素運動の場合非常に重要になってくるのです。

 

【1位・ランニング】

woman-1562560_960_720

有酸素運動の決定版といってもいいでしょう。

ランニングというのは、ものすごく大変なので痩せそうというイメージがありますが、実際に消費カロリー量が高いのです。

 

毎日続けることで心肺機能が高まりますので、1時間くらいランニングをしても、次第に苦しくなくなります。

 

有酸素運動は20分以上おこなうことが望ましいので、最初は25分~30分を目安におこなうのが理想的です。

 

run-847957_960_720

 

ちなみに、消費カロリーの目安は、「体重(kg)×距離(km)=消費カロリー(Kcal)」となります。

 

【2位・水泳】

swimmer-659906_960_720

 

人によっては、ランニングよりも消費カロリーが大きいのですが、プールという施設が近くにない場合が多く、さらに1時間近く遊泳する技術が無いと消費カロリーが高くならないというデメリットもあります。

ただ、水の中を歩き回るだけでも、普通にウォーキングをするより体に負荷がかかり、しかも水には浮力がありますので、怪我の心配というのが格段に減ります。

 

businessman-607780_960_720今まで、全く運動をした経験がなくて、しかもかなりの肥満体の方は、プールでのウォーキングから始めることをお勧めします。

 

地上で運動を突然始めた場合、足腰に負荷がかかりすぎて、故障する可能性があるからです。
安全に効率よく有酸素運動をしたいという方には、おすすめです。

 

【3位・エアロバイク】

hrhw

 

有酸素運動といえば、早い段階で思いつくのがエアロバイクです。

 

こちらも、運動をした経験がなく、ものすごく肥満体の人であっても気軽に始めることのできる、有酸素運動初心者におすすめのものです。

 

エアロバイクは座った状態でペダルをこぎますので、膝にかかる負担が少なくなります。

その分、全身運動と比較をすると消費カロリーが少ないというデメリットがありますが、安全に運動をしたいという方には向いています。

 

自宅にエアロバイクがあるのでしたら、屋内でテレビを見ながら行うことができ、有酸素運動は最低でも20分以上行わかなければならず、飽きてしまい続けることができないという方には向いているでしょう。

 

【4位・踏み台昇降運動】

hrrgq自宅で特に道具を使わずにでき、その上、効果的な有酸素運動の決定版が踏み台昇降運動です。

 

その上で、踏み台昇降運動は消費カロリーが高いというメリットが存在します。
簡単であり、体への負担が少ないのでメリットが大きいのですが、非常に単調な運動なので、飽きてしまうというデメリットがあります。

 

そのため、例えば、普段はランニングをして、雨の日は踏み台昇降運動にする、という何か別の有酸素運動と組み合わせて行うことがいいでしょう。

 

踏み台昇降運動のみでは、非常に根性がある人でなければ長続きは厳しいかもしれません。

 

【5位・ウォーキング】

walking-1305111_960_720

今まで紹介した有酸素運動の中で、もっとも消費カロリーの低い有酸素運動です。

ウォーキングのみでダイエットを成功させるのは難しいといえます。

 

businessman-607780_960_720毎日、運動をしていない初心者が運動する習慣をつけるために、そして基礎体力をつけるためにウォーキングから有酸素運動を始めるという手段もあります。

 

ただ、将来的にはランニングなどへ進化させた方が、消費カロリーは高くなり、ダイエット効率も高まるといえます。

また、ただ歩くだけでは消費カロリーは高くなく、少し早足で歩くようにしなければ、有酸素運動にはなりません。

【6位・縄跳び】

sport-1283791_960_720

縄跳びというのは、ただ飛び跳ねているだけなのですが、消費カロリーが極めて高いという特徴があります。

 

しかし、有酸素運動は最低でも20分は継続が必要であり、20分間も連続して縄跳びをするというのは、非常に困難です。
おそらく、10分間連続で行うことができればベストです。

 

別の有酸素運動をする前に、準備運動として行うようにすればいいと思われます。

 

【まとめ】

notepad-117597_960_720有酸素運動のランキングを6位まで紹介をしましたが、ランニングと水泳、エアロバイク以外は他の有酸素運動の補助的に行うものが理想的です。

 

また、1つの有酸素運動にこだわることなく、複数の有酸素運動を組み合わせることで、飽きることなく、そして効率的にダイエットを成功させることができるといえます。

 

有酸素運動は、なによりも、毎日きちんと続けることが重要なのです。

ページトップへ