病気が原因の口臭って?その種類と臭いの特徴

臭いの強い食べ物を食べた、アルコールを飲んだ、タバコを吸っている、喉が渇いているなどの理由で口臭は起きます。

しかし、口臭の原因に思い当たる節がなく、その口臭に関してよく指摘されるのであれば、もしかしたら重大な異常が体内で起きているかもしれません。

 

口臭は異常のサインなので、これから紹介するような口臭を何度も指摘されるというのであれば、歯医者ではなく、人間ドックなどを受けることをお勧めします。

 

hospital-484848_960_720

【虫歯と歯周病】

口臭の原因のほとんどが、虫歯と歯周病です。

 

warning-146916_960_720虫歯に関しては簡単に治療することができますが、歯周病というのは意外と厄介な病気で、最悪、歯が抜けます。

 

まず、虫歯が口臭になる原因ですが、歯が溶けてその溶けた歯に食べカスが溜まり腐ることで臭いを発生します。

虫歯が過度に進行しますと、神経が壊死しますので、壊死臭が出ます。

 

次に、歯周病ですが、これは歯と歯茎の間にある歯周ポケットに歯垢や歯石、膿がたまりそれが臭いの原因になります。

 

歯周病の人の口臭は、腐敗した玉ねぎ、腐った卵の臭い、魚の臓物のような悪臭がします。

Fotolia_56534146_XS

 

口臭の90%以上がこの2つが原因です。

 

【耳鼻咽頭系の疾患】

耳鼻咽頭系の疾患が原因で口臭になる場合もあります。

口臭をともなう病気としては下記のものがあります。

 

ykerike・咽頭癌
・蓄膿症
・咽頭炎
・副鼻腔炎
・扁桃腺炎
・副鼻腔癌
・咽頭膿瘍

 

これらが考えられます。

臭いの特徴としては、膿の臭いや肉の腐ったような臭いがします。

また、扁桃腺炎に関しては臭い玉と呼ばれる膿栓(のうせん)というものが喉にできることがあります。

これは口臭の原因として有名でニラやニンニク、下水道のような臭いがします。

Fotolia_80783479_XS

【呼吸器系の疾患】

呼吸器系の疾患が原因で口臭になる場合もあります。

代表的な病気としては下記の通りです。

ykerike・気管支拡張症
・肺がん
・肺結核
・肺腫瘍
・気管支炎
・肺炎

これらの臭いの特徴、特に気管支と肺に病気がある場合は、腐敗臭のような口臭がでます。

理由としましては化膿菌などによって気管支や肺の組織が破壊され、魚の内臓、野菜の腐敗臭といった臭いがします。

 

man-578902_960_720

 

また、膿の臭いもするようです。

【消化器系の疾患】

消化器系の疾患で口臭をともなうものは下記の通りです。

ykerike・胃がん
・食道気管支瘻(しろう)
・食道ヘルニア
・胃潰瘍
・慢性胃炎
・胃下垂

消化器系の疾患の場合は、卵の腐ったような臭いがします。

 

つまり、食べ物が醗酵した臭いなのですが、消火器系が弱りますと食べ物の消化吸収が正常に行われませんので、食べ物が醗酵してしまうのです。

 

醗酵した食べ物から硫化水素(卵の腐った臭いがするガス)が発生して、これが腸壁に吸収され血液に混じり、肺へ運ばれ口臭となります。

 

【肝機能障害(肝臓の働きが弱っている)】

肝硬変や肝臓がんなどの病気以外にも肝臓の働きが弱りますとカビた雑巾やネズミの臭い、さらにはアンモニア臭のような口臭が出ます。

 

肝臓は、体内にある臭いの物質を抑える働きがありますので、肝臓が弱ることで口臭が発生するのです。

businessman-607780_960_720アンモニアは、人体に有害なので肝臓で尿素に変えられるのですが、肝臓がよわりますとアンモニアが処理されず血液に乗って肺まで届き、口臭としてあらわれるのです。

 

特に肝臓は病気にならないと異常がわかりません。

肝機能が落ち始めるとネズミの臭いやカビた雑巾のような口臭がでます。

 

さらに悪化をすると、アンモニアくさい口臭が出始めますが、アンモニアの口臭が出るというのは非常に危険な状態と思っていいでしょう。

rwqhyqw

 

【糖尿病】

糖尿病が原因の口臭は、リンゴの腐ったような甘酸っぱいニオイが特徴です。

この臭いはアセント臭と呼ばれます。

糖尿病になりますと、糖をエネルギーに変えることが難しくなり、脂肪を分解してエネルギーとするようになります。

この脂肪を分解する際に必要な物質がケント体というもので、このケント体の主成分がアセントなのです。

これが、独特の口臭の原因となります。

 

また、糖尿病になりますと唾液の量が減少しますので、口が渇き口臭の原因になります。

yell-311455_960_720

【腎機能障害】

腎臓の機能が低下しますと、腎不全や毒尿症となります。

この際、口臭がアンモニア臭になります。

また、魚の腐ったような臭いになるのも特徴です。

腎臓の機能が低下することで、尿として排出されるアンモニアが血中の中にとどまり続け、それが肺まで届きアンモニアの臭いのする口臭が出るのです。

dde395c1e36997d2dd81ea8314bed2ee_m

【まとめ】

notepad-117597_960_720隠れた疾患と口臭について紹介をしました。

 

肝臓や腎臓は、なかなか異常が表に出てきませんので、心配な方は口臭をチェックすることで肝臓や腎臓の疾患を早期に見つけることができるかもしれません。

 

特に、アンモニアのような口臭を指摘された場合は、重篤な疾患にかかっている恐れがありますので、病院へ行くことをお勧めします。

ページトップへ