口臭の予防&対策法

口臭を抑えるためには唾液の分泌量を増やす

家族や友人と会話を楽しんでいる時に、 相手の口臭を感じた経験のある人が多いのではないでしょうか?emoticon-25519_960_720

学校に通学をしたり、会社に通勤をしている人は、大切なエチケットとして
口臭を予防したいという人がほとんどです。

朝の起床時や、食事の前は唾液の分泌量が低下しているため、口臭が強くなる場合が多いです。

 

toothbrush-571741_960_720普段の生活では歯ごたえのある食べ物を選んで、しっかりと咀嚼をするようにしたり、ガムを噛むようにすると唾液の分泌量が増えます。

食後は丁寧に歯磨きをしたり、マウスウォッシュなどを使用して、口腔内を清潔に保つようにしましょう。

 

臭いの強い食べ物やコーヒー、煙草は控えて

にんにくやニラ、玉ねぎ、キムチなどの臭いの強い食べ物は、口臭の原因になりやすいため、大切な会議の前や人と会う前は、摂取を避けるようにして下さい。

煙草やコーヒーなどの嗜好品を好んでいる人が多いですが、カフェインを含んでいる飲料や、煙草などは口臭の原因になってしまいます。

適量であれば問題はありませんが、過度な摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

warning-146916_960_720糖尿病や腎臓病、肝臓病などの疾患がある場合は、口臭が強くなる場合があるので、体調不良を感じている人は病院で検査を受ける必要があります。

 

歯周病や虫歯は早めに治療を受けておく

虫歯や歯周病などの歯の疾患があると、口臭が強くなる傾向があります。

歯周病は初期段階の場合は、虫歯のような痛みはないため、歯科を受診した時に診断されるケースがほとんどです。

tooth-25594_960_720虫歯や歯周病に罹っている場合は、歯科医院で歯のクリーニングを受けたり、歯磨きの指導を受ける必要があります。

親しらずがあると、口腔内が不衛生になりやすいので早めに治療を受けましょう。

 

普段の生活では、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って、歯と歯の間をきれいにしたり、間食などはなるべく控えるようにして下さい。

舌苔が付いていると、臭いの原因になっていることが多いですが、ごしごしと擦ると傷を付けてしまうので、専用のケア商品を使って優しくお手入れをするようにしましょう。

病院で診てもらうか市販グッズで予防対策

doctor-and-patient-1080409_960_720口臭の原因はほとんどは、口腔内に問題があるケースがほとんどですが、胃腸などの消化器系の疾患が原因の可能性もあります。

普段から胃もたれや胃の痛みなどの不調を感じている人は、病院に通院をしてバリウムや胃カメラによる検査を受けて下さい。

 

精神的なストレスを受けて、緊張をしている時も唾液の分泌量が減少してしまうので、気分をリラックスさせることも大事です。

 

pills-347609_960_720

高品質で上質なデンタルケア用品や口臭を抑えるサプリメントも販売されているので、試してみると良いでしょう。

人によって続けられる予防法や対策方法は違うので、まずは興味の惹かれるものや気軽に試せるものを取り入れていき、効果があるものを継続して続けていくと口臭が気にならなくなっていきます。

ページトップへ