多汗症の原因と治療法に迫る

暑い時期になりますと気になるのが汗です。
滴るように汗がでますと、臭いなども気になります。

さて、その汗に関係のある病気が多汗症です。

多汗症は、汗っかきが酷くなったようなものでは? と考える方もいるかもしれません。

 

help-153094_960_720平成22年度厚生労働科学研究班の調査では、国民14%(7人に1人)が多汗症で、生活に支障をきたしています。

 

余り理解の進んでいない多汗症ですが、その病気の原因と治療法はどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、多汗症の原因と治療法を紹介します。

【多汗症と汗っかきの違い】

多汗症と汗をかきやすい体質とは異なります。

worker-646443_960_720両方とも大量に汗をかくのは同じですが、明確な違いとして、多汗症の方は体温調節に必要なとき以外にも汗をかくという点です。

 

汗っかきの人は、真夏の暑い時期や人前で緊張をしたとき、暑いもの辛い物を食べたときに大量に汗をかきますが、多汗症の人は日常のふとした瞬間にも、大量の汗をかくのです。

 

【多汗症の原因による種類分け】

exercise-312044_960_720多汗症は原因によって、続発性多汗症原発性多汗症の2種類に分けることが出来ます。

 

まず、続発性多汗症ですが、これは、バセドー病(甲状腺機能亢進症)、褐色細胞腫糖尿病、急性リウマチ、結核などの、内分泌異常や循環器、中枢神経の疾患を患っている方に見られます。

また、更年期障害によるホルモンバランスの変化、緊張やストレス、不安などが原因の精神的な影響も続発性多汗症です。

こちらは、原因を解決していくことで、多汗症が改善します。

 

beaver-46243_960_720一方、原発性多汗症というものは、原因が分からない、原因不明の多汗症です。

ただ、原発性多汗症は25歳以下で、週1回以上、多汗の発汗があるなど、6つのチェック項目があります。

 

【局所性多汗症】

多汗症の方は、全身から万遍なく汗をかくわけではなく、例えばワキの下、手のひら、足の裏といった、汗腺が集中している場所から大量に汗をかきます。

これを局所性多汗症と呼びます。

【精神的な原因】

精神的な原因の多汗症は、発汗恐怖症とも呼ばれています。

hrawhw人間は、ストレスを過度に受けることで、汗の働きをつかさどる交感神経が優位になります。
その結果、ストレスを感じる場面で汗を大量にかくようになります。

 

このストレスを感じる場面ですが、例えば街中を歩いているときに、「自分は汗をかいていて変じゃないか?」と思ってしまいますと、それがきっかけで汗をかきだしてしまうのです。

stress-853644_960_720

また、この精神的な原因は局所性多汗症と密接な関係があり、わきの下などの汗染みで恥ずかしい思いをしたというトラウマが頭をよぎると、それがきっかけとなり汗がとめどなく溢れてくるのです。

【ホルモンバランスが原因】

ホルモンは脳の視床下部によって、その分泌量を調整します。
この視床下部は汗を促す交感神経をもコントロールする器官です。

check-mark-35500_960_720つまり、ホルモンバランスが乱れることで、交感神経も同時に乱れてしまい多汗症となるのです。
これは、ホルモンバランスの崩れる月経や妊娠、更年期の女性に見られます。

【生活習慣と多汗症】

生活習慣の中で、コーヒーやタバコを多く吸う方は、交感神経を刺激するカフェインやニコチンを大量に摂取しますので、過剰に摂取することで、多汗症になることがあります。

また、辛い物を好んで食べる方も、多汗症になりやすくなります。

slimming-1136637_960_720さらに肥満の人は多汗症ではなくても、大量の汗をかきます。

運動不足で活動する汗腺の量が減り、体温が皮下脂肪のせいで下がりにくくなりますので、大量の汗を絶え間なく書くことになります。

肥満=多汗症ではありませんが、肥満は多汗症を悪化させる要因となります。

 

【治療方法】

doctor-and-patient-1080409_960_720治療方法は確立されており、保険適用となっています。

 

・塩化アルミニウム外用薬
塩化アルミニウムには発汗を抑える効果があり、塩化アルミニウムを主成分とする塗り薬を、汗のかきやすい場所へ毎日塗ります。
塗ることで数日程度、症状を抑えることが出来ます。

ただ、塩化アルミニウムが皮膚にあわない方もおり、その場合、かぶれなどが出来ます。

 

syringe-30012_960_720・ボツリヌス療法
ボツリヌス毒素を注射することで、4~9か月間は効果が持続します。

このボツリヌス毒素は美容外科の分野で筋弛緩作用を応用ししわ取りなどに利用される、安全性の高い成分です。

そして、ボツリヌス毒素は、交感神経から発汗を促す信号を麻痺させ、発汗を抑えるのです。

注射時の痛み以外は、これといった副作用はありません。

 

・精神療法
これは、精神的な原因で多汗症になった方向けです。

汗のトラウマを改善していくことで、自然と多汗症を治していくものになります。

塩化アルミニウム外用薬、ボツリヌス療法、精神療法の3つが日本で比較的簡単に受けることの出来る治療法です。

外科的手術、イオンフォーシス療法、神経ブロック、レーザー治療もありますが、リスクや受けやすさの面から考えれば、あまりお勧めすることはできません。

 

【まとめ】

日本人の多汗症は、調査から原発性局所多汗症が多いとのことです。

 

elephant-279901_960_720原発性の場合は、塩化アルミニウム外用薬やボツリヌス療法が効果的ですが、続発性多汗症で、トラウマなどが原因の場合、精神療法での治療が大変効果的です。

 

nurse-813808_960_720デリケートな問題ですので、気になる方は、病院へ行くことをお勧めします。

ページトップへ