口臭の原因

足ピンオナニー男性

食生活が原因の場合

口臭は自分でも気になる上に、 周囲の人に迷惑をかけていないかどうかも気になってしまうものですよね。

若い人からお年寄りまで男女共に口臭が生じることがありますが、それでは一体口臭の原因とはどういったものがあるのでしょうか。

まず誰もが気にするのは、ニンニクを食べた後でしょう。

食べ物によっては、食べた後に口の中ににおいが残る物もあります。

ニンニクのほかにも、玉ねぎやコーヒーなども、口臭の原因になりますが、これらは食後に歯磨きをしたり、牛乳を飲むことで臭いを抑えることができます。

牛乳を飲むと胃に粘膜が張り、その膜が食べ物による悪臭もバリアとなってくれるのです。

ニンニクや玉ねぎなどを食べた後は、牛乳を飲むようにしてみましょう。

口臭には病気が潜んでいることも

sos-106826_960_720口臭がする場合に気を付けなければいけないのは、 病気が原因となっている場合です。

臭いが気になってこまめに歯を磨いても、全然口臭が取れない。。

また何日も口臭が続くという場合には、 病気が隠れている可能性があります。

そうした際には早めに病院を受診してみましょう。

口臭が原因の病気でよく見られるのものに、まず歯周病が挙げられます。

これは歯を支える歯茎が炎症を起こして化膿し、膿が溜まるために口臭がします。

歯周病も放置しておくと歯が抜けてしまうので、口臭が続く場合はまず歯医者に行って診てもらうと良いですね。

歯周病を治療することで、口臭がおさまる人も多いでしょう。

その次に口臭がする病気として、肝臓の病気や糖尿病といった 内臓疾患があります。

肝機能に異常がある場合にも、口臭がすることがあります。

exclamation-point-507771_960_720内臓の病気は深刻ですので、早期に発見して早い段階から治療を行うことが大切です。

 

そのほかにも、心因的なストレスなどで口臭がすることもあります

また花粉症で鼻詰まりがひどいときや蓄膿症など、鼻の病気が口臭に関係している可能性もあります。

一言に口臭といっても、非常にさまざまな病気の可能性があるので、病院に行っても口臭が改善されないときには 違う科を受診してみるのも大切です。

口臭は寝起きが最もきつくなる

そのほかに口臭の原因としては、生活習慣の乱れや口内細菌、また口の中の乾燥などが挙げられます。

口の中は 寝ている間に最も細菌が増えるとされており、何も病気などがない人でも、寝起きに口臭がする人は多いものです。

dentist-976472_960_720これは寝ている間に口の中に細菌が溜まっていることや、口の中が乾燥してしまっていることが関係しています。

朝起きたら 食事を摂る前に、まず歯を磨くように心がけましょう。

そうすることで口臭もしにくくなり、口の中の細菌も除去できます。

また寝る前には特にしっかりと歯を磨くことも大切ですね。

口臭を防ぐ方法とは

自分も他人も不快な口臭ですが、原因を知ることで臭いを予防することもできます。

最も重大なのは、病気が隠れている場合ですよね。

まずはその病気をしっかりと治療していくことで、口臭もなくなっていくでしょう。

そして日頃から行いたいのは、正しい歯磨きとうがいです。

口の中を清潔に保つことにより、臭いの元となる細菌も除去できます。

chamomile-829220_960_720またハーブや柑橘系などの香りのする歯磨き粉やマウスウオッシュを使用すれば、吐く息もさわやかになりますね。

そのほかにも、ハーブキャンデイやガムなどでも予防できるでしょう。

自分も周囲の人も気持ち良く生活できるように、口臭エチケットも意識して行うことが大切です。

ページトップへ