加齢臭の原因と予防法

加齢臭の原因を知る

加齢臭は若い頃の体臭やわきがとは原因が違っているため、 正しい方法で対策を立てておく必要があります。

年齢を重ねると皮膚から脂肪酸が発生しやすく、皮膚の常在菌が増殖すると酸化が進み、加齢臭の原因になってしまいます。

ノネナールという物質が加齢臭の原因になっており、頭皮やうなじ、耳の裏、背中などから臭いを発しやすくなります

古い酸化した油のような臭いで中高年男性に多いというイメージがありますが、若い男性や女性も体臭が強くなる場合もあるので注意が必要です。

普段の生活では柿渋や茶葉、ミョウバンなどの消臭効果の高い成分が含まれた石鹸やボディーソープを使って、丁寧に体を洗うようにしましょう。

シャワーだけで済ませずに、ゆっくりと入浴をして下さい。

入浴をして体を清潔に保つ

soap-864951_960_720入浴をする時は、体をごしごしと擦らずに優しく丁寧に洗うようにしましょう。

うなじや耳の裏、陰部などは臭いがしやすい部分なので、常に清潔であるように心掛ける必要があります。

 

現代は 消臭、抗菌効果の高い高品質な下着類が販売されているので、いくつか揃えておくと便利です。

汗をかいてしまった時はお肌に優しいタオルを使って、こまめに体を拭くようにしましょう。

洗濯用の洗剤も消臭、抗菌効果の高い商品が増えているため、使用すると雑菌の増殖を抑えて衣類を清潔に保つ効果があります。

加齢臭は誰でも起こる可能性があるため、気になっている人は自分の枕カバーの臭いなどをチェックしておくと良いでしょう。

枕カバーやシーツ類などの寝具は、常に清潔を保つようにして下さい。

インスタント食品や脂っこい食事は加齢臭の原因に

cheeseburger-34314_960_720インスタント食品やファーストフードなどの欧米に偏った脂っこい食べ物をよく食べる人は、 加齢臭が強くなる傾向があります。

普段の生活では緑黄色野菜や海藻類、大豆食品、発酵食品などを使った伝統的な和食のメニューが理想的です。

腸内の環境が悪く便秘気味の人も体臭が強くなる傾向があるため、乳酸菌を含んだ食品や飲料を摂取するようにしましょう。

毎日栄養バランスの良い食事を摂るのが難しい場合は、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンE、リコピンなどの成分が含まれたサプリメント類を補うのも良いでしょう。

長時間のデスクワークをしている人や運動不足気味の人は、 体が酸化しやすく加齢臭が強くなる傾向があります。

運動不足を改善することで体の酸化を防ぐ効果あり

runner-557130_960_720普段の生活ではジョギングやウォーキング、水泳などの無理のない有酸素運動を続けることで酸化を防ぐ効果があります。

運動をする時間が少ない場合は、テレビを見ながらできる筋トレやストレッチなどの運動もお勧めです。

運動は気分をリフレッシュしたり体力を向上させる効果もあるので、無理のない範囲で続けるようにしましょう。

過度なストレスを溜めないように、上手に気分転換をすることも大事です。

ページトップへ